« 井上、甲子園でプロ初安打&初打点!西10勝到達! | トップページ | 藤浪、球団新の162キロ。決め手を欠きドロー。 »

2020年10月18日 (日)

ボーア、浜風切り裂く一発!5点リード何とか守り切った。

201018阪神○6-5●ヤクルト(甲子園
勝利打点:大山⑫

BS1で完全中継。朝日放送→サンテレビのリレー中継。今日の先発は秋山(中6日)、ヤクルト・小川。板山が2番セカンドで今季初スタメン。初回、2アウト1塁から村上の右中間オーバーのタイムリー2塁打でスワローズ先制。そのウラ、1アウトから板山がセンター前ヒットで出塁すると、糸井もライト線の2塁打で続いて2,3塁のチャンス。ここで大山がライト前へ2点タイムリーで逆転!さらに2アウトからボーアが右中間スタンドへ放り込む一発で4-1!

2回、2アウトから連打で1,3塁のチャンスを作った所で49球の小川が早くもKO。代わった長谷川が糸井をショートゴロに抑えて無得点。4回、スワローズは今野が登板。下位打線でノーアウト1,2塁のチャンスを作ると、秋山はバスター。叩き付けた打球がピッチャーゴロで進塁打の形に。近本のショートゴロで梅野が三本間に挟まれてアウトになりますが、板山の打席で暴投の間に5点目。さらに1,3塁から糸井のライト前タイムリーで6-1!

5回、1アウトから坂口のライト後方の当たりを糸井が落球。一気に3塁まで進まれると、続く青木に四球。そして村上に外角のシュートをレフトスタンドへ放り込まれてしまい一気に6-4と試合がわからなくなりました。秋山は5回を投げきって勝利投手の権利を持って降板。6回は藤浪が登板。いきなり山崎に四球を出しますが、少しずつ制球が落ちつき出してノーヒットピッチング。今日の最速は158キロ。

7回は岩崎。1アウトから青木に四球を出して村上との対戦。今日はここまで3打数3安打の大当たりでしたが、外角スライダーに空振り三振!個人的にはここが今日のポイントでした。そのウラ、2アウト1塁で代打・井上が登場に場内大盛り上がり。履正社高校の先輩である寺島との対戦でしたが、2球目を打っていきレフトへ大きな当たりを放ちましたが失速してアウト。

2点リードの9回はスアレス。2アウトから青木にセンター前ヒットを許すと、村上に右中間オーバーの2塁打を許して1点差。今日1人で全打点(5打点)を挙げる大活躍を見せました。続く西田にもセンター前ヒットで前進守備を敷いていたため、同点のランナーは3塁でストップ。そして宮本をレフトフライに抑えてヒヤヒヤのゲームセット!

「試合が長かって寒さもあったけど勝てて良かった。打点は勝敗に直結する。」by 大山
「サイコーデス。ソウデスネ、デモマダジョウズジャアリマセン。」by ボーア
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
板山 ボーア 岩崎[H](3) エドワーズ[H](4)
糸井 大山 藤浪[H](2)
梅野 小幡  
  スアレス[S](5)
近本 秋山[勝] 原口 島田 井上 植田
サンズ  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 井上、甲子園でプロ初安打&初打点!西10勝到達! | トップページ | 藤浪、球団新の162キロ。決め手を欠きドロー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 井上、甲子園でプロ初安打&初打点!西10勝到達! | トップページ | 藤浪、球団新の162キロ。決め手を欠きドロー。 »