« プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2021開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【福岡ソフトバンク編・2021開幕】 »

2021年3月25日 (木)

プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2021開幕】

21m2021開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ2位の千葉ロッテマリーンズ。昨年はソフトバンクとの優勝争いを行う快進撃を見せたが、トレードで息を吹き返した澤村(レッドソックス)がメジャー移籍。石川・井上が開幕2軍と主力が出遅れており、少し苦しい布陣になる。機動力を活かした攻撃で接戦をモノにしたい。今年こそ佐々木朗希の1軍デビューがいつになるか楽しみ。

【野手編】
21morder 4年目の安田を開幕から4番に指名。昨年途中から4番に抜擢した経験をもとにブレイクなるか。また3年目の山口もオープン戦でパンチ力のある打撃を見せており開幕スタメンの座をつかんだ。レアードが合流するまでは苦しい戦いになる。外野では3年目の藤原が実力でポジションをつかんだ。スイング速度が上がっており、俊足巧打のスター候補が1軍生き残りをかける。40歳を迎える鳥谷は今年も開幕1軍入りで状態次第ではスタメン起用も。キャッチャーは田村が正捕手を務める。昨年の悔しい思いをぶつけたい。

注目選手は、藤原。体力面が心配だが三拍子揃っておりレギュラー定着を目指す。

【投手編】
8年目の二木が初の開幕投手。昨年9勝で初の2ケタ勝利を狙う。移籍2年目の美馬は今年もホークスキラーとして活躍に期待。ドラフト1位左腕の鈴木(法大)が即戦力で開幕ローテ入り。支配下登録された2年目左腕の本前もローテ入りをつかんだ。リリーフ陣は、NPB5年目のハーマン、唐川が勝ちパターンに入る。左のリリーフ陣が手薄で開幕は右投手のみで挑む。場合によっては先発陣からの配置転換もあり得る。抑えは益田。昨年31セーブをマークし、3年連続でクローザーに座る。

注目選手は、鈴木。150キロを超える速球で早川(楽天)との新人王争いに。

【1軍登録選手(投手14人、野手17人)】
投手
先発 二 木 美 馬 小 島 岩 下 鈴 木 本 前
中継 ハーマン 唐 川 小 野 田 中 河 村 土 居 佐々木千
抑え 益 田
次点 中村稔 佐々木朗 フローレス 東 妻 東 條 古 谷 松 永
故障 石 川 種 市 西 野
野手
捕手 田 村 柿 沼 吉 田
内野 山 口 中村奨 安 田 藤 岡 鳥 谷 三 木
外野 荻野貴 藤 原 マーティン 菅 野 角 中 和 田
高 部
次点 佐 藤 井 上 茶 谷 平 沢 福田光 福田秀 加 藤
故障 レアード 小 川 合流前 エチェバリア 停止 清 田
もしよければ1クリックお願いします。

| |

« プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2021開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【福岡ソフトバンク編・2021開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2021開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【福岡ソフトバンク編・2021開幕】 »