« サンズ、3戦連発の大当たり。同点劇も延長負け。 | トップページ | 西、投打の活躍で巨人戦初勝利!独走を止める1勝! »

2020年9月 3日 (木)

マクガフの無人牽制で逆転!岩のリリーフ陣が揃い踏み。

200903阪神○4-3●ヤクルト(甲子園
勝利打点:なし

サンテレビで完全中継。今日の先発は青柳(中6日)、ヤクルト・風張。初回、先頭・近本への死球で出塁すると、暴投で2塁へ。続く木浪が右中間を破るタイムリー2塁打でタイガース先制!さらに2アウト3塁から大山が低めのフォークをすくってセンター前タイムリーで2点目。今季初先発の風張は3回で代打を出されました。

3回からは先発要員の高橋が登板すると打線が沈黙。4回、先頭・青木がレフト前ヒットを放つと、山田が右中間への2塁打でノーアウト2,3塁のピンチ。続く村上のレフト前タイムリーで1点を返されると、塩見のセカンドゴロ併殺崩れの間に2-2の同点。さらに坂口のファーストゴロ併殺コースでしたが、青柳が1塁ベースを踏み損ねてチェンジならず。ここでエスコバーが右中間への長打を放ちますが、糸井小幡の中継プレーが決まってホームタッチアウト!

7回、先頭・坂口がセンター前ヒットを放つと、続くエスコバーがレフト線への2塁打でノーアウト2,3塁の大ピンチ。ここから西田をセカンドゴロに抑えると、好投の高橋をそのまま打席に立たせて空振り三振。2アウトを取った所で青柳から能見にスイッチしますが、山崎への初球がピッチャー強襲。ボールが足元にありましたが手につかずタイムリーエラーで勝ち越し。さらに左脚をひねって1球で降板するアクシデント。スクランブル登板した岩貞がマウンドで準備。1,3塁から青木をセカンドゴロに抑えて追加点は許さず。

そのウラ、先頭・ボーアがシフトを破る二遊間へのヒットで出塁すると、代走・植田梅野が送りバントを決めると、代打・陽川がショートの頭を緩やかに越えるヒットで1,3塁のチャンスとなった所でマクガフにスイッチ。代打・中谷は三球三振に倒れますが、2アウトから陽川が盗塁成功。キャッチャーも2塁に投げなかった事で盗塁に気づかなかったのか、マクガフが誰もいない1塁へ牽制。坂口も捕れずにボールが転がる間に2人が帰ってきて逆転に成功!

1点リードの8回はガンケルがクリーンアップを3人で抑えるナイスピッチング。山田への内角シュートが鋭く右バッターへの武器になる。そして9回は岩崎がマウンドに上がり場内どよめき。先頭・坂口にレフト前ヒットを許すと、代走・上田。2アウトから1,2塁のピンチを背負いますが、最後は西浦をセカンドゴロに抑えてヒヤヒヤのプロ初セーブ!

「先発している時より勝ってしまっているので複雑です。」by 岩貞
「相手にプレッシャーをかける事ができた。イツモアリガトウ。」by ガンケル
「久々に緊張しました。8回と思って投げたが9回でした。イツモアリガトウ。」by 岩崎
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 陽川 岩貞[勝](3) ガンケル[H](4)
青柳 岩崎[S](5)
糸井 ボーア 植田
木浪 梅野  
大山 小幡 江越 能見(2)
サンズ 中谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 小川一平投手(再昇格。監督から出された課題をクリアできたか?)
OUT 尾仲祐哉投手(大量リードでの登板で打ち込まれ、チャンスを逃した。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« サンズ、3戦連発の大当たり。同点劇も延長負け。 | トップページ | 西、投打の活躍で巨人戦初勝利!独走を止める1勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンズ、3戦連発の大当たり。同点劇も延長負け。 | トップページ | 西、投打の活躍で巨人戦初勝利!独走を止める1勝! »