« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2021開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2021開幕】 »

2021年3月20日 (土)

プロ野球戦力分析【広島編・2021開幕】

21c2021開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ5位の広島東洋カープ。昨年はエース大瀬良や西川といった投打の主力が離脱。佐々岡監督の1年目は5位に終わった。今年は守護神フランスアの長期離脱に伴い、開幕から栗林(トヨタ自動車)、森浦(天理大)、大道(八戸学院大)の3人の即戦力ルーキーにブルペンを託すことになる。結果次第では一気に優勝争いも。

【野手編】
21corder 主軸の鈴木誠がコンディション不良から開幕に間に合わせた。5年連続の打率3割、20本以上を残しているが、新フォームで打撃力アップを狙う。新外国人のクロンの状態が上がってこないが、開幕は松山をレフトに回しての起用になる為、守備面で不安が残る。堂林が開幕に間に合うか微妙だがドラフト6位の矢野(亜大)が守備力を買われて開幕1軍入り。今年は河田ヘッドによる機動力野球で競った試合を取っていく形になる。キャッチャーは打撃力のある選手が多く、会澤を中心に3人~4人での起用に。

注目選手は、西川。故障がなければ非凡なバットコントロールで中軸定着へ。

【投手編】
大瀬良が3年連続の開幕投手。右肘の手術明けだが好調をキープしており、新人王・森下と先発陣の軸になる。昨年に血栓手術を行った野村も開幕ローテに滑り込んだ形となり、今年は先発陣の層が厚い。リリーフ陣は、左の塹江、右のケムナが昨年に続いて勝ちパターンに入る。森浦、大道のルーキーが開幕1軍に入り、競った場面での登板で結果を残したい。抑えはドラフト1位の栗林。フォークが持ち味の社会人No.1右腕を2003年永川以来の新人クローザーに抜擢。

注目選手は、栗林。即戦力右腕としてルーキーがチーム浮上のカギを握る。

【1軍登録選手(投手14人、野手17人)】
投手
先発 大瀬良 森 下 九 里 野 村 床 田 中村祐
中継 塹 江 ケムナ 大 道 森 浦 島 内 中 田 コルニエル
抑え 栗 林
次点 遠 藤 矢 崎 薮 田 高橋樹 田中法 菊池保 一 岡
故障 アドゥワ フランスア 中 崎 合流前 バード スコット ネヴァラウス
野手
捕手 會 澤 磯 村 石 原 坂 倉
内野 クロン 菊池涼 堂 林 田中広 メヒア 上 本 曽 根
矢 野
外野 松 山 西 川 鈴木誠 長 野 大 盛
次点 白 濱 三 好 安 部 小 園 羽 月 野 間 高橋大
故障 宇 草
もしよければ1クリックお願いします。

| |

« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2021開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2021開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2021開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2021開幕】 »