« 高橋遥、中5日で巨人戦投入も及ばず。甲子園に秋風。 | トップページ | 小川、2球連続の暴投で2失点。自力V消滅の危機。 »

2020年9月 8日 (火)

ガルシア、急変で7点リード守れず。痛すぎるドロー。

200908DeNA△7-7△阪神(横浜

BS1で完全中継。テレビ大阪でも中継。今日の先発はガルシア(中5日)、DeNA・坂本。中谷が3番ライトで8月19日以来のスタメン。初回、先頭・近本糸原の連打でノーアウト1,3塁のチャンス。1アウトからサンズが四球を選んで満塁とすると、大山がライトスタンドへ放り込む16号満塁ホームランで4点先制!するとラミレス監督が2回からキャッチャーを戸柱に代えてきました。

3回、2アウトからサンズがレフトフェンス直撃のシングルヒットを放つと、大山がバックスクリーンへ放り込む2打席連続アーチで6-0!この後、満塁のチャンスを作りましたが、ガルシアが空振り三振に倒れて三者残塁。さらに5回、先頭・サンズがライトポール際へ放り込む一発で7点目。ドラフト2位ルーキー坂本は5回7失点でマウンドを降りました。

6回、不振の山崎康が大差の展開で登板して三者凡退。これが流れを変えたのか、ガルシアが急変。連続四球でノーアウト1,2塁からソトにバットを折りながらレフト線へのタイムリー2塁打で反撃。続く佐野に甘く入った初球スライダーをライトスタンドへ放り込まれる3ランであっという間に7-4。ブルペンの投入が遅れてしまい、4連打でノーアウト1,2塁となり能見にスイッチ。戸柱は進塁打の形で1アウトを取りますが、代打・中井に詰まりながらライト線へ落とすタイムリー。さらに代打・神里に死球を与えて満塁になった所で交代。

1アウト満塁で岩貞がマウンドに上がりますが、梶谷への初球を坂本がパスボールしてもう1点差。ベースカバーに入った岩貞の右足とランナーが交錯しますが続投。2アウト2,3塁から大和を追い込んでからセンター前タイムリーでついに7-7の同点。さらに2塁ランナーもホームに狙いますが、今日は近本のバックホームが決まってアウト!ラミレス監督のリクエストも判定変わらず。

7回、先頭・糸原のファーストゴロで間一髪アウトの判定に矢野監督がリクエスト失敗。2アウトからサンズが四球を選んで、大山がカウント3-0から打っていきますがショートフライ。岩貞がイニングまたぎし、糸原のファインプレーでゲッツーもあり無失点でつなぎました。8回、先頭・ボーアが猛打賞となるヒットで代走・植田。2アウト2塁となった所で代打・陽川をコールすると、ベイスターズもパットンにスイッチ。ここで代打の代打・糸井がサードファウルフライに倒れて勝ち越せず。

9回、抑えの三嶋との勝負。先頭・近本が四球で出塁しますが、糸原が痛恨のバントフライ。ここで代打・福留が8球粘りますが空振り三振。スタートを切っていた近本がタッチをかいくぐって盗塁を決めますが、サンズがセンターフライに倒れて無得点。そのウラ、スアレスが10球で片づけて延長戦へ。10回もイニングまたぎで投げてもらい負けに等しいドロー。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 サンズ 大山 岩貞(3) スアレス(5)
ボーア 岩崎[H](4)
糸原  
坂本 能見(2)
木浪 ガルシア 植田 福留 俊介 江越 梅野 小幡
中谷 糸井 上本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 高橋遥、中5日で巨人戦投入も及ばず。甲子園に秋風。 | トップページ | 小川、2球連続の暴投で2失点。自力V消滅の危機。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高橋遥、中5日で巨人戦投入も及ばず。甲子園に秋風。 | トップページ | 小川、2球連続の暴投で2失点。自力V消滅の危機。 »