« プロ野球戦力分析【広島編・2021開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2021開幕】 »

2021年3月21日 (日)

プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2021開幕】

21db2021開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ4位の横浜DeNAベイスターズ。就労ビザが凍結され外国人選手10名がすべて来日できない事態に直面。ソト、オースティンの両主砲が来日できず、得点力不足は深刻。三浦新監督は厳しい船出となる。入江(明大)、牧(中大)、池谷(ヤマハ)のルーキーが開幕1軍に入り、若手には出場のチャンスが巡ってきた。

【野手編」
21dborder昨年首位打者でブレイクした佐野が今年も4番に座る。勝負強さもあり前後を打つバッターの活躍が欠かせない。ドラフト2位の牧(中大)が打撃面を買われて開幕1軍入り。本来はセカンドだが、ソトが合流するまではファーストでの起用が有力。リードオフマンの梶谷(巨人)がFA移籍した事で、ここ2年低迷した桑原の復活が待たれる。8年目の関根もオープン戦好調で外野の一角を狙う。梶谷の人的補償で獲得した田中俊(巨人)も内外野で出場チャンス。キャッチャーは嶺井、戸柱を中心に併用となる。

注目選手は、牧。ルーキーが開幕から3番、6番での起用となり中軸の期待がかかる。

【投手編」
5年目の濵口が初の開幕投手。同じ左腕の今永、東が間に合わず三浦監督の期待がかかる。オープン戦では5年目の京山が好調でローテ入り。ドラフト1位の入江も開幕ローテ入りを果たし、先発陣は若手での構成になる。リリーフ陣は、エスコバーが不在で左の石田に負担がかかる。不振に苦しんだ山崎康も1軍合流し、再び守護神の座を目指す。ドラフト5位左腕の池谷も即戦力で開幕1軍を果たした。抑えは三嶋が昨年途中からクローザーに定着し、今年は安定感が求められる。

注目選手は、山崎康。ツーシームの精度が守護神復活のカギを握る。

【1軍登録選手(投手15人、野手16人)】
投手
先発 濵 口 大 貫 平 良 京 山 上茶谷 入 江
中継 山崎康 伊 勢 砂 田 国 吉 笠 井 平 田 池 谷
石 田
抑え 三 嶋
次点 阪 口 坂 本 宮 國 三 上 武 藤 櫻 井 風 張
故障 今 永 進 藤 合流前 ロメロ ピープルズ エスコバー
野手
捕手 嶺 井 戸 柱 山 本
内野 大 和 宮 崎 倉 本 柴 田 田中俊 中 井
外野 佐 野 桑 原 神 里 関 根 細 川 宮 本
次点 高 城 山 下 伊藤裕 乙 坂 楠 本 蝦 名
故障 伊藤光 合流前 ソト オースティン
もしよければ1クリックお願いします。

| |

« プロ野球戦力分析【広島編・2021開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2021開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球戦力分析【広島編・2021開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2021開幕】 »