« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月31日 (土)

秋山、大量援護で10勝!最後は球児vs大和の計らい。

201031DeNA●5-13○阪神(横浜
勝利打点:陽川③

今日の先発は秋山(中5日)、DeNA・井納。国の方針でスパコン「富岳」による検証試験もあり、今季最多の24,537人が来場。初回、1アウトから糸原が右中間フェンス直撃の2塁打を放つと、2アウト満塁から陽川が甘く入ったスライダーをとらえてレフトスタンド中段への満塁ホームランでタイガース先制!さらに3回、先頭・陽川が今度はストレートをとらえて左中間スタンドへの2打席連続アーチで5-0!さらに木浪のセカンドゴロで1塁送球がそれて内野安打の判定でしたが、ラミレス監督のリクエスト成功で一転アウト。井納は3回5失点でKO。

4回、先頭・糸原がライト前ヒットを放つと、早くも代走・小幡。1アウト1,2塁でサンズへの初球で小幡が意表を突いた三盗成功!ここで低めのストレートでしたが、コンパクトに振り抜くとセンターフェンス直撃のタイムリー2塁打!持ち前の勝負強さが影を潜めていたが16試合ぶりの打点。ここで陽川が申告敬遠されると、木浪の犠牲フライで7点目。そのウラ、ロペスがレフトポール際上段への一発で日本球界1000安打を達成。

5回、先頭・秋山がバットを折りながらライト前ヒットで出塁すると、1アウト満塁から大山がセンター前への2点タイムリー!さらにサンズがレフトフェンス最上段に当てるタイムリー2塁打で10点目。ここで陽川が2打席連続の申告敬遠で場内どよめき。続く木浪が三塁線を破る2点タイムリーを放つと、坂本のピッチャー強襲のゴロの間に1点。一挙6点で13-1と試合を決めました。

6回、1アウトから途中出場の中井が左中間への2塁打を許すと、オースティンにシュートが甘く入った所を左中間スタンド最上段への特大2ラン。秋山は6回3失点、85球で3年ぶり2ケタ勝利となる10勝目の権利を持って降板。

8回、ノーアウト1塁から中谷のセカンドゴロ。柴田のグラブトスをプロ初スタメンの森が捕れずオールセーフ。この後、2アウト2,3塁となった所で大山が申告敬遠。満塁で植田がサードゴロに倒れて三者残塁。そのウラ、馬場がコロナウイルスから復帰後初登板。2アウト2,3塁のピンチを背負いましたが無失点。

9回、能見が先頭・細川へ左中間オーバーの2塁打を許しますが、2アウトを取った所で球児にスイッチ。ラミレス監督も粋な計らいでタイガース出身の大和を代打に投入。全球ストレート勝負で内角に甘く入った所をレフトスタンドへ放り込まれる2ラン。打たれた後、球児に笑顔がこぼれました。最後は中井を三球三振に抑えてゲームセット。

「いつも以上にすごくうれしい気持ちになりました。陽川ありがとう。」by 秋山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マルテ サンズ 陽川 木浪 小幡
糸原 秋山[勝] 原口
大山 坂本 谷川(2) 能見(4)
  馬場(3)
  中谷 島田 熊谷
近本 植田 藤川(5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月30日 (金)

植田、幻の押し出し死球。ドローで巨人がリーグ優勝。

201030DeNA△3-3△阪神(横浜

サンテレビで完全中継。今日の先発はガンケル、DeNA・京山。外国人枠の関係でサンズがベンチ外となりました。3回、先頭・ガンケルが自らセンター前ヒットで出塁しますが、近本のセカンドゴロでランナーが入れ替わり。2アウトから近本が盗塁を決めると、マルテが四球を選んで1,2塁のチャンス。ここで大山がレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打でタイガース先制!

4回、ここまでパーフェクトに抑えていたガンケルですが、1アウトから神里に高めに浮いたカットボールを右中間スタンド中段まで飛ばされて1-1の同点。5回、1アウトから近本がストレートの四球を選ぶと今日2個目の盗塁成功。続く糸原もストレートの四球を選ぶと、マルテが左中間へのタイムリー2塁打で勝ち越し!なお2,3塁で大山は申告敬遠で歩かされると、糸井陽川が凡退してしまい三者残塁。

そのウラ、1アウトから連続四球で1,2塁のピンチを背負ったガンケル。代打・細川のピッチャーゴロ併殺コースでしたが、送球のタイミングが合わず木浪が転倒してしまいアウトは1つ。続く戸柱のライトフライで無失点。すると6回、代わった国吉から先頭・木浪が死球。1アウトからガンケルが送りバントを決めると、近本のレフト線へのタイムリー2塁打で3-1!

7回、先頭・大山がレフトオーバーの2塁打。この後、2アウト3塁から木浪がストレートの四球を選ぶと、梅野に申告敬遠で満塁。代打の切り札・原口に期待が集まりましたが高めに浮いたスライダーに手を出して空振り三振で三者残塁。

9回、スアレスが登板。先頭・神里にセンター前ヒットを許しますが、ソトにはヒヤッとする角度でセンターフライ。続くオースティンを158キロで空振り三振。2アウトまで行きますが、ロペスに低めのスライダーをレフトスタンドへ放り込まれてしまい、2ランでまさかの同点。1安打ピッチングで好投したガンケルの先発初勝利も吹き飛びました。

10回、ベイスターズは抑えの三嶋を投入。先頭・木浪がストレートの四球を選ぶと、代走・熊谷が牽制で誘い出されてしまいアウト。ただ2アウトから代打・小幡がセカンドへの内野安打で出塁すると、盗塁成功。近本がヒットでつなぎ今日3個目の盗塁で2,3塁となった所でラミレス監督が島田を申告敬遠。ここで植田のグリップ付近への投球を死球の判定で勝ち越しに成功したかに思われましたが、ラミレス監督のリクエスト成功で一転ファウルに。見逃し三振に倒れて今日の勝ちがなくなり、ジャイアンツのリーグ優勝が決まりました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 マルテ ガンケル 小幡 エドワーズ[H](2) 岩崎[H](3)
岩貞(5)
大山 木浪  
   
糸原 島田
梅野 中谷
糸井 陽川 原口 植田 熊谷 スアレス(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
30日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN ガンケル投手(再昇格。ガルシアとの残留争いで結果が求められる。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月29日 (木)

西、エース対決で大野を倒し11勝目!5連勝で2位浮上!

201029阪神○3-1●中日(甲子園
勝利打点:大山⑭

サンテレビで完全中継。今日の先発は西(中5日)、中日・大野雄。初回、1アウトから京田がライトポール際へ放り込む一発でドラゴンズ先制。さらに2アウトから4番に入った高橋がライト前へ放ちますが、捕りに行った陽川が後逸。続く福田を抑えて追加点は許さず。そのウラ、先頭・近本がライト前ヒットで出塁すると、糸原が右中間オーバーのタイムリー2塁打で同点!大野の無失点記録が45イニングでストップ。さらにマルテのショートゴロで3塁を狙った糸原ですが間一髪セーフ。与田監督のリクエストも判定変わらず。続く大山のショートゴロ併殺崩れの間に勝ち越し。

2回、2アウトから木下拓のライト前への当たりを陽川が前に捕りに行けずヒットに。場内にどよめきが起こりましたが、ここも抑えました。3回、2アウトから大山が四球を選ぶと、サンズがレフト前ヒットで1,2塁のチャンス。ここで陽川が左中間を破るタイムリー2塁打で貴重な3点目!さらに5回、大島のライトファウルフライを陽川がフェンスを恐れずスライディングキャッチ!序盤のプレーを取り返してくれました。

6回、1アウトから梅野がライト前ヒットを放ち猛打賞。西が3打席連続の送りバントを決めると、近本のライト前ヒットでホームを狙った梅野ですが、井領のバックホームが決まってタッチアウト。大野は6回110球で降板。

2点リードのまま9回も西が続投。2アウトから福田にヒットを許しますが、最後はシエラをサードライナーに抑えてゲームセット!114球で完投し、昨年の10勝を上回る11勝目をマーク。巨人の優勝マジックは1ですが、タイガースは5連勝で2位浮上です。

「日本一になりたい。女房なんで打ってもらわな困るんですけどね。」by 西
「昨日から西さんと勝つことを考えてた。明日も勝つバーイ!」by 梅野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 梅野 西勇[勝]  
近本  
陽川  
大山  
マルテ サンズ 島田 植田
木浪  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 桑原謙太朗投手(右ひじの状態が思わしくなく来季を見据えた采配。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

マルテ、残留アピール打!ブルペンデーで球児が締めた。

201028阪神○9-1●中日(甲子園
勝利打点:マルテ③

サンテレビ→朝日放送→サンテレビのリレー中継。今日の先発は藤浪(中6日)、中日・勝野。体調が思わしくない糸井梅野がスタメンに復帰。今季初のブルペンデーを採用。初回、1アウト2塁から阿部のショートゴロでしたが、木浪の送球が高めに浮いてしまいオールセーフ。この後、2アウト満塁から福田に158キロが外れて押し出しの四球でドラゴンズ先制。

2回、先頭・サンズがレフト前ヒットを放つと、続く糸井も初球打ちでライト線へのヒットでノーアウト1,3塁のチャンス。ここで木浪のレフト前タイムリーで3連打となり同点!続く梅野のライトフライで1塁の木浪もタッチアップを決める好走塁。1アウト2,3塁から藤浪がレフトポール際へ大ファールを放ちますが三振。

藤浪は4回76球で降板。5回は岩貞が3人で抑えると、そのウラ、先頭・近本がライト前ヒットで出塁。1アウトからマルテが高々と打ち上げた当たりがレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打で勝ち越し!京田のバックホームがそれる間に3塁まで進むと、代わった又吉から大山が前進守備の二遊間を破るタイムリーで3点目。

7回、途中出場の先頭・中谷がセンター前ヒットで出塁すると、近本が三塁線へのセーフティバント。1塁ベースががら空きで内野安打に。糸原が送りバントを決めると、1アウト2,3塁からマルテの犠牲フライで4点目。さらに暴投でもう1点追加しました。さらに8回、先頭・島田がセンター前ヒットで出塁すると、2アウト2,3塁から近本が今日4安打目となる2点タイムリー!飛びついたビシエドが左肩を痛めて負傷交代。さらに連続四球で満塁となると、大山の2点タイムリーでダメ押し!

点差が大きく開いた9回は谷川が登板。2アウトを取った所で矢野監督が出てきて、球児をコール。場内にリンドバーグの登場曲が流れてどよめきと大歓声が起こりました。引退試合のような選手起用でしたが、シエラが2球目を打ち上げてファーストファウルフライに抑えてゲームセット!残り10試合、少しでも多く見たい。

「良いイメージができていた。タイガースファン、メッチャアイシテル!」by マルテ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 糸原 大山 岩貞[勝](2) 桑原[H](4)
マルテ 木浪 島田 岩崎(5)
サンズ 藤浪 中谷 植田 谷川(6) 藤川(7)
糸井 梅野 エドワーズ[H](3)
  小幡
  熊谷 陽川
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

キナチカ、コンビで初のお立ち台!接戦制し2位目指す。

201027阪神○4-1●中日(甲子園
勝利打点:近本④

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は青柳(中5日)、中日・福谷。2位ドラゴンズと3ゲーム差で迎えた2位攻防3連戦。初回、先頭・近本が右中間を破る2塁打で出塁。ここから2つの四球で2アウト満塁まで行きましたが、陽川のピッチャーフライで三者残塁。2回、木浪のジャンピングキャッチで青柳を助けると、そのウラ、その木浪がライトポール際へ放り込む一発でタイガース先制!

5回、1アウト1,3塁のチャンスを作りますが、陽川木浪が連続三振に倒れて無得点。6回、先頭・木下拓が初球をセンターオーバーの3塁打。1アウトから大島のセンター前タイムリーで同点。この後、2アウト2,3塁のピンチでしたが、ビシエドを外角いっぱいのツーシームで外からねじ込んで見逃し三振。この坂本のリードは良かったです。

8回、先頭・木下拓にカウント0-2と追い込んでからセンター前ヒットを許した所で、好投の青柳が106球で降板。自身初の2ケタ勝利は難しくなりました。代わった岩崎が2アウト2塁まで行きますが、京田にライト前ヒット。少し前に守っていた陽川のバックホームで3塁ランナーを自重させることに成功。1,3塁で阿部にセンター深めまで飛ばされますがアウトでピンチ脱出!

そのウラ、福が登板。1アウトから木浪のファーストへの鋭い打球をビシエドが飛びついて捕りますが、1塁送球を福が落としてしまいました。さらに坂本の送りバントを福が1塁悪送球という連続エラーで2,3塁と進塁。代打・原口はセカンドフライに倒れますが、近本の浅いライトフライを今日初スタメンの滝野がスライディングキャッチに失敗して2人が還って勝ち越し!(記録は3塁打)さらに糸原の当たりを福が弾いてタイムリー内野安打となり4点目!最後はスアレスが締めてゲームセット!

「隣にいてくれる存在なのでずっといてほしいです。雰囲気ですね。」by 木浪
「何とかなれ~と思って。落ちれ落ちれ!やれ~!と思ってました。」by 近本
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 糸原 木浪 青柳 岩崎[勝](2) スアレス[S](3)
サンズ 坂本  
   
   
マルテ 大山 陽川 植田 中谷 島田
  原口
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

秋山、東京ドーム最終戦を制し9勝目!バッテリーの勝利。

201025巨人●2-4○阪神(東京ドーム
勝利打点:大山⑬

BS日テレで完全中継。今日の先発は秋山(中6日)、巨人・畠。木浪が1ヵ月ぶりの復帰となり7番ショートで先発。初回、1アウトから糸原マルテの連打で1,2塁のチャンスを作ると、大山のレフト前タイムリーでタイガース先制!さらに2回、先頭・木浪がライト前ヒットで出塁すると、2アウト2塁で近本がライト前タイムリーで2点目!

4回、2アウトから坂本が右中間オーバーの2塁打でチーム初ヒット。続く岡本は良い当たりのサードライナーに抑えて無失点。すると5回、1アウトから大山がレフト線への2塁打を放つと、サンズはファーストファウルフライに倒れますが、続く陽川が打った瞬間とわかるレフトスタンド上段への特大アーチで4-0!畠は5回4失点、84球で降板。

8回、ここまで80球の秋山をそのまま打席に立たせて続投。2アウトから糸原がライト前ヒットを放ち、コロナウイルスから復帰してから初の猛打賞となりお役御免。そのウラ、代打・中島がボテボテのサード内野安打で出塁すると、1アウトから途中出場の重信のピッチャーゴロ併殺コースでしたが、秋山の2塁送球が逆をついてアウト1個がやっと。続く吉川尚をセカンドゴロに抑えて無失点。

9回、秋山が2年ぶりの完封を目指したマウンドへ。先頭・松原のファーストゴロでしたが間一髪セーフの判定。矢野監督がリクエストしますが、わずかにベースを踏むのが遅く判定変わらず。坂本はタイミングを外してライトフライ、岡本には高めストレート勝負で空振り三振を奪い2アウト。しかし丸に初球を右中間スタンドへ放り込まれて2失点。続く若林をファーストライナーに抑えてゲームセット!今季2度目の完投勝利で9勝目!

「スピードは出ないんですけど、ストレートピッチャーだと思っている。」by 秋山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 大山 陽川 秋山[勝]  
近本 坂本  
木浪  
   
  植田 島田 中谷
マルテ サンズ  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
東京ドーム最終戦で試合後、場内アナウンスに促されて球児がグラウンドに登場。花束贈呈はなかったですがレフトスタンドのファンへ一礼。マウンドで写真を撮ってもらってました。登板機会はなかったですがビジターながら登場曲が流れる段取りまで用意されていたそうです。

25日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 木浪聖也内野手(再昇格。濃厚接触のブランクから2軍で上げてきた。)
OUT 板山祐太郎外野手(打撃好調ぶりを見せたが、最近は凡退が続いた。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

原口、代打で値千金の菅野撃ち!巨人の胴上げ阻止。

201024巨人●1-2○阪神(東京ドーム
勝利打点:原口①

BS日テレ→読売テレビ→BS日テレのリレー中継。今日の先発は高橋遥、巨人・菅野。初回、1アウトから松原のファースト前へのボテボテの当たりでしたが、高橋遥のベースカバーがわずかに遅れて内野安打に。坂本への四球で1,2塁のピンチでしたが、岡本、丸を抑えて無失点の立ち上がり。

4回、先頭・近本の二遊間を破りそうな当たりを坂本がファインプレーかという当たりでしたが、1塁送球が浮いて内野安打。チーム初ヒットが飛び出すと、暴投で2塁へ。続く糸原が高めに浮いたスライダーをライト前へ落とすタイムリーでタイガース先制!ただこの後のクリーンアップが三者連続三振に倒れてしまいました。サンズは外角ストレートの見逃し三振に倒れて、これが伏線になりました。

6回、ノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、マルテが痛恨のセカンドゴロ併殺。これで流れが変わるとそのウラ、先頭・菅野が自らセンターオーバーの2塁打でチャンスメイク。続く吉川尚のライト前ヒットでノーアウト1,3塁のピンチを背負うと、松原のライト犠牲フライで1-1の同点。そして坂本の良い当たりのサードライナーで1塁ランナーが戻れずゲッツー。

7回、投球練習の際に菅野が右手に違和感を訴えてベンチに戻しましたが続投。先頭・サンズがレフト前ヒットで出塁。1アウトから坂本が送りバントを決めて2アウト2塁とすると、代打・糸井が四球。1,2塁から代打の切り札・原口がストレートを左中間へ弾き返すタイムリーで勝ち越し!4試合連続ヒットで調子を上げてきました。さらに満塁で糸原に回りましたが、ファーストライナーで三者残塁。

8回、ジャイアンツは鍵谷が登板。2アウトからサンズへのストレートが逆球になりましたが外角に決まって見逃し三振の判定。ついにサンズが怒ってしまい、ヘルメットを叩き付けて暴言を吐き初の退場処分。1点リードの9回はスアレス。1アウトから岡本に四球を出しますが、丸を空振り三振。続く若林をレフトフライに抑えてゲームセット!今季13勝1敗の菅野から勝ちました!

「一打席に一球くるかどうかの甘い球で仕留められて良かったです。」by 原口
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 高橋遥[勝] 原口 エドワーズ[H](2) 岩崎[H](3)
スアレス[S](4)
糸原 坂本 糸井
   
陽川  
大山 サンズ 植田 島田 熊谷 中谷
マルテ 小幡  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
24日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 高橋遥人投手(再昇格。左肩の疲労が抜けず10日間空けて復帰。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

マルテ、1試合4エラーの新記録。守備の差で西敗れる。

201023巨人○5-4●阪神(東京ドーム
勝利打点:丸

BS日テレで完全中継。今日の先発は西(中6日)、巨人・今村。サンズがスタメン落ちとなり、さらに右の野手を並べてきました。2回、1アウトから丸がバックスクリーンへの一発でジャイアンツ先制。さらに1アウト2塁から田中俊の当たりをマルテがファンブル。1塁へのトスが悪送球となりダブルエラーの間に2点目。大城もヒットで続いて1,3塁から今村のセーフティスクイズをマルテが弾いてしまい、1イニング3エラーのリーグワースト記録。

4回、1アウトからマルテがレフトスタンドへの一発で反撃。5回、先頭・吉川尚がセンター前ヒットで出塁すると、盗塁成功。さらに梅野の悪送球の間に3塁まで進まれました。そして松原のファーストゴロをマルテがまたもファンブルしてしまい、プロ野球記録となる今日4個目のエラー。坂本のタイムリーを許すと、1アウト満塁から若林のレフト前タイムリーで5点目。珍しく5回で100球を超えてしまい、西はこの回で降板。

8回、1アウトから代打・坂本が四球で出塁すると、初の代打・サンズがレフト前ヒット。1,2塁から途中出場の原口が左中間への2点2塁打で反撃!ここでジャイアンツは左の高梨にスイッチすると、近本糸原が連続三振に倒れて追加点ならず。

2点差の9回はデラロサとの勝負。大山はレフトポール際への大ファールの後に四球で出塁。陽川の復帰後初ヒットで1アウト1,2塁のチャンスを作ると、中谷のレフト前タイムリーでついに1点差。代打・糸井をコールした所で原監督が5連投の田口にスイッチ。暴投で2,3塁とそれぞれ進塁しますが、フルカウントから内角ストレートにハーフスイングをとられてしまいました。さらに代打・植田を送りますが、フルカウントからライトフライに倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  原口 岩貞(2) 岩崎(4)
  坂本 サンズ 桑原(3)
大山  
中谷 小幡
陽川 熊谷 西勇[負] 島田 糸井 植田
近本 糸原 マルテ 梅野  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
23日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 馬場皐輔投手(再昇格。陽性反応から復帰。試合で取り返したい。)
OUT 岩田稔投手(3試合連続KOで先発の役割を果たせず。崖っぷち。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

原口、追撃の代打3ラン。6点差からあと1点届かず。

201022阪神●5-9○広島(甲子園
勝利打点:会澤

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中6日)、広島・薮田。試合前練習に参加していたボーアが抹消され、マルテがファーストに入りました。初回、先頭・長野がセンターフェンス直撃の2塁打。間一髪セーフの判定に矢野監督がリクエストしますが判定変わらず。2アウト1,2塁から会澤のレフト前タイムリーで先制すると、堂林にライト線へのタイムリー2塁打で2点目。

2回、先頭・薮田に四球を出してしまうと、1アウトから連続四死球で満塁。続く西川に押し出しの四球で3点目。さらに3回、先頭・ピレラにレフト線へ2塁打を許すと、2アウトから長野にレフト線へのタイムリー2塁打で4点目。続く田中にライトオーバーのタイムリー3塁打を許すと、鈴木誠にレフト前タイムリーで6点目。3回続投も厳しかったですが、イニング途中で交代させるタイミングを逃してしまいました。

6回、ここまで1安打ピッチングの薮田。1アウトから代打・陽川に四球を出すと、近本のライト前ヒットで1,3塁のチャンス。ここで糸原のライト前タイムリーで1点を返すと、なお2,3塁から暴投で2点目。そして7回は今シーズン限りでの退団を発表した能見が登板して大歓声が送られました。三者凡退に抑えて全球ストレート、最速148キロで意地を見せるピッチング。 201022b

7回は塹江が登板。2アウトから梅野、代打・中谷の連打で1,2塁のチャンスを作ると、代打の切り札・原口がレフトスタンドへの3号3ランで反撃!一気に1点差まで迫りました。

9回、岩貞が登板。先頭・西川のファーストゴロをマルテが後逸してエラー。ここからノーアウト2,3塁のピンチを背負い1アウトを取りますが、ピレラに甘く入ったストレートをレフトスタンドへ放り込まれてしまい3ランで勝負アリ。ここで雨が強く降る中、球児が登板して大歓声に包まれました。ヒットこそ打たれましたが今日も無失点ピッチングでファンに恩返し。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  原口 能見(3) エドワーズ(4)
  中谷 小川(2)
  陽川 藤川(6)
近本 糸原  
梅野 小幡 熊谷 島田
マルテ 大山 糸井 サンズ 岩田[負] 板山 岩貞(5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
22日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT ボーア内野手(外国人枠の関係で抹消。一部で退団報道も出てきた。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

マルテ、復帰戦で一発回答!MBS砲の残留争いが激化。

201021阪神○2-0●広島(甲子園
勝利打点:マルテ②

BS朝日で完全中継。サンテレビ→朝日放送→サンテレビのリレー中継。今日の先発は青柳(中6日)、広島・遠藤。マルテが3番サードで復帰し、大山がプロ初のライトでのスタメン。MBS砲がスタメンに名を連ねてエドワーズがベンチ外。初回、先頭・田中にレフト前ヒットを許すと、羽月の送りバント。青柳がワンバウンド送球で1塁アウトにすると、鈴木誠、松山を連続三振に抑えて無失点の立ち上がり。

そのウラ、先頭・近本がライト前ヒットで出塁すると、すかさず盗塁成功。ただ次の球で三盗を試みましたがタッチアウト。この後、糸原がフルカウントから四球を選ぶと、復帰戦のマルテが高めに浮いた変化球を豪快に振り抜いてバックスクリーン左の一発でタイガース先制!さらに大山のライトフェンス際の当たりを鈴木誠が落球しますが、ここは追加点ならず。

6回、1安打ピッチングを続けていた青柳ですが、1アウトから羽月にストレートの四球。首脳陣に嫌な感じがしたのか2アウト1塁で松山を迎えた所で岩貞にスイッチ。ここで三球三振に抑えて無失点ピッチング!7回は岩崎が2アウト1,2塁のピンチを背負いましたが、代打・ピレラをレフトライナーに抑えて無失点。

8回は藤浪。先頭・田中に今日最速の161キロをマークしますが、フォークをセンター前へ弾き返されました。1アウト2塁から苦手の鈴木誠に全球カットボールでタイミングを外して見逃し三振。続く松山にも160キロストレートが飛び出し三球三振!9回はスアレスが3人で抑えてセーブ王争いの単独トップに浮上。逃げ切って50勝到達。

「長かったですね。絶対勝つという気持ちでマウンドに上がりました。」by 青柳
「ミンナタダイマ!アシタモオレガヤル、サァイコウ!」by マルテ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マルテ 青柳[勝] 藤浪[H](4) スアレス[S](5)
  岩貞[H](2)
近本 糸原 岩崎[H](3)
大山  
サンズ 梅野 中谷 植田 島田
ボーア 小幡 板山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
21日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 小川一平投手(再昇格。濃厚接触者の隔離から1ヵ月ぶりに合流。)
IN マルテ内野手(再昇格。度重なる故障で3ヶ月ぶりの1軍復帰。)
IN 陽川尚将内野手(再昇格。陽性反応から復帰。試合で取り返したい。)
OUT ガルシア投手(ラストチャンスで炎上。このまま退団が濃厚。)
OUT 伊藤和雄投手(内容は悪くないが厚みを増したブルペンから外れた。)
OUT 井上広大外野手(初の1軍は11打数1安打で抹消。最終盤で見たい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

ガルシア、3回KOで戦力外か。球児登板に甲子園沸く。

201020阪神●1-5○広島(甲子園
勝利打点:西川

サンテレビで完全中継。今日の先発はガルシア、広島・九里。2回、先頭・西川にフルカウントから四球を出すと、1アウトから坂倉がレフトオーバーの2塁打。1塁ランナーの西川が一気にホームを狙いましたが、中継プレーに入った小幡のバックホームが決まってタッチアウト!

3回、先頭・上本にフルカウントから四球を出すと、1アウト2塁から長野にセンターフェンス直撃の2塁打を許しますが、ランナーが3塁でストップ。2アウトから鈴木誠にカウントを悪くした所で申告敬遠。満塁で西川にレフト前へ2点タイムリーを許してカープ先制。再び満塁で坂倉の当たりがガルシアの左足に当たって外野に転がる間に2人が還って一挙4失点でKO。

4回は伊藤和。先頭・上本にストレートの四球。九里の送りバントが小フライとなり、坂本がまず1塁でアウトを取って挟殺プレーに持ち込みますが、小幡がランナーと交錯して走塁妨害を取られてしまいました。1アウト2塁で再開しますが暴投で3塁に進まれると、長野の犠牲フライで5点目を献上。打線は九里の前に5回までノーヒットと沈黙。

6回からは球児が1軍復帰後、初のマウンドに上がって場内が大歓声に包まれました。先頭・三好に左中間へのヒットを許しますが、上本のショートライナーで1塁ランナーが戻れずゲッツー。小幡の強肩が効きました。最後は九里に146キロのストレートで見逃し三振に抑えて無失点ピッチング。そのウラ、2アウトから近本がライト線への2塁打を放ち、ようやくチーム初ヒット。

9回、1アウトから近本、代打・原口の連打で1,2塁のチャンスを作ると、糸井のライト前タイムリーでようやく1点を返しました。曽根のバックホームが悪送球となり、2,3塁にそれぞれ進塁。ここでカープは抑えのフランスアを投入。大山に期待が集まりましたが、ピッチャーゴロ。最後はサンズが空振り三振に倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  谷川(4)
近本 原口
  藤川(3)
糸井 小幡 伊藤和(2) 能見(5)
ボーア 島田 井上 糸原 熊谷
板山 大山 サンズ 坂本
ガルシア[負]
 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
20日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN ガルシア投手(再昇格。遥人の抹消で代役の先発チャンス。)
OUT ガンケル投手(ガルシアの先発昇格の為、10日間空けることに。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

藤浪、球団新の162キロ。決め手を欠きドロー。

201019阪神△1-1△ヤクルト(甲子園

今日の先発はガンケル(中8日※スライド)、ヤクルト・スアレス。土曜日の順延試合とあって今季最少の3,593人。初回、2アウト1,2塁のピンチでしたが、坂口をセカンドゴロに抑えて無失点の立ち上がり。そのウラ、2アウトから1,2塁のチャンスを作りましたが、サンズがショートゴロに倒れて無得点。

4回、先頭・山田がピッチャー強襲の内野安打。村上もヒットで続いてノーアウト1,2塁のピンチを背負うと、坂口が三塁線を破るタイムリー2塁打でスワローズ先制。坂口はこのヒットで通算1500安打を達成しました。この後、1アウト満塁のピンチでしたが、西浦をサードゴロ併殺に抑えて追加点は許さず。

5回、先頭・梅野のサードゴロを宮本が1塁悪送球。カメラマン席にボールが入って2塁に進塁。小幡が送りバント成功で1アウト3塁のチャンスを作ると、ガンケルの代打・糸原のレフト前タイムリーで同点!さらに2アウト1,2塁のチャンスでしたが、糸井がセカンドゴロに倒れて勝ち越しならず。

同点の7回は藤浪が登板。2アウトから代打・松本への高めストレートが球団新の162キロをマーク!場内に大歓声が起こりました。三者連続三振に抑えて今日も無失点リリーフに成功。8回は岩崎が1番からの打順で3人に抑えると、9回はスアレス。史上初の兄弟登板となりましたが、160キロをマークして3人で抑えてくれました。

10回は桑原。2アウトから西田にレフト前ヒットを許すと、暴投で2塁までランナーを進まれましたが、宮本の難しい打球を小幡がダイレクトキャッチ!そのウラ、1アウトから代打・中谷がレフト前ヒットを放ち、代走・島田。しかし近本のセカンドライナーの際にスタートを切っていた島田が戻れずゲッツーでゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  糸原 藤浪[H](3) 岩崎[H](4)
スアレス[H](5)
  中谷 桑原(6)
ガンケル  
サンズ 梅野 小幡 岩貞[H](2)
大山 板山 熊谷 植田
近本 糸井 ボーア 井上 島田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

ボーア、浜風切り裂く一発!5点リード何とか守り切った。

201018阪神○6-5●ヤクルト(甲子園
勝利打点:大山⑫

BS1で完全中継。朝日放送→サンテレビのリレー中継。今日の先発は秋山(中6日)、ヤクルト・小川。板山が2番セカンドで今季初スタメン。初回、2アウト1塁から村上の右中間オーバーのタイムリー2塁打でスワローズ先制。そのウラ、1アウトから板山がセンター前ヒットで出塁すると、糸井もライト線の2塁打で続いて2,3塁のチャンス。ここで大山がライト前へ2点タイムリーで逆転!さらに2アウトからボーアが右中間スタンドへ放り込む一発で4-1!

2回、2アウトから連打で1,3塁のチャンスを作った所で49球の小川が早くもKO。代わった長谷川が糸井をショートゴロに抑えて無得点。4回、スワローズは今野が登板。下位打線でノーアウト1,2塁のチャンスを作ると、秋山はバスター。叩き付けた打球がピッチャーゴロで進塁打の形に。近本のショートゴロで梅野が三本間に挟まれてアウトになりますが、板山の打席で暴投の間に5点目。さらに1,3塁から糸井のライト前タイムリーで6-1!

5回、1アウトから坂口のライト後方の当たりを糸井が落球。一気に3塁まで進まれると、続く青木に四球。そして村上に外角のシュートをレフトスタンドへ放り込まれてしまい一気に6-4と試合がわからなくなりました。秋山は5回を投げきって勝利投手の権利を持って降板。6回は藤浪が登板。いきなり山崎に四球を出しますが、少しずつ制球が落ちつき出してノーヒットピッチング。今日の最速は158キロ。

7回は岩崎。1アウトから青木に四球を出して村上との対戦。今日はここまで3打数3安打の大当たりでしたが、外角スライダーに空振り三振!個人的にはここが今日のポイントでした。そのウラ、2アウト1塁で代打・井上が登場に場内大盛り上がり。履正社高校の先輩である寺島との対戦でしたが、2球目を打っていきレフトへ大きな当たりを放ちましたが失速してアウト。

2点リードの9回はスアレス。2アウトから青木にセンター前ヒットを許すと、村上に右中間オーバーの2塁打を許して1点差。今日1人で全打点(5打点)を挙げる大活躍を見せました。続く西田にもセンター前ヒットで前進守備を敷いていたため、同点のランナーは3塁でストップ。そして宮本をレフトフライに抑えてヒヤヒヤのゲームセット!

「試合が長かって寒さもあったけど勝てて良かった。打点は勝敗に直結する。」by 大山
「サイコーデス。ソウデスネ、デモマダジョウズジャアリマセン。」by ボーア
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
板山 ボーア 岩崎[H](3) エドワーズ[H](4)
糸井 大山 藤浪[H](2)
梅野 小幡  
  スアレス[S](5)
近本 秋山[勝] 原口 島田 井上 植田
サンズ  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

井上、甲子園でプロ初安打&初打点!西10勝到達!

201016阪神○5-0●ヤクルト(甲子園
勝利打点:梅野③

サンテレビで完全中継。今日の先発は西(中6日)、ヤクルト・歳内。甲子園も今日から応援団が入り、太鼓と電子笛の使用が認められて新しい応援スタイルに。初回、1アウト2塁から山田のセンターフェンス際への当たりを背走した近本がジャンピングキャッチ!続く村上をセカンドゴロに抑えて無失点の立ち上がり。

4回、先頭・大山がライト線へ落とす当たり。山崎が飛び込んで倒れこむ間に一気に3塁に進むと、1アウト1,3塁から梅野が初球右打ちでファウルの後、2球目を今度は引っ張り込んで三塁線を破るタイムリー2塁打でタイガース先制!さらに5回、1アウトから連打で1,2塁のチャンスを作ると、大山のレフト前タイムリーで2点目。古巣との初対戦となった歳内はここでKO。

6回、先頭・梅野がイニングまたぎの梅野から外角高めのストレートを弾き返すと、ライトポール直撃の技アリの一発で3-0!そして7回、西が最大のピンチ。先頭・村上をフルカウントから四球を出すと、続く青木のファーストゴロ併殺コース。1,2塁間に村上を挟みますがアウトにできず1塁に帰塁させていまいました。この後、1アウト満塁の大ピンチを迎えますが、西浦を5-5-3のゲッツーに抑えてガッツポーズ!ワンバウンド送球になりましたが、ボーアもよくすくいました。

7回、先頭・糸原のショートゴロを西浦が弾きエラー。1アウトから代走・植田が盗塁を決めると、大山がセンターフェンス直撃のタイムリー2塁打で今日は4打数4安打の大当たり!西は8回まで投げ抜いて121球の熱投で3年連続の2ケタ勝利!8回、左の久保が登板。先頭・小幡がレフト前ヒットで出塁すると、代打・井上がファウルで粘りながら右中間オーバーのタイムリー2塁打!8打席目でプロ初安打&初打点をマーク!4回から毎回1得点で久々の快勝!

「すごく投げやすかった。梅野と2人で最後まで全力で頑張りたいです。」by 西
「起爆剤になるような明日につながるゲームができた。明日も勝つバイ!」by 梅野
「阪神タイガースを日本一に導けるように頑張ります。」by 井上
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大山 梅野 西勇[勝] 井上
糸原  
   
サンズ 小幡 植田
近本 糸井 ボーア 島田
  中谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 板山祐太郎外野手(初昇格。2軍で打撃好調を買われ出場機会をうかがう。)
OUT 荒木郁也内野手(糸原のコロナ復帰に伴い抹消。打撃面が課題。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

原口、値千金の逆転打もサヨナラ負け。球児1軍合流。

201015中日○5x-3●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:高橋

今日の先発は岩田(中7日)、中日・松葉。原口が10月4日以来のスタメンマスク。初回、先頭・大島がファーストへの当たりに岩田のベースカバーが少し遅れて内野安打となると、1アウト2塁からアルモンテのライト前ヒット。打球が速いうえに不規則な回転もかかっており、井上が後逸する間にドラゴンズ先制。この後、2アウト満塁のピンチをしのぎました。

2回、1アウトからボーアが片手でセンターフェンス直撃の2塁打。続く原口の三遊間を破るヒットながら、スタートが遅れたボーアが2塁ベースに止まってしまいました。高橋が打球に飛び込んだ分、三塁ベースが空いていただけに残念。これが響いて無得点。4回、1アウト2塁からピッチャーの松葉に2打席連続ヒットとなるレフト前ヒットを許した所で岩田KO。しかし代わった岩貞が大島にセンター右へ落とされるタイムリー2塁打で2点目。

2点ビハインドの5回から藤浪が登板。先頭バッターを四球で出しながらシエラをサードゴロ併殺に抑えました。イニングまたぎをするとこれまで失点続きでしたが、6回も続投して2アウト1,3塁のピンチを抑えて初の無失点。7回は岩崎が濃厚接触者の自粛から復帰後初登板。3人で抑えてくれました。

8回、ドラゴンズは祖父江。1アウトからサンズが左中間を破る2塁打で2,3塁のチャンス。続く大山が四球を選んで満塁とすると、ボーアのファーストゴロの間に1点。25イニングぶりの得点が入りました。さらに原口がセンター前への2点タイムリーで逆転!そのウラ、エドワーズが2アウト3塁のピンチを抑えて、今日から球児が1軍合流しておりセーブ機会に登板するかどうか注目が集まりました。

1点リードの9回はスアレス。2アウトランナーなしからなら登板の可能性もありました。しかし1アウトから1,2塁のピンチを背負うと、ビシエドのセカンドライナーで一気にゲッツーを狙った植田ですが、2塁へまさかの悪送球。ランナーがそれぞれ進塁して2アウト2,3塁の大ピンチ。ここで高橋が159キロのストレートを弾き返してレフトポール際への逆転サヨナラ3ランを喫してしまいました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
原口 岩崎(4) エドワーズ[H](5)
  熊谷
糸原  
大山 ボーア 島田 岩貞(2) 藤浪(3)
近本 サンズ 岩田 中谷 梅野
井上 小幡 植田 スアレス[負](6)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
試合後、ナゴヤドーム今季最終戦を終えた球児がグラウンドに登場。オーロラビジョンにメッセージが表示される中、現役時代に数多く対戦した荒木コーチから花束が贈呈。グラウンド一周した際にドラゴンズファンからマスク越しに球児コールが起こりました。

15日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 藤川球児投手(再昇格。残り1ヶ月は1軍に帯同し最終章が始まる。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

井上、1軍デビュー戦は無安打。天敵大野に完封負け。

201014中日○3-0●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:阿部

サンテレビで完全中継。今日の先発は青柳(中7日)、中日・大野雄。糸原が1軍合流して即スタメン。ドラフト2位ルーキー井上も7番ライトで先発出場。2回、2アウト1塁で井上のプロ初打席が回りますが、大野も長打を警戒して全球フォーク勝負に屈して空振り三振。そのウラ、連打でノーアウト2,3塁のピンチを背負うと、阿部のショートゴロの間にドラゴンズ先制。

3回、1アウト1塁から京田がピッチャー前へセーフティバント。青柳が意図的にワンバウンド送球させて進塁打の形になりますが、2アウト2塁からアルモンテがレフト前タイムリーを放ち2点目。

7回、先頭・遠藤がレフト線への2塁打。木下拓に死球でノーアウト1,2塁のピンチを背負いますが、大野がスリーバント失敗。この後、大島には四球で1アウト満塁から京田のファーストへの当たりをボーアがダイビングキャッチ!アウト1個とる間に決定的な3点目が入りました。青柳は7回3失点、101球で降板。最近の中では内容が良かった。

9回、完封ペースの大野。2アウトから大山がファウルで粘って、詰まりながらセカンド後方へ落とすヒット。続くボーアがライトオーバーのシングルヒットで1,3塁のチャンスを作りますが、梅野がボテボテのピッチャーゴロに倒れてゲームセット。またも大野から点を取れず、2試合連続完封負けで完敗。ついに3位転落です。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  原口
大山 ボーア 青柳[負] 伊藤和(2)
   
近本  
糸原 サンズ 梅野 井上
小幡
 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
14日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 糸原健斗内野手(再昇格。陽性反応から復帰。試合で取り返したい。)
IN 井上広大外野手(初昇格。2軍で結果を残して19歳が早くもデビュー。)
OUT 高橋遥人投手(完投から一転疲労が抜けず。先発を1回飛ばすことに。)
OUT 北條史也内野手(昨日ぎっくり腰を発症。セカンドを守り続けた。)
OUT 高山俊外野手(集団感染による緊急合流も打撃面で結果を残せず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

藤浪、自己新の161キロに観客どよめき。試合は完敗。

201013中日○4-2●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:アルモンテ

サンテレビで完全中継。今日の先発は高橋遥(中7日)、中日・勝野。試合前に北條がぎっくり腰を発症して、小幡がプロ初の2番起用。植田が8月20日以来のスタメン。初回、1アウトから小幡がライト線への3塁打で出塁すると、2アウトから大山が初球をレフトスタンドへ放り込む一発でタイガース先制!26号でついに単独トップに浮上しました。

そのウラ、連打でノーアウト2,3塁のピンチを背負うと、アルモンテのセカンドゴロの間に1失点。さらにビシエドに右中間へのタイムリー2塁打を許して2-2の同点。3回、先頭・京田にストレートの四球を出すと、アルモンテのセンター前への当たりを捕りに行った近本の足に当たって大きく弾いてしまい、タイムリー2塁打でドラゴンズ勝ち越し。今日の高橋遥は球が走らずストレートが130キロ前半の時もあり、苦しいピッチング。

5回、先頭・坂本がライト前ヒットで出塁すると、植田が送りバント成功。ここで高橋遥に代打・高山で勝負に出ますが、空振り三振で無得点。そのウラ、岩貞がコロナウイルスからの復帰マウンド。2アウト1塁からビシエドにレフト線へタイムリー2塁打を許して痛い4点目。

6回、2アウトから大山がレフト前ヒットで出塁。ここで暴投の隙をついて2塁を狙うと、木下拓の悪送球も重なって3塁へ。しかしサンズが空振り三振に倒れて無得点。そのウラ、桑原が登板。2アウト2塁となった所で能見にスイッチ。代打・井領の1,2塁間を破りそうな当たりをボーアがダイビングキャッチ!

2点ビハインドの7回は藤浪が登板。先頭・大島に160キロが出て場内が盛り上がると、アルモンテには外角ストレートが自己最速を更新する161キロが出てさらに盛り上がりました。制球がばらつきながら3人で抑えてくれました。8回、ドラゴンズは祖父江が登板。2アウトから1,3塁のチャンスを作りますが、大山が内角ストレートに空振り三振に倒れて万事休す。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大山  
小幡 藤浪(5) エドワーズ(6)
  桑原(3) 能見(4)
植田  
近本 糸井 ボーア 坂本 梅野 島田 原口
サンズ 高橋遥[負] 高山 岩貞(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩貞祐太投手(再昇格。陽性反応から復帰。試合で取り返したい。)
IN 岩崎優投手(再昇格。濃厚接触による自粛から復帰で再び8回を担う。)
OUT 中田賢一投手(今回はリリーフ要員も登板機会なく降格。)
OUT 長坂拳弥捕手(捕手4人制の解消。リリーフ陣の再整備のため。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

大山、逆転弾でキングに並ぶ。160キロリレーで圧倒!

201011阪神○4-3●DeNA(甲子園
勝利打点:大山⑪

朝日放送で完全中継。今日の先発は秋山(中6日)、DeNA・上茶谷。初回、1アウトからソトがレフトフェンス直撃のシングルヒットを放ちますが、オースティンをショートゴロ併殺。そのウラ、先頭・近本が四球で出塁しますが、糸井のショートゴロ併殺で両チームが揃ってゲッツーの立ち上がり。しかし2回、佐野がライトスタンドへ放り込む一発でベイスターズ先制。

そのウラ、先頭・大山が左中間への2塁打を放つと、サンズが二遊間を破るタイムリーで同点!さらにボーアのライト前ヒットでノーアウト1,3塁のチャンスを作ると、梅野のライト線への犠牲フライかと思われた打球をオースティンが落球で勝ち越し!なおノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、小幡のレフト前ヒットを2塁ランナーのボーアが目測を誤って帰塁してしまい珍しいレフトゴロ。申告敬遠で2アウト満塁となりますが、北條が空振り三振に倒れて三者残塁。

4回、1アウトからオースティンがレフトスタンドへ放り込む3試合連続アーチで同点。さらに5回、先頭・ロペスがカウント3-0から打っていきレフトポール直撃の一発で勝ち越し。この後、1アウト1塁から戸柱のファーストゴロ併殺で1塁セーフの判定でしたが、矢野監督のリクエスト成功でゲッツー完成!そのウラ、先頭・北條がフルカウントから四球を選ぶと、1アウトから大山が内寄りに入ったスライダーをとらえてレフトスタンドへの25号2ランで逆転!

6回、1アウトを取った所で62球の秋山を早めの降板。打たれているソト、オースティンに対して変則右腕の桑原を投入。得意のスライダーで芯を外して19年4月以来のホールド。1点リードのまま8回は藤浪。先頭・大和へ160キロを出した所で場内が大歓声に包まれますが、次の球が頭上を通過するとんでもない暴投でどよめき。制球はばらついてましたが結果的には3人で抑えるナイスリリーフ。最終回はスアレスが負けじと球団最速タイの161キロをマーク。ソト、オースティンを何とか抑えてゲームセット!

「この一本で勝つ事ができて大きな一本だったと思います。」by 大山
「言われたところで投げるのが仕事。アリガトウゴザイマス。」by スアレス
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大山 桑原[H](2) エドワーズ[H](3) 藤浪[H](4)
スアレス[S](5)
   
小幡 秋山[勝]  
近本 サンズ 梅野  
北條 糸井 ボーア 植田 島田 荒木 中谷
  長坂
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

ガンケル、6回続投が裏目。拙攻響き3被弾で逆転負け。

201010阪神●3-5○DeNA(甲子園
勝利打点:ソト

NHK総合で中継。今日の先発はガンケル(中6日※スライド)、DeNA・濵口。ベンチ入りできる外国人枠の関係でボーアがベンチ外となり、原口がファーストでスタメン。初回、ノーアウト1塁から北條のサードゴロを宮崎がファンブルして1,2塁のチャンスを作ると、糸井のセンター前タイムリーでタイガース先制!さらに大山も連続タイムリーで2点目を挙げますが、後続が凡退。

2回、先頭・小幡がフルカウントから四球を選ぶと、ガンケルは送りバントの構えをしていましたが初球をかするような死球でノーアウト1,2塁のチャンス。近本もストレートの四球でノーアウト満塁のチャンスとしますが、北條がボテボテのピッチャーゴロ。ここで早くもラミレス監督が進藤にスイッチすると、これが決まって糸井大山が連続三振に倒れてまさかの無得点。

3回、2アウトからオースティンが台風による追い風に乗って右中間スタンド中段への特大アーチ。そして4回にはソトが左中間スタンドへ放り込む一発で2-2の同点。そのウラ、先頭・ガンケルがセンター前ヒットで出塁すると、近本がフルカウントから四球を選んでノーアウト1,2塁のチャンス。ただ北條が送りバント失敗で三塁ホースアウト。2アウトから大山が1,2塁間を破るタイムリーで3-2と勝ち越し!

5回、ノーアウト1塁から柴田のショートゴロを小幡が回り込めずファンブル。ここでオースティンが内角のツーシームをレフト前へ弾き返すタイムリーで同点。そのウラ、2アウトランナーなしでガンケルを打席に立たせて6回も続投させますが、先頭・ソトにレフトポール際へ2打席連続の一発を浴びて勝ち越し。そのウラ、近本がショート内野安打で出塁したかに見えましたが、ラミレス監督のリクエスト成功で一転アウト。

1点差の7回はエドワーズが登板。先頭・梶谷にレフト前ヒットを許すと、1アウト2塁からオースティンのファーストゴロが不規則な回転がかかっており、強烈なイレギュラーで原口が逆を突かれる形で後ろに抜かれてしまいタイムリー。点差が2点に開きましたが、8回は藤浪が登板。2アウトから大和が四球を選ぶと、初球スチールでリズムが崩れました。1,2塁のピンチでしたが、代打・楠本をセンターフライでしのぐのがやっと。5回以降は打線が1安打と沈黙したタイガース。序盤の拙攻が響きました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本  
大山 サンズ 桑原(5)
   
糸井 熊谷 藤浪(3)
坂本 小幡 ガンケル[負] 梅野 中谷 能見(4)
北條 原口 エドワーズ(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

西、好相性のマツダで快投!助っ人連続弾で大勝!

201008広島●1-9○阪神(マツダ
勝利打点:北條②

サンテレビで完全中継。今日の先発は西(中5日)、広島・野村。初回、先頭・近本がレフト前ヒットで出塁すると、エンドランがかかった場面で北條がレフトスタンドへ放り込む2号2ランでタイガース先制!

4回、2アウトまでパーフェクトに抑えていた西。鈴木誠のショートゴロを小幡がわずかに遅れて内野安打。ここで西が牽制で刺してタッチアウト。佐々岡監督はリクエスト失敗。

5回、2アウトから近本がショートへの内野安打で出塁すると、すかさず盗塁成功。北條へは死球で1,2塁のチャンスを作ると、糸井のライト前タイムリーで3点目!さらに鈴木誠のバックホームが高めにそれる間にランナーがそれぞれ進塁しますが、大山が見逃し三振に倒れて追加点ならず。

6回、先頭・サンズがレフトスタンドへ放り込み9月11日以来の一発が飛び出すと、続くボーアも打った瞬間とわかるライトスタンドへの一発!来日初の2者連続助っ人アーチが飛び出しました。さらに梅野小幡の連打でノーアウト1,3塁のチャンスを作ると、ピッチャーの西自らライト線へのタイムリーでダメ押し!5連打を浴びた野村がKOされ、代わった一岡から近本もヒットで6連打。1アウト満塁から糸井のセンター前タイムリー、大山もセンター前タイムリー!サンズのセカンドゴロ併殺コースでしたが、矢野監督のリクエスト成功でゲッツー崩れの間に9-0!

8回、ここまで2安打ピッチングの西。1アウトから1,3塁のピンチを背負うと、上本のレフト前タイムリーの間に1点を返されました。途中で足を気にする姿もありましたが、投げきって112球で降板。緩急を織り交ぜてカープ打線から今季最多の12奪三振の快投で9勝目。今年の規定投球回(120回)もクリアしました。最終回は1軍合流の伊藤和が3人で抑えてゲームセット!

「長いイニングを投げれるように上がりました。新しい引き出しもできました。」by 西
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 梅野 西勇[勝]  
北條 糸井 サンズ ボーア 中谷
大山 伊藤和(2)
小幡  
  高山 島田 植田 熊谷 坂本
  荒木
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
8日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 中田賢一投手(再昇格。今回はロングリリーフ要員で合流。)
IN 伊藤和雄投手(再昇格。13連戦で苦しむリリーフ陣を助けたい。)
OUT 石井将希投手(プロ初登板はほろ苦い内容。2軍で経験を積む。)
OUT 齋藤友貴哉投手(集団感染で緊急昇格してからは安定感を欠いた。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月 7日 (水)

岩田、勝利投手まであと1人で逆転KO。連戦続き投壊。

201007広島○9-3●阪神(マツダ
勝利打点:会澤

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中5日)、広島・遠藤。梅野が4試合ぶりのスタメンマスク。2回、先頭・ボーアのマウンド付近への打球を松山が落球。続く梅野がレフト線への2塁打でノーアウト2,3塁のチャンスを作ると、小幡がセンターオーバーの当たり。宇草がグラブに当てながら落としてしまい2点2塁打でタイガース先制!さらに1アウト1,3塁で北條がセーフティスクイズを試みますが、小幡がホームタッチアウト。

そのウラ、四球・死球でノーアウト1,2塁のピンチを背負った岩田。ここで長野のセンター前タイムリーで1点を返されると、続く堂林にもフルカウントからレフト前タイムリーを許して2-2の同点。まだノーアウトでしたが菊池のショートゴロ併殺で持ちこたえました。3回、1アウトからサンズが詰まりながらレフト前ヒットを放ち、30打席ぶりのヒット。ボーアが四球でつなぐと、1,2塁から梅野のレフト前タイムリーで3-2と勝ち越し!この後、満塁のチャンスでしたが追加点ならず。

5回、先頭・宇草にレフト前ヒットを許しますが、田中が送りバント失敗。鈴木誠に四球を出しながら、2アウト1,2塁までこぎつけましたが、会澤にライト線を破られて2点2塁打でカープが逆転。勝利投手の権利まであと1人としながら岩田が逆転KO。代わった谷川が2アウト1,3塁から堂林にレフト前タイムリーを許して3-5。

7回は齋藤が登板しますが、先頭・松山が右中間フェンス直撃の3塁打。1アウトから長野のライト前タイムリーで1点を許すと、2アウトから菊池がボテボテの内野安打。さらに暴投で2,3塁とされると、途中出場の大盛に四球を出して満塁。ここで代打・坂倉にライトへの2点タイムリーを許して8点目。8回は石井がプロ初登板。2アウト1,2塁から堂林にレフト前タイムリーを許してしまいました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
梅野 小幡  
北條 長坂 能見(3)
サンズ ボーア  
糸井 岩田[負] 谷川(2)
近本 大山 齋藤(4) 石井(5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月 6日 (火)

原口、空中イレギュラーを誘う同点劇。逃げ切れずドロー。

201006広島△4-4△阪神(マツダ

サンテレビで完全中継。今日の先発は青柳(中5日)、広島・九里。小幡をプロ初の1番に起用し、近本を3番に入れてきました。3回、2アウトから田中にフルカウントから四球を出すと、鈴木誠の打球がピッチャー青柳の左ひざに直撃。大きく跳ねてライト線へ転がる間に1塁から田中が一気にホームインしてカープ先制。

6回、先頭・小幡のボテボテの当たりがショートへの内野安打。北條が送りバントを決めると、近本がフルカウントから1塁線への当たり。松山が後ろに守っていましたがバウンド合わず後逸。この間に同点のホームイン!さらに1,2塁のチャンスでしたが、サンズ糸井が倒れて勝ち越しならず。青柳は6回1失点、107球で代打を送られました。

7回は桑原が登板。1アウトから代打・大盛が右中間スタンドへの一発でカープ勝ち越し。さらに宇草、田中への連続四球で1,2塁のピンチを背負うと、2アウトから松山がレフト前タイムリーで3点目。ここで能見にスイッチ。坂倉を空振り三振に抑えてくれました。8回、カープはケムナが登板。先頭・北條が四球を選ぶと、2アウトからサンズ糸井に連続四球で満塁のチャンス。ここで代打・原口がサードへのハーフライナーかと思われましたが、打球に不規則な回転がかかっており三好が捕れず2点タイムリーで同点!

9回、フランスアとの勝負。1アウトから小幡がレフト前ヒットで出塁すると、北條のファースト後方へのフライを林が落球。1,2塁のチャンスで近本に回りましたが、セカンド正面へのゲッツーで万事休す。そのウラ、藤浪が登板。最速159キロのストレートで三人に抑えて延長戦へ。

10回は左の塹江が登板。先頭・大山が四球を選ぶと、代走・植田で勝負。パスボールで2塁に進むと、島田の送りバント成功で1アウト3塁。ここで途中出場の熊谷が二遊間を破るタイムリーで勝ち越し!さらに盗塁も決めましたが追加点ならず。

そのウラ、スアレスが登板。1アウトから代打・長野のボテボテのセカンドゴロを北條が1塁へワンバウンド送球。途中出場の中谷が捕れず内野安打に。続く坂倉のライト前ヒットを島田が後ろに逸らしてしまい、2,3塁のピンチ。代打・会澤を申告敬遠で満塁策を取りますが、堂林の叩き付けたショートゴロを前進守備の小幡が背走キャッチしながら2塁ホースアウト。この間に追いつかれました。一打サヨナラのピンチで代打・菊池がサードファウルフライ、カメラマン席に入りそうなフライを熊谷が捕ってゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
北條 青柳 原口 熊谷 エドワーズ[H](4) 藤浪[H](5)
小幡 能見(3)
   
大山 サンズ 糸井 島田 植田
ボーア 坂本 荒木 梅野 中谷 長坂 スアレス(6)
近本 高山 桑原(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

高橋遥、自己最多の14Kでプロ初完投!巨人に一矢。

201005阪神○6-1●巨人(甲子園
勝利打点:大山⑩

BS朝日で完全中継。今日の先発は高橋遥(中5日)、巨人・桜井。不振のサンズボーアが揃って欠場となり、今季初の純国産打線で挑みました。大山は8月19日以来の4番復帰。初回、先頭・吉川尚に初球センター前ヒットを許しますが、松原をピッチャーゴロ併殺に抑えて無失点の立ち上がり。そのウラ、2アウト1,3塁で今季初のファーストでのスタメン起用の原口に期待がかかりますが空振り三振。

4回、1アウト1塁から坂本が右中間オーバーのタイムリー2塁打。打った坂本も送球間で3塁を狙いましたがタッチアウトの判定。原監督のリクエストも判定変わらず。そのウラ、先頭・大山がレフト前ヒットを放つと、原口もレフト線への2塁打でノーアウト2,3塁のチャンス。ここでワンバウンドの変化球を大城がパスボール。この間に同点に追いつきましたが勝ち越せず。

5回、2アウトのフルカウントから糸井が四球を選ぶと、大山が高めに入ったストレートを豪快に振り抜きバックスクリーンへ放り込む24号2ランで勝ち越し!ついにタイトル争いで岡本に並びました。6回は宮国が登板しますが、2アウト2塁から高橋遥自ら二遊間を破るタイムリー!さらに近本も左中間オーバーの長打で1塁から高橋遥が一気にホームイン!

7回、先頭・糸井がフルカウントから四球を選ぶと、大山もレフト前ヒットでつないで猛打賞。ノーアウト1,2塁で途中出場の荒木はバント失敗でサードホースアウト。しかし続く高山が右中間へのタイムリー2塁打で6-1!さらに荒木高山のダブルスチールが決まって1アウト2,3塁のチャンスを作りましたが追加点ならず。

8回を投げて99球の高橋遥が9回のマウンドへ。最終回は3人で抑えてプロ初完投!今日は150キロ台のストレートは影を潜めて、カットボールやカーブを混ぜながら変化球を中心にした坂本のリードがはまりました。自己最多の14奪三振、無四球完投が新しい投球スタイルを見出す勝利になりそう。

「カーブとか使っていい感じで抑えれました。打撃は自分を褒めてあげたい。」by 高橋遥
「最高です。僕たちはしっかり勝っていって諦めてない。」by 近本
「白板に書いてあるんで言われてない。チームが勝てるように頑張りました。」by 大山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 大山 高橋遥[勝]  
坂本  
糸井 島田
原口 高山 小幡  
  荒木 植田
北條  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
5日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 石井将希投手(初昇格。2軍で実績を積んで支配下登録を勝ち取った。)
OUT 横山雄哉投手(1軍復帰戦は結果を残せず。再びチャンスを狙う。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

サンズ&ボーアが揃ってブレーキ。拙攻13残塁で完敗。

201004阪神●1-7○巨人(甲子園
勝利打点:丸

朝日放送で中継。今日の先発は秋山(中6日)、巨人・戸郷。初回、2アウト満塁のチャンスを作りましたが、ボーアがファーストゴロに倒れて三者残塁。2回、先頭・岡本はライトフェンス際で浜風に押し戻されてアウトに倒れますが、続く丸がバックスクリーン左へ放り込んでジャイアンツ先制。さらに3回、2アウトから吉川尚が盗塁成功。松原のセンター前ヒットでチャージした近本が後逸する間に2点目。

そのウラ、先頭・北條が左中間への当たりに2塁を陥れる好走塁。ここから連続四球でノーアウト満塁のチャンスを作ると、大山にもフルカウントから四球を出して押し出し。トレーナーもマウンドに行って状態が心配される中、71球の戸郷を早くも諦めて左の大江にスイッチ。ボーアが空振り三振に倒れると、原口は初球をファーストファウルフライ。続く小幡も空振り三振に倒れて三者残塁。

5回、ジャイアンツは鍵谷が登板。先頭・糸井が左中間への2塁打で出塁すると、1アウトから大山ボーアが連続四球を選んで満塁のチャンス。ここで原口がまたもファーストファウルフライ。続く小幡は初球打ちもピッチャーゴロに倒れて三者残塁。早くも3度の満塁機をつぶして嫌な流れに。先発の秋山も5回87球で降板し、流れを変えるべくバッテリーごと交代させました。

1点差の6回から藤浪梅野のバッテリー。シュート回転が激しく、連打で1アウト1,3塁のピンチを背負いましたが、丸を空振り三振。続くウィーラーも147キロフォークで空振り三振に抑えてピンチ脱出!しかし7回、1アウト1,3塁から吉川尚に右中間を破るタイムリー2塁打で痛い3点目。中継プレーの連係ミスで2塁ベースががら空きになって、吉川尚が楽々2塁まで進んだのが気になりました。続く松原にセンター前へ2点タイムリーを許し、4連打を浴びて藤浪KO。

9回は横山が肩の手術を乗り越えて17年4月以来の1軍マウンド。先頭・増田大に四球を許すと、途中出場の若林にレフトスタンドへ放り込まれる2ランでダメ押し。そのウラ、先頭・近本がライト前ヒットで出塁すると、北條もヒットで続いて初の猛打賞。1アウトから前の打席に死球こそ受けましたが、24打席ノーヒットのサンズに代打・高山。ただファーストファウルフライに倒れました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井  
北條 大山 齋藤(4)
秋山[負] 坂本 谷川(3)
   
近本 サンズ 高山
ボーア 原口 小幡 梅野 藤浪(2) 横山(5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
4日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 横山雄哉投手(初昇格。支配下登録され復活の1軍マウンド。)
OUT 望月惇志投手(苦しいブルペン事情の中、制球が安定せず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

近本、9回追撃弾も及ばず。巨人戦9年連続負け越し。

201003阪神●4-7○巨人(甲子園
勝利打点:丸

毎日放送で中継。今日の先発はガンケル(中6日)、巨人・畠。昨日からさらに収容制限が緩和されて今季最多の20,064人が来場。2回、先頭・サンズがストレートの四球で出塁。1アウトからボーアがとらえたかに見えましたが、浜風に押し戻されてライトフライ。2アウトからサンズが意表をついて盗塁を決めると悪送球で3塁へ。しかし梅野が空振り三振に倒れて無得点。

4回、先頭・坂本が右中間を破る2塁打を放つと、1アウト3塁から丸がレフト線へのタイムリー2塁打を放ちジャイアンツ先制。さらに5回、吉川尚がカウント0-2と追い込んでから内角スライダーをライトスタンドへ放り込み2点目。そのウラ、2アウトから近本がレフト前ヒットで出塁。続く北條がセンターフェンス直撃の当たりに近本が一気にホームを狙いましたが間一髪アウト。矢野監督のリクエストも判定変わらず。

6回、先頭・岡本がセンター前ヒット。この後、ランナーが入れ替わった丸に対して牽制が際どいタイミングでセーフ。矢野監督が今日2度目のリクエストを要求しますが判定変わらず。さらに盗塁を決められると、1アウト1,2塁から大城にライトスタンドへ放り込まれる3ランで0-5。結果的にはガンケルの6回続投が裏目に出ました。今日は初めて100球を超えて105球で降板。そのウラ、1アウト1,3塁のチャンスでジャイアンツは左の大江にスイッチ。最後は梅野の右中間を破りそうな当たりでしたが、松原のスライディングキャッチに阻まれました。

8回、望月が登板。先頭・大城に四球を出すと今日は制球が定まらず、1アウト満塁のピンチを背負った所で谷川にスイッチ。松原のファーストゴロはボーアが体勢を崩しながらバックホームが決まってアウト。しかし坂本に猛打賞となるレフト前へ2点タイムリーを許して0-7。さらに岡本の手首付近に死球を出してしまい嫌な空気に。

9回、ジャイアンツは堀岡が登板。先頭・大山がライトフェンス直撃の2塁打を放つと、1アウト1,2塁から代打・高山が右中間を破るタイムリー2塁打でようやく1点を返しました。ここで宮國にスイッチすると、代打・原口は空振り三振で2アウト。しかし近本が10球粘って高めストレートを叩いてライトポール際へ放り込む9号3ランで4-7まで反撃!たまらず原監督がデラロサを投入。ブルペンが混乱して間違って中川が出てきました。北條がマウンド付近へ高々と打ち上げた当たりをファーストとサードが交錯。ボールがグラブからこぼれましたが、田中俊の右脇に挟まる珍プレー。審判団が集まってアウトの判定となりゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 高山
   
北條 サンズ 大山  
ボーア 能見(2)
糸井 ガンケル[負] 中谷 荒木 島田 谷川(4)
梅野 小幡 原口 望月(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

西、8回1失点の快投で巨人に3連勝!直接対決で先手。

201002阪神○4-1●巨人(甲子園
勝利打点:大山⑨

BS1で完全中継。今日の先発は西(中6日)、巨人・今村。12.5ゲーム差で迎えた首位攻防4連戦。甲子園の観客制限が緩和されて今季最多の15,109人。初回、1アウトから連打で1,2塁のピンチを背負った西ですが、岡本をサードゴロ併殺に抑えて無失点の立ち上がり。1500投球回を達成しました。2回、先頭・大山が初球のフォークをジャストミートし、打った瞬間とわかるレフトスタンドへの23号ソロでタイガース先制!

3回、先頭・近本の左ひじ付近に死球で声が聞こえてきました。続く北條の送りバントで1アウト2塁のチャンスを作りますが無得点。2アウトからサンズがカウント3-0から打っていき、左中間深くへのフライ。4試合連続ノーヒットで16打席音無し。

5回、先頭・小幡が地面スレスレの落ちる球をバットコントロールでセンター前へ落とすヒット。西が送りバントを決めると、ここで近本が意表を突いて初球を三塁線へ転がすセーフティバントが決まって内野安打。北條が四球を選んで満塁のチャンスを作ると、好調の糸井が詰まりながらセンター前へ落とす2点タイムリーで貴重な追加点!ここでジャイアンツは宮國にスイッチ。大山がカウント3-0からとらえたかに見えましたが惜しくもセンターフライ。

8回、好投の西ですが、ウィーラーにレフトポール際中段まで飛ばす一発を許して1失点。前の打席もミスショットでしたがスライダーが抜けて甘く入っていたのでやられました。それでも8回1失点、107球で8勝目。そのウラ、1アウトから代打・高山がライト線への2塁打を放つと、近本が2度目のセーフティバントも成功!さらに岡本の悪送球を誘って代走・植田が4点目のホームイン!最終回はスアレスが3人で抑えてゲームセット!

「今日のホームランも感触よかったです。一本一本頑張ります。」by 大山
「こんなに心強いと思わなかった。ファンの皆様に面白いゲームを提供したい。」by 西
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 糸井 小幡 西勇[勝] スアレス[S](2)
大山 高山
北條 島田
ボーア 植田
梅野 中谷
サンズ  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年10月 1日 (木)

岩田、454日ぶり勝利!藤浪の160キロに大盛り上がり。

201001阪神○2-0●中日(甲子園
勝利打点:なし

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田、中日・ロドリゲス。梅野が右わき腹痛から復帰後初のスタメンマスク。2回、四球2つで1アウト1,2塁のチャンスを作りましたが無得点。岩田は3回パーフェクトで苦手の立ち上がりを抑えてくれました。

4回、先頭・大島がレフト前ヒットを放ちチーム初ヒット。さらに意表を突かれて盗塁成功。ノーアウト2塁のピンチでしたが、京田の右中間へのフライに大島が飛び出しており戻れずゲッツー。そのウラ、先頭・糸井が詰まりながらレフト線へ落とすこちらもチーム初ヒット。ただクリーンアップが三者連続三振に倒れて無得点。

5回、2アウトから阿部のショートゴロを小幡がファンブル。堂上もヒットで1,2塁のピンチでしたが、木下拓をサードゴロに抑えてピンチ脱出!6回、先頭・近本がライト前ヒットで出塁すると、初球スチール成功!ここで北條のショートゴロで近本が3塁を狙い暴走気味でしたが、京田の送球がそれてオールセーフ!ノーアウト2,3塁から糸井が11球粘りましたが空振り三振。2アウトまで行きましたが、大山の打席でロドリゲスが外角へ暴投してしまい、この間に近本が先制のホームイン!

7回、先頭・アルモンテにセンター前ヒットを許しますが、4番に入ったシエラがセカンドゴロ併殺。2アウトから高橋にピッチャーのグラブを弾く内野安打を出した所で100球の岩田が降板。代わったエドワーズが阿部を空振り三振に抑えてくれました。そのウラ、ドラゴンズは福が登板。1アウトから梅野が左中間スタンドへの一発で貴重な追加点。

2点リードの8回は藤浪。1アウトから木下拓の打席で自己最速タイの160キロを連発!場内が盛り上がりました。二遊間を破りそうな当たりでしたが、北條のジャンピングスローが決まってアウト。さらに代打・井領にも3球160キロが飛び出すと、最後はフォークで空振り三振!最終回はスアレス。最後は小幡のダイビングキャッチが決まってゲームセット!

「消えそうで消えないマジック岩田稔。まだまだ頑張ります!」by 岩田
「1年目から受けさせてもらっているピッチャー。明日も勝つバーイ!!」by 梅野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
梅野 岩田[勝] 藤浪[H](3) スアレス[S](4)
  エドワーズ[H](2)
近本 糸井  
北條  
大山 ボーア 原口 植田 島田
サンズ 小幡  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
1日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩田稔投手(再昇格。チームのコロナ特例措置で9日で1軍マウンド。)
OUT 尾仲祐哉投手(緊急合流も登板機会なし。ブルペンの再構築を優先。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »