« プロ野球戦力分析【東北楽天編・2020終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2020終了】 »

2020年12月19日 (土)

プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2020終了】

2012l2020シーズン終了、戦力分析。今回はパリーグ3位の埼玉西武ライオンズ。リーグ3連覇を目指して開幕直後は勝率5割付近にいたが、主砲の山川が故障で打撃不振に陥るとチームは一気にBクラスへ低迷。自慢の重量打線がチーム打率5位と低迷する中、苦手のリリーフ陣が接戦を勝ち取ると一時は2位まで浮上したが、CS進出をかけたロッテとの直接対決に敗れた。

【野手編】
2012lorder 山川がリーグ5位の24本ながら右足首を痛めて打率.205と不振に陥った。‟おかわり君”中村も死球を受けた影響で9本どまり。森や外崎も1年を通して状態が上がらず不振に苦しんだ。その中でベテラン栗山が打撃好調で終盤には4番にも座ると、DHでベストナインに選ばれた。通算1926安打まで数字を伸ばしてきた。新外国人のスパンジェンバーグは内外野で出場して15本を放ったが、リーグワーストの150三振。ポスト秋山として期待された金子も首痛にも悩まされて86試合出場。鈴木、川越ら若手外野手の活躍が待たれる。

【投手編】
高橋光がチームトップの8勝で唯一規定投球回に到達。昨年12勝1敗のニールは開幕から不振で6勝どまり。今井も結果を残せず一時はリリーフに回った。リリーフ陣は、平良が最速160キロをマークして34HP。10試合連続無安打、20試合連続無失点の活躍で3年目ながら新人王を獲得。2年目の森脇も勝ちパターンに加わり23HP。2人が防御率1点台と大活躍した事がAクラス入りの原動力になった。抑えは増田が33セーブで初のセーブ王。オフにはFA宣言して残留を表明した。

【1軍登録選手(投手14人、野手17人)】
投手
先発 高橋光 ニール 松本航 今 井 浜 屋 十 亀
中継 平 良 森 脇 小 川 ギャレット 宮 川 田 村 平 井
抑え 増 田
次点 與 座 本 田 榎 田 内 海 ノリン 伊 藤 國 場
故障 多和田 松 坂 退団 ノリン 相 内 高橋朋
野手
捕手 岡 田 柘 植
内野 山 川 外 崎 中 村 源 田 メヒア 山野辺 呉念庭
外野 スパンジー 金子侑 木 村 栗 山 鈴 木 川 越 熊 代
次点 駒 月 山 田 佐 藤 高 木 愛 斗 戸 川 西 川
故障 退団 水 口 永 江
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【東北楽天編・2020終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2020終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球戦力分析【東北楽天編・2020終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2020終了】 »