« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2020終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2020終了】 »

2020年12月 5日 (土)

プロ野球戦力分析【広島編・2020終了】

2012c2020シーズン終了、戦力分析。今回はセリーグ5位の広島東洋カープ。佐々岡新監督に代わり、1年目は苦難のシーズンとなった。開幕早々にリリーフ陣が崩壊して再整備を余儀なくされると、夏場にエース大瀬良が故障離脱。主力野手の西川も右足首の故障で戦力ダウン。Aクラス争いにも加われなかったが、ドラフト1位の森下がエース格の働き。石原が現役引退。

【野手編】
2012corder 鈴木誠が.300、25本で5年連続の打率3割、20本以上をマーク。開幕から11年目の堂林が打率4割を超える活躍で、2012年以来となる1年間1軍で戦い抜いた。佐々岡監督から中軸を期待された西川が.304、6本ながら76試合の出場にとどまったのが響いた。新外国人のピレラは1番起用も今季限りで退団。菊池はスタメンを外れる場面もあったが、史上初となる1年間ノーエラーの偉業を達成。故障明けとなった田中広もFA行使せずカープ残留を決めた。キャッチャーは正捕手の会澤が体の状態が万全ではなく、坂倉も55試合出場。

【投手編】
森下が10勝、リーグ2位の1.91をマークして新人王有力。九里も7年目で初の規定投球回に到達して8勝。大瀬良が右ひじの手術に踏み切り、野村も手術を行った。ジョンソンが0勝7敗に終わり在籍6年で退団。リリーフ陣はリーグワーストの数字を残した。6年目左腕の塹江が150キロを超える速球でセットアッパーに定着して22HP。今年は中崎や今村ら実績のある投手が使えず苦しんだ。抑えはスコットが開幕から失敗が続くと、フランスアがクローザー復帰して19セーブ。

【1軍登録選手(投手14人、野手17人)】
投手
先発 森 下 九 里 遠 藤 床 田 中村祐 薮 田
中継 塹 江 ケムナ 菊池保 島 内 中 田 中村恭 一 岡
抑え フランスア
次点 スコット 高橋樹 矢 崎 今 村 藤井黎 田中法 モンティジャ
故障 大瀬良 野 村 中 崎 退団 ジョンソン
野手
捕手 會 澤 磯 村 坂 倉
内野 松 山 菊池涼 堂 林 田中広 三 好 上 本 曽 根
羽 月
外野 ピレラ 西 川 鈴木誠 長 野 大 盛 野 間
次点 白 濱 メヒア 安 部 小 園 宇 草 正 随
故障 退団 石原慶 小 窪 ピレラ
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2020終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2020終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2020終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2020終了】 »