« サンズ、投手戦を制する決勝弾!甲子園に観客戻る。 | トップページ | 佐藤輝、全打点を稼ぐ活躍も惜敗。伝統の一戦2000試合。 »

2021年5月14日 (金)

青柳、7回1失点でG倒!逆転勝利でカード初戦を制す。

210514巨人●1-2〇阪神(東京ドーム
勝利打点:梅野②

BS日テレで完全中継。今日の先発は青柳(中8日※スライド)、巨人・畠。2位ジャイアンツと3.5ゲーム差で迎えた首位攻防戦。2回、1アウト1塁から吉川尚のセンター前ヒットで一気に若林が3塁を狙いましたが、近本のダイレクト送球で間一髪アウト。しかし3回、1アウト1,3塁のピンチを背負うと、苦手の丸に四球を出して満塁。ここで岡本のレフトライナーで梶谷が間一髪ホームイン。梅野が抗議している間にウィーラーがスルリと3塁に進まれました。矢野監督のリクエストも判定変わらずジャイアンツ先制。

4回、1アウトからマルテが右中間スタンドへ放り込む一発で同点!さらに佐藤輝も右中間フェンス直撃の2塁打で続くと、サンズもヒットで1,3塁のチャンス。ロハスは空振り三振に倒れますが、梅野が詰まりながら左中間へ落とすタイムリーで勝ち越し!

7回、先頭・吉川尚のセカンド頭上の当たりを糸原がジャンピングキャッチ!流れを渡さず青柳が投げ抜いて7回101球でマウンドを降りました。8回、ジャイアンツは高梨が登板。1アウトからマルテがセンターオーバーの2塁打で代走・植田。ここで佐藤輝が外角のスライダーに空振り三振。続くサンズは申告敬遠で歩かされて、ロハスがキャッチャーファウルフライに倒れて16打席ノーヒット。

そのウラ、岩崎が登板。1アウトからウィーラーに四球を出すと、代走・増田大。ここで原監督が丸に代打・中島を送る采配を見せますが、ライトフライ。続く岡本の強い当たりでしたが佐藤輝が抑えてサードゴロ。1点リードの9回はスアレス。先頭・スモークがレフト前ヒットを許すと、代走・重信。若林の空振り三振の際に盗塁を決められますが、吉川尚を空振り三振。最後は代打・亀井のボテボテのショートゴロを中野が抑えてゲームセット!

「やっと勝てました。試合前から岡本にやり返したいと思っていた。」by 青柳
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マルテ 梅野 青柳[勝] 岩崎[H](2) スアレス[S](3)
   
   
糸原 佐藤輝 サンズ  
近本 中野 陽川 山本 植田 板山
ロハス  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
14日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 小幡竜平内野手(初昇格。2軍で結果を残しショート争いに参加。)
OUT 木浪聖也内野手(中野の活躍で出場機会が減り、2軍で再調整。) もしよければ1クリックお願いします。

| |

« サンズ、投手戦を制する決勝弾!甲子園に観客戻る。 | トップページ | 佐藤輝、全打点を稼ぐ活躍も惜敗。伝統の一戦2000試合。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。