« プロ野球戦力分析【東北楽天編・2021開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2021開幕】 »

2021年3月24日 (水)

プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2021開幕】

21l2021開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ3位の埼玉西武ライオンズ。昨年は自慢の山賊打線が低迷してしまい、苦しい戦いを喫しながら4年連続のAクラス入りを果たした。投手陣に不安があるチームなので、今年も攻撃陣の活躍が上位進出のカギを握る。昨年は外野で「ポスト秋山」を担う選手が出てこなかったので、積極的に若手を試しながらの戦いになる。

【野手編】
21lorder 主砲の山川は昨年左足首の負傷で数字を大きく落とした。状態が万全なら40本を狙えるホームラン王候補。外野は全ポジションが流動的で調子の良い選手を起用しながら固めていく形になる。20年目を迎える栗山は2000本安打まで74本。今季中の達成を目指す。左脚痛の中村は開幕に間に合わせたが無理はさせられない。ドラフト6位のブランドン大河(東京農業大北海道オホーツク)が走攻守でアピールしており、出場機会をもらえそう。キャッチャーは森が昨年の打撃不振から巻き返しを図る。

注目選手は、金子侑。スピードスターへの期待が高いが、出塁率が課題。

【投手編】
7年目の高橋光成が初の開幕投手。昨年は初めて規定投球回に到達し期待がかかる。オープン戦では3年目の松本航が好調で先発の軸になる可能性。先発挑戦の平井はローテ入りを果たし、苦しい先発事情を救えるか。リリーフ陣は、新人王の平良、ギャレットの160キロリレーが勝ちパターンに入る。セットアッパーの森脇が右肩痛で離脱したのが痛い。トレード加入の吉川(日本ハム)が貴重な左腕になる。抑えは増田。昨年は33セーブで初のセーブ王に輝き、FA宣言しての残留を表明した。

注目選手は、平良。150キロ後半を連発しており、最高球速更新の予感。

【1軍登録選手(投手14人、野手17人)】
投手
先発 高橋光 松本航 浜 屋 今 井 平 井 上 間
中継 平 良 ギャレット 宮 川 佐 野 吉 川 田 村 井 上
抑え 増 田
次点 與 座 本 田 榎 田 内 海 十 亀 伊 藤 國 場
故障 松 坂 小 川 森 脇 合流前 ニール ダーモディ
野手
捕手 岡 田 柘 植
内野 山 川 外 崎 ブランドン 源 田 中 村 山野辺 山 田
外野 栗 山 金子侑 木 村 鈴 木 西 川 若 林
次点 駒 月 渡 部 呉念庭 佐 藤 熊 代 高 木 川 越
故障 合流前 メヒア スパンジー
もしよければ1クリックお願いします。

| |

« プロ野球戦力分析【東北楽天編・2021開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2021開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球戦力分析【東北楽天編・2021開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2021開幕】 »