カテゴリー「2021シーズン」の34件の記事

2021年5月 7日 (金)

佐藤輝、4番で10号看板直撃弾。大山離脱で虎大敗。

210507DeNA〇12-6●阪神(横浜
勝利打点:オースティン

サンテレビで完全中継。今日の先発はチェン(中7日)、DeNA・中川。大山が故障離脱してしまい、佐藤輝を4番サードに起用。ライトには糸井が今季初スタメン。3回、先頭・中野がレフト前ヒットで出塁すると、送りバントの場面で先に盗塁成功。そしてチェンの送りバントがピッチャーの右を破っていき内野安打。ノーアウト満塁から糸原のセカンドゴロ併殺の間にタイガース先制。1塁アウトの判定を巡って矢野監督のリクエストは失敗。

4回、先頭・佐藤輝が内角高めのストレートを弾き返し、ライトスタンド最上部の看板直撃の10号ソロ!しかしそのウラ、四球と連打でノーアウト満塁の大ピンチを背負ったチェン。ソトがライトフェンス直撃のタイムリー(記録は安打)、続く宮崎のセンター前への2点タイムリー(5連続出塁)で逆転。ようやく1アウトを取りますが、代打・山下にライト前タイムリーで2‐4となりチェンKO。代わった馬場がピンチを抑えて流れを切りました。

6回、エスコバーから糸井がバックスクリーン左へ放り込む一発で1点差。しかしそのウラ、桑原が2アウト1,2塁から桑原にレフトフェンス直撃の2点2塁打を許して3-6。今日は敗戦濃厚かと思われました。

7回、シャッケルフォードがいきなり中野に死球。かなり痛そうにしていましたが、代打・原口がエンドラン成功!がら空きの1,2塁間を緩やかに打球が抜けていき、ノーアウト1,3塁のチャンス。満塁となった所で左の砂田にスイッチしますが、暴投で1点。続く糸原の犠牲フライで1点差に迫り、右の三上にスイッチ。マルテがサードの頭を越えるタイムリーで同点!2塁を狙ってタイミングはアウトでしたが、スライディングを止めてタッチをかいくぐってセーフ!三浦監督のリクエストも判定変わらず。ここで佐藤輝を申告敬遠で場内どよめきが起こりますが、サンズ糸井が連続三振に倒れて勝ち越せず。これが効きました。

そのウラ、小林が登板。いきなりオースティンにカウントを悪くするとレフトスタンドへ一発を許して勝ち越し。1アウト1,2塁から宮崎がライトオーバーのタイムリー2塁打で追加点。前進守備だった熊谷が惜しくも追いつけず。ここで小野にスイッチしますが、嶺井にライトフェンス直撃の2点2塁打で10点目。さらに桑原にライト右への強い打球でボールがこぼれる間にタイムリー2塁打でダメ押し。

8回、山崎康が登板。連打でノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、代打・陽川が痛恨の初球ショートゴロ併殺。そのウラ、守屋が今季初登板でしたが、2アウト2塁からソトにセンター前タイムリーを許して12点目。リリーフ陣が崩れて大敗。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
中野 原口 馬場(2)
マルテ 熊谷
佐藤輝 糸井  
近本 糸原 梅野  
サンズ 板山 坂本 小野(5) 守屋(6)
チェン 陽川 木浪 桑原(3) 小林(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
7日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 植田海内野手(再昇格。開幕直前の故障から復帰した足のスペシャリスト。)
6日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 大山悠輔内野手(背中の張り。故障ではプロ入りして初の抹消。) もしよければ1クリックお願いします。

| | | コメント (0)

2021年5月 5日 (水)

佐藤輝、痛恨の牽制タッチアウト。逃げ切れず初のドロー。

210505ヤクルト△2-2△阪神(神宮

関西テレビで3回ウラから中継。今日の先発は青柳(中6日)、ヤクルト・奥川。2回、先頭・オスナの三塁線の当たりを大山が追いつきますが、1塁送球がツーバウンドした上にそれて悪送球。それでも後続を抑えて無失点。すると3回、2アウト2塁から近本糸原にフルカウントから四球を出して満塁となると、マルテのライト前への2点タイムリーでタイガース先制!

4回の守備から大山が退き、サードには山本が入りました。3日前の広島戦で欠場しましたが、背中の張りを訴えて明日1軍登録を抹消することになりました。先頭・村上にセンター前ヒットを許しますが、続く青木を3-6-3のゲッツーに打ち取ったのは大きかった。さらに5回、連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負いますが、奥川の送りバントでマルテがチャージして3塁ホースアウト!しかし2アウト1,3塁から山崎にライト前タイムリーを許して1点を返されました。

1点リードの7回、スワローズは今野にスイッチ。先頭・佐藤輝がセンター前ヒットで出塁すると、梅野が送りバント成功。続く中野がフルカウントから空振り三振に倒れて2アウト。ここで代打・糸井を送りますが、まさかの2塁牽制タッチアウト。打席の結果なくベンチに下がり、岩貞にスイッチ。3人に抑えてゲームは終盤へ。

8回は岩崎。移動日を挟みながらですが実は5試合連続登板。連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負いますが、村上を初球セカンドゴロ併殺に抑えて2アウト3塁。しかし青木に二遊間へのタイムリー内野安打で同点。セカンドに回っていた中野の送球もそれて、マルテがタッチに行った際にボールをこぼしました。同点の9回はスアレス。最後のバッター代打・川端のサードゴロで熊谷の送球がワンバウンドとなり、陽川の捕球が際どかったですが、高津監督のリクエスト失敗でゲームセット。今季初のドロー。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
青柳 岩貞[H](2) スアレス(4)
近本 マルテ 梅野 山本
   
   
佐藤輝 中野 糸井 木浪 陽川 板山 島田 熊谷
糸原 大山 サンズ 岩崎(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | | コメント (0)

2021年5月 4日 (火)

中野&佐藤輝、新人アベック弾!対ツバメ6戦全勝!

210504ヤクルト●5-11〇阪神(神宮
勝利打点:マルテ⑤

今日の先発は西(中6日)、ヤクルト・田口。3回、先頭・近本のショートゴロを西浦がファンブルして出塁すると、糸原がエンドラン成功でノーアウト1,3塁のチャンス。続くマルテのセンター前タイムリーでタイガース先制!1アウトからサンズがショートゴロ併殺に倒れて、早くも今日3個目のゲッツーで嫌な流れに。

4回、先頭・山田がレフト線への2塁打を放つと、村上が左中間オーバーのタイムリー2塁打で同点。5回、1アウトから近本がライト線への2塁打を放つと、ここで田口が牽制悪送球の間に3塁へ。糸原は空振り三振に倒れますが、マルテのサードゴロをオスナが1塁悪送球となり勝ち越し。しかしそのウラ、西浦にバックスクリーンへ放り込まれて同点。さらに田口自ら内野安打で出塁すると、1アウト2塁から中村のサードゴロ。田口が飛び出しているのを見つけた大山が3塁へ悪送球してしまい逆転。続く山田のレフト線タイムリー2塁打で2‐4。

6回、2アウトから梅野が四球。中野の打席でエンドランをかけて大きく空いた三遊間を破るヒット。1,2塁のチャンスを作ると、西に代打・陽川で勝負。初球を弾き返してショートの頭を越えていき、左中間を破る2点2塁打で同点!勝利投手目前の田口を攻略。

7回、開幕から16試合無失点の近藤が登板しますが、1アウトからマルテがレフトスタンドへの一発で勝ち越し!そのウラ、2番からの打順相手に岩崎が初の7回投入。山田には四球を出しますが、村上を9球粘られながら高めストレートに空振り三振!無失点リリーフで厳しい場面を抑えてくれました。

8回、先頭・佐藤輝の右わき腹へ死球で出塁すると、梅野が送りバント成功。1アウト2塁で中野が内角高めのストレートを振り抜くとライトスタンドへのプロ1号アーチで7‐4!そのウラ、小林が初の8回で起用されますが、先頭・青木に2球で追い込んでからレフト線へ2塁打。1アウト3塁から西浦にセンター前タイムリーを許して12試合目で今季初失点。続く代打・川端をセカンドゴロ併殺に打ち取り、高津監督のリクエストも失敗。

2点リードの9回、先頭・糸原がセンター前ヒットを放つと、代走・熊谷。1アウト2塁から大山が右中間フェンス直撃のタイムリー3塁打で貴重な追加点!さらにサンズがカウント3-0から打っていきレフトスタンドへの2ラン!これで終わらず佐藤輝が外よりのフォークをレフトスタンドへ放り込む2者連続アーチでダメ押し!そのウラ、小野が登板。1アウト2塁から山田のライトフェンス際の当たりを熊谷が激突しながらキャッチ!最後はオスナをサードゴロに抑えてゲームセット!

「元気を与えられるようなプレーをやることが自分たちの仕事。」by 中野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マルテ 中野 佐藤輝 陽川 岩貞[勝](3) 岩崎[H](4)
近本 サンズ 熊谷
西勇 馬場[H](2)
糸原 大山 梅野 木浪 小林[H](5) 小野(6)
  原口 島田 板山
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | | コメント (0)

2021年5月 2日 (日)

佐藤輝、初の4番サードで逆転満塁弾!体験入部で結果。

210502阪神〇7-3●広島(甲子園
勝利打点:佐藤輝①

朝日放送で8回表途中まで中継。今日の先発はガンケル(中6日)、広島・野村。大山が休養日に充てられて、佐藤輝が初の4番サードでスタメン。ライトには陽川が入りました。初回、2アウト満塁のチャンスでしたが、陽川がセカンドフライに倒れて三者残塁。3回、先頭・菊池がセンター前ヒットを放つと、1アウト2塁で鈴木誠に三塁線を破られるタイムリーでカープ先制。さらにサンズがボールを後ろにそらす間に3塁に行かれましたが、追加点は許さず。

そのウラ、先頭・近本がセンター前ヒットを放つと、糸原の三振にタイミングで盗塁成功。1アウト2塁からマルテのセンター前タイムリーで同点。しかし4回、先頭・安部にストレートの四球。ピッチャーの野村にも四球を出して1アウト満塁の大ピンチ。ここで菊池のショートゴロで中野が6-6-3のゲッツーを狙いましたが1塁セーフで勝ち越し。矢野監督のリクエストも失敗。

5回、先頭・鈴木誠に四球を出してガンケルは5イニング全てで先頭バッターを出す苦しい内容。1アウト1塁から会澤のピッチャーゴロ併殺でチェンジと思われましたが、佐々岡監督のリクエスト成功で1塁セーフ。これにガンケルがいら立ってしまい、1,2塁からクロンに詰まりながらライト前へ落とされるタイムリーで3点目。そのウラ、先頭・近本がセンター前ヒットを放つと、盗塁成功。ここからノーアウト満塁のチャンスを作ると、佐藤輝がチェンジアップに泳ぎながらライトポール際中段への満塁ホームランで5-3と逆転!!

6回は馬場。先頭・坂倉が振り逃げを狙いましたが、梅野が足を滑らせて体勢を崩しながら1塁へストライク送球が決まりアウト。続く菊池もセンターフェンス際まで飛ばしますが、近本が背走キャッチ!そのウラ、コルニエルが登板。ノーアウト1塁から代打・板山の送りバントでコルニエルが2塁悪送球でノーアウト1,3塁。ここで近本がショート左への強い当たりが内野安打(猛打賞)となりますが、3塁ランナーはストップ。1アウトからパスボールの間に点を取ると、再び満塁で佐藤輝。159キロに詰まりながらレフト前タイムリーで7点目。

7回、小林がマウンドに上がりますが、1アウト1,2塁となった所で岩貞にスイッチ。代打・堂林をセカンドゴロ併殺崩れ、続くクロンをセカンドゴロに抑えて今日は無失点ピッチング。4点リードの展開でしたが、8回は岩崎。坂倉の三塁線の当たりを佐藤輝が逆シングルで追いつくと、矢のような送球が決まってアウト。9回はスアレスがクリーンアップを抑えてゲームセット!

「走塁でうまくできない所があった。あんなに飛んでるんや~と思いました。」by 近本
「4番なんでしっかりと頑張ろうと思いました。そこはいつも通り。」by 佐藤輝
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 マルテ 佐藤輝 岩貞[H](4)
  馬場[H](2) 岩崎(5) スアレス(6)
糸原  
梅野 ガンケル[勝] 板山 島田
サンズ 中野 原口 山本 熊谷
陽川 小林(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | | コメント (0)

2021年5月 1日 (土)

伊藤将、3回無失点の立ち上がりも降雨ノーゲーム。

210501阪神 0x-0 広島(甲子園
3回表終了 降雨ノーゲーム

関西テレビで2回表途中から中継。今日の先発は伊藤将(中6日)、広島・高橋昂。初回、先頭・菊池がレフト前ヒットを放ちますが、羽月が送れずショートゴロ。ランナーが入れ替わった後で盗塁を決めますが、鈴木誠の1,2塁間の当たりをマルテが捕りに行くとグラブに当てて打球方向が変わり、伊藤将の1塁ベースカバーも間一髪セーフの判定。ここで矢野監督のリクエスト成功で一転アウト!2アウト3塁のピンチを抑えました。

2回、先頭・会澤がレフトオーバーの2塁打を放つと、長野が進塁打の形で1アウト3塁に。クロンへは死球で1,3塁とピンチが広がりますが、前進守備の中で小園がショートゴロ併殺。3回途中から雨が強くなり、伊藤将がイニングを投げ切った所で降雨中断。すると雨脚がどんどん強くなり、豪雨でグラウンドが水浸しになりノーゲーム。 もしよければ1クリックお願いします。

| | | コメント (0)

2021年4月30日 (金)

秋山、得意のコイ料理で復活!史上最速で20勝到達!

210430阪神〇4-2●広島(甲子園
勝利打点:サンズ④

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は秋山(中7日)、広島・九里。4月25日から3度目の緊急事態宣言を受けて甲子園では今季初の無観客試合に。初回、2アウト1塁から糸原が盗塁成功。フルカウントから大山が四球を選ぶと、サンズのレフト前タイムリーでタイガース先制!さらに2回、2アウト2塁から近本に四球を出すと、糸原のライト前タイムリーで2‐0!この後、満塁のチャンスでしたが大山がレフトフライに倒れて三者残塁。

3回、2アウトから菊池のサードゴロを大山が後逸。続く羽月の場面で1塁から飛び出した菊池を梅野が牽制で刺してタッチアウト!さらに4回、2アウトから西川の二遊間、セカンド側の当たりでしたが、右寄りにシフトを取っていた中野が足を活かして追いつき、厳しい体勢から1塁送球も決まりました。

5回、先頭・大山がセンター前ヒットで出塁すると、サンズが四球を選んでノーアウト1,2塁のチャンス。ここで佐藤輝が1,2塁間を破るタイムリーで3点目!続く梅野も内角のシュートに詰まりながらセンター前へ落とすタイムリーで4点目。九里は5回109球で代打を送られました。

6回、先頭の代打・田中がライト線への2塁打。好調の菊池に粘られながらインハイで空振り三振を取ると、続く羽月が意表を突く初球バント。秋山がボールを落としてしまいオールセーフ。ここは嫌な流れでしたが、鈴木誠をショートゴロ併殺に抑えてピンチ脱出!今日の秋山は低めに制球される本来のピッチングが戻ってきました。

8回、1アウトから代打・クロンがナックルカーブをレフトスタンドへ放り込む一発で反撃。さらに連打で1アウト2,3塁となった所で岩崎にスイッチ。代打・会澤にライト犠牲フライで1点を返されました。続く鈴木誠へは四球を出しますが、西川にはスライダーを5球続けてショートゴロに打ち取りました。9回はスアレスが2アウトからヒットを許しましたが、クロンをセンターフライに抑えてゲームセット!

「ファンのみなさまの声援は僕の胸に届いていたと思います。」by 秋山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 佐藤輝 秋山[勝] 岩崎[H](2) スアレス[S](3)
サンズ 梅野  
大山 中野  
近本  
マルテ 板山 糸井 木浪
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
30日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 島田海吏外野手(初昇格。2軍で盗塁を重ねて足のスペシャリストに。)
OUT 小野寺暖外野手(出番は1打席のみ。フルスイングは今後も楽しみ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | | コメント (0)

2021年4月29日 (木)

チェン、古巣ナゴヤで10年ぶりの勝利!アピール成功。

210429中日●2-6〇阪神(バンテリンドーム
勝利打点:大山⑥

関西テレビで3回ウラ途中から中継。今日の先発はチェン、中日・福谷。中野が5試合ぶりのスタメン。初回、2アウトからマルテがセンターフェンス直撃の3塁打で出塁すると、大山が初球をレフト前へ弾き返すタイムリーでタイガース先制!そのウラ、1アウトから京田がライト線への2塁打を放ちますが、ガーパー、ビシエドを打ち取り無失点の立ち上がり。

3回、1アウトから糸原がライト線への2塁打を放つと、マルテがフルカウントから四球を選んで1,2塁のチャンス。ここで大山が甘く入ったツーシームを弾き返して打った瞬間とわかるレフトスタンド中段への5号3ランで4‐0とリード。そのウラ、1アウト1塁から京田を3-6-3のゲッツーに抑えたのも大きかった。

6回、先頭の代打・井領がライトオーバーの2塁打。1アウト3塁から京田のレフト前への当たりでサンズが地面スレスレでキャッチ。犠牲フライとなりましたが、サンズが先日に続いて捕った直後に落球。チェンは中盤からナックルカーブも混ぜながら緩急を使い、6回86球で代打を送られました。

7回は小林。先頭・ビシエドのショートゴロを中野が弾いてエラー。高橋もヒットでつなぐと、代打・福留にはストレートの四球でノーアウト満塁の大ピンチ。ここで好調の木下でショートゴロ併殺の間に1点を返されましたが、一気にアウト2つ取れました。なお2アウト3塁のピンチでしたが、根尾を外角ストレートで空振り三振に抑えてガッツポーズ!

9回、ドラゴンズは鈴木博が登板。1アウトから佐藤輝が四球を選ぶと、代走・熊谷で勝負。カウント2‐1から盗塁を決めると、梅野が前進守備の右中間を破っていくタイムリー3塁打でダメ押し!さらに中野もライトフェンス直撃のタイムリー2塁打でダメ押し!最終回はスアレスが登板。先頭・ガーバーにヒットを許しますが、ビシエドが初球打ちでショートゴロ併殺。ドラゴンズは今日は4併殺。

「リュウのリードのおかげ。僕のイメージはナゴヤドームなんですけど。」by チェン
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大山 梅野 チェン[勝] 熊谷 岩崎[H](3)
マルテ 中野 糸井 スアレス(4)
   
佐藤輝 小林[H](2)
糸原 山本 木浪 板山 陽川
近本 サンズ  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN チェン投手(初昇格。不調で開幕から出遅れたが先発チャンス。)
OUT エドワーズ投手(リリーフで3試合投げたが勝ちパターンに加われず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | | コメント (0)

2021年4月28日 (水)

岩貞、2試合連続のリリーフ失敗。ナゴヤで連敗。

210428中日〇6-1●阪神(バンテリンドーム
勝利打点:木下拓

BS1で完全中継。今日の先発は青柳(中6日)、中日・勝野。2回、1アウト2塁から佐藤輝の三遊間を破りそうな当たりを京田が逆シングルで追いついて1塁へ山なりの送球で間一髪アウト。矢野監督のリクエストも判定変わらず。そのウラ、2アウト2塁から木下に右中間を破るタイムリー2塁打を許してドラゴンズ先制。さらに根尾にライト前タイムリーを許して2点目。

5回、先頭・木下の三塁線への当たりを大山が逆シングルでキャッチ。これが1塁悪送球となりますが、2塁を狙った木下がタッチアウト。青柳は3回以降は完璧なピッチングを見せて、6回94球でマウンドを降りました。

7回、2アウトから梅野がセンター前ヒットを放つと、木浪に代打・陽川で勝負。センター前ヒットで1,3塁とチャンス拡大。好投の勝野をようやく追い詰めますが、代打・糸井をコールしたのを見て与田監督が左の福にスイッチすると、ショートゴロで無得点。そのウラ、小林が3人で抑えて再び流れを引き戻しました。

8回、祖父江が登板。先頭・近本がセンター前ヒットを放つと、糸原がエンドラン成功でノーアウト1,3塁のチャンス。ここでマルテの犠牲フライで1点差。さらに大山のセンター前ヒットで1アウト1,3塁とし、ドラゴンズは又吉にスイッチ。ここでサンズが痛恨のショートゴロ併殺。そのウラ、岩貞が1アウトから代打・福田にレフトスタンドへ放り込まれて痛い3点目。さらに2アウト1,2塁でビシエドにライトスタンドへ放り込まれる3ランでこの回4失点。岩貞が2試合連続の失点で疲労面が心配。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
近本 青柳[負] 陽川 小林(2)
マルテ  
糸原 梅野  
大山 サンズ 佐藤輝 山本 糸井 熊谷 中野 板山
木浪 岩貞(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | | コメント (0)

2021年4月27日 (火)

西、大野とのエース対決で惜敗。サトテル特大弾も空砲。

210427中日〇2-1●阪神(バンテリンドーム
勝利打点:木下拓

テレビ大阪で4回ウラ途中から中継。今日の先発は西(中6日)、中日・大野。山本が4月9日以来のスタメン。2回、2アウトから佐藤輝が高めに浮いたツーシームをとらえて打った瞬間とわかる125m弾でタイガース先制!

立ち上がりから好投の西。テンポの良い投球で進めていきますが、3回に根尾が外角のシュートをとらえてレフト線への2塁打。それでも後続を抑えて無失点ピッチング。5回を54球で投げ抜きました。

6回、先頭・根尾にライト前ヒットを許すと、1アウトから大島がエンドラン成功で1,3塁のピンチ。ここで京田が左中間深くへの犠牲フライで同点。サンズがボールを落としましたがアウトの判定。この間にタッチアップで大島が2塁に進まれましたが、福田を空振り三振に抑えてガッツポーズ。

7回、連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負った西。阿部の送りバントでマルテがチャージして3塁ホースアウトのファインプレー!ここで西が腰を押さえながらベンチに戻りますが治療を終えて続投。少し足に力が入っていない感じがしましたが、木下拓に左中間へ落とされてしまいタイムリーでドラゴンズ勝ち越し。大野がそのまま打席に立たせてベンチは続投指令。

8回、2アウトから近本のサードゴロを高橋周が弾いてエラー。ここで盗塁を狙った近本ですが間一髪アウトの判定。矢野監督のリクエストも判定変わらず。そのウラ、小野が登板。2アウトから1,3塁のピンチを背負いましたが無失点ピッチング。9回は抑えのマルティネスとの勝負。2アウトから大山がレフト前ヒットで出塁しますが、反撃もここまで。8時半にゲームが終わってしまいました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
佐藤輝  
西勇[負]  
   
梅野 小野(2)
糸原 大山 陽川 熊谷
近本 マルテ サンズ 山本  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | | コメント (0)

2021年4月25日 (日)

サンズ、乱打戦を制する決勝弾!今季初の逆転勝ち!

210425阪神〇7-5●DeNA(甲子園
勝利打点:サンズ③

朝日放送で9回表途中まで中継。今日の先発はガンケル(中6日)、DeNA・阪口。2回、先頭・サンズがフルカウントから四球を選ぶと、佐藤輝が高めに浮いたカーブをとらえて右中間スタンドへの139m弾でタイガース先制!今日は浜風ではなく打球が伸びました。

4回、マルテが足の張りを訴えて陽川に交代。ここまでパーフェクトに抑えていたガンケルですが、先頭・乙坂にレフト前ヒット。続く倉本の叩きつけた内野ゴロを陽川が捕りますが投げれずオールセーフ。ここでオースティン、佐野の連続タイムリーで2‐2の同点。さらに5回、1アウトから乙坂に9球粘られてセンター前ヒット。2アウトからオースティンにストレートの四球を出すと、佐野にライト前タイムリーを許して逆転。

そのウラ、99球のガンケルをそのまま打席に立たせると、なんとセンターオーバーの2塁打。1アウト3塁から糸原の打席で暴投の間に3-3の同点!ホームでガンケルと阪口が交錯して、阪口が左手を痛めますがベンチは続投。さらに糸原が左中間オーバーの2塁打で出塁すると、陽川が四球を選んで1,2塁となった所でエスコバーにスイッチ。2アウトからサンズが高々とピッチャー前へ打ち上げますが、これを先ほどファーストの守備に入った田中俊が落球する間に勝ち越し!

7回、イニングまたぎの岩貞が先頭・乙坂にストレートの四球。続く倉本のライト線への浅いフライを佐藤輝が目測を誤って捕れず。さらにオースティンがライトフェンス直撃のタイムリーで追いつかれると、佐野のレフトファウルエリアでの犠牲フライでベイスターズが4‐5と逆転。そのウラ、左の砂田が登板。先頭・近本がライト前ヒットを放つと、パスボールで2塁へ。ノーアウト1,2塁となり平田にスイッチすると、陽川が送りバント成功!ここで大山がセンターへの浅い犠牲フライでしたが、近本が帰って同点!続くサンズがバックスクリーンへの一発で7-5と再逆転!

8回、岩崎が中4日のマウンド。1アウト1,2塁のピンチを背負いましたが、乙坂をライトフライ。続く倉本をセンターフライに抑えてピンチ脱出。9回はスアレスが中6日のマウンド。先頭・オースティンにレフト前ヒットを許すと、佐野もヒットでノーアウト1,2塁のピンチでしたが、後続を抑えてゲームセット!

「皆で一つになっていい戦いができている。マイドオオキニ!」by サンズ
「勝ててうれしいです。昨年同様しっかりと仕事ができるよう頑張りたい。」by スアレス
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 サンズ 陽川
近本 佐藤輝  
ガンケル 岩崎[H](3) スアレス[S](4)
大山 梅野 木浪 岩貞[勝](2)
マルテ 山本 板山 糸井
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧