« 井上、1軍デビュー戦は無安打。天敵大野に完封負け。 | トップページ | 井上、甲子園でプロ初安打&初打点!西10勝到達! »

2020年10月15日 (木)

原口、値千金の逆転打もサヨナラ負け。球児1軍合流。

201015中日○5x-3●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:高橋

今日の先発は岩田(中7日)、中日・松葉。原口が10月4日以来のスタメンマスク。初回、先頭・大島がファーストへの当たりに岩田のベースカバーが少し遅れて内野安打となると、1アウト2塁からアルモンテのライト前ヒット。打球が速いうえに不規則な回転もかかっており、井上が後逸する間にドラゴンズ先制。この後、2アウト満塁のピンチをしのぎました。

2回、1アウトからボーアが片手でセンターフェンス直撃の2塁打。続く原口の三遊間を破るヒットながら、スタートが遅れたボーアが2塁ベースに止まってしまいました。高橋が打球に飛び込んだ分、三塁ベースが空いていただけに残念。これが響いて無得点。4回、1アウト2塁からピッチャーの松葉に2打席連続ヒットとなるレフト前ヒットを許した所で岩田KO。しかし代わった岩貞が大島にセンター右へ落とされるタイムリー2塁打で2点目。

2点ビハインドの5回から藤浪が登板。先頭バッターを四球で出しながらシエラをサードゴロ併殺に抑えました。イニングまたぎをするとこれまで失点続きでしたが、6回も続投して2アウト1,3塁のピンチを抑えて初の無失点。7回は岩崎が濃厚接触者の自粛から復帰後初登板。3人で抑えてくれました。

8回、ドラゴンズは祖父江。1アウトからサンズが左中間を破る2塁打で2,3塁のチャンス。続く大山が四球を選んで満塁とすると、ボーアのファーストゴロの間に1点。25イニングぶりの得点が入りました。さらに原口がセンター前への2点タイムリーで逆転!そのウラ、エドワーズが2アウト3塁のピンチを抑えて、今日から球児が1軍合流しておりセーブ機会に登板するかどうか注目が集まりました。

1点リードの9回はスアレス。2アウトランナーなしからなら登板の可能性もありました。しかし1アウトから1,2塁のピンチを背負うと、ビシエドのセカンドライナーで一気にゲッツーを狙った植田ですが、2塁へまさかの悪送球。ランナーがそれぞれ進塁して2アウト2,3塁の大ピンチ。ここで高橋が159キロのストレートを弾き返してレフトポール際への逆転サヨナラ3ランを喫してしまいました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
原口 岩崎(4) エドワーズ[H](5)
  熊谷
糸原  
大山 ボーア 島田 岩貞(2) 藤浪(3)
近本 サンズ 岩田 中谷 梅野
井上 小幡 植田 スアレス[負](6)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
試合後、ナゴヤドーム今季最終戦を終えた球児がグラウンドに登場。オーロラビジョンにメッセージが表示される中、現役時代に数多く対戦した荒木コーチから花束が贈呈。グラウンド一周した際にドラゴンズファンからマスク越しに球児コールが起こりました。

15日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 藤川球児投手(再昇格。残り1ヶ月は1軍に帯同し最終章が始まる。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 井上、1軍デビュー戦は無安打。天敵大野に完封負け。 | トップページ | 井上、甲子園でプロ初安打&初打点!西10勝到達! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 井上、1軍デビュー戦は無安打。天敵大野に完封負け。 | トップページ | 井上、甲子園でプロ初安打&初打点!西10勝到達! »