« プロ野球戦力分析【中日編・2021開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2021開幕】 »

2021年3月21日 (日)

プロ野球戦力分析【阪神編・2021開幕】

21t2021開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ2位の阪神タイガース。ドラフト1位ルーキー佐藤輝明(近大)がオープン戦ホームラン王の活躍でポジションを獲得。シーズンでも本塁打量産なるか。昨年は伝説のクローザー藤川球児が引退。福留(中日)、能見(オリックス)のベテランがチームを去り、世代交代が進む中で矢野監督は集大成の3年目を迎える。

【野手編】
21torder 佐藤輝は甲子園でも広角に本塁打が打てるパワーが魅力。シーズンでは内角攻めと落ちる球の克服ができれば、4番を打つ大山との強力なクリーンアップが組める。近本は新人から3年連続の盗塁王を目指すが、リードオフマンとして出塁率アップが課題。今年のサンズはファーストも兼任となり、新外国人が合流すると再び競争になる。ドラフト6位の中野(三菱自動車岡崎)が開幕1軍入り。攻守に定評があり二遊間で出場機会をうかがう。キャッチャーは梅野が順調な仕上がりで全試合出場を狙う。

注目選手は、佐藤輝。新人から厳しい攻めが予想されるが30本を狙える逸材。

【投手編】
昨年1勝の藤浪が初の開幕投手に抜擢。投球フォームも変えて復活を目指す。エース西は体調不良で調整が遅れたが開幕に間に合わせた。チェン(ロッテ)の状態が上がらず、ドラフト2位の伊藤将(JR東日本)が開幕ローテ入り。リリーフ陣は、岩崎が今年もセットアッパーを担う。ドラフト8位の石井大(高知)が球威のある投球で勝ちパターンに加わるか。エドワーズの活躍も優勝争いには欠かせない。抑えはスアレス。160キロを超える速球で相手をねじ伏せる。

注目選手は、藤浪。少しずつ安定感を取り戻しており1年間ローテを守りたい。

【1軍登録選手(投手14人、野手17人)】
投手
先発 藤 浪 西勇 秋 山 青 柳 ガンケル 伊藤将
中継 岩 崎 石井大 岩 貞 桑 原 加治屋 小 野 小 林
抑え スアレス
次点 チェン 西純 岩 田 馬 場 小 川 谷 川 エドワーズ
故障 高橋遥 中 田 鈴 木 守 屋 合流前 アルカンタラ
野手
捕手 梅 野 坂 本 原 口
内野 マルテ 糸 原 大 山 木 浪 陽 川 山 本 中 野
植 田
外野 サンズ 近 本 佐藤輝 糸 井 板 山 江 越
次点 長 坂 北 條 熊 谷 小 幡 中 谷 高 山 島 田
故障 井 上 合流前 ロハス
もしよければ1クリックお願いします。

| |

« プロ野球戦力分析【中日編・2021開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2021開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球戦力分析【中日編・2021開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2021開幕】 »