« エドワーズ、無念の被弾。甲子園で今季初の完封負け。 | トップページ | 藤浪、7年ぶりのリリーフ登板も被弾。コロナ禍で3連敗。 »

2020年9月25日 (金)

虎にクラスター発生。神宮開催も西が力尽き逆転負け。

200925ヤクルト○6-3●阪神(神宮
勝利打点:西浦

今日の先発は西(中7日)、ヤクルト・高梨。お昼頃に浜地のコロナウイルス陽性が発表されると、全員にPCR検査を実施。球団からさらに4選手、スタッフ2名の陽性を発表。19日に名古屋で店を貸し切って会食した際に集団感染した事が判明。主力6選手が離脱となり2軍から9選手が合流する緊急事態。ただヤクルト球団は当日の試合開催に踏み切りました。

初回、1アウトからランナー入れ替わりで残った荒木が盗塁成功。2アウト2塁からサンズが詰まりながらセンター前へ落とすタイムリーでタイガース先制!そのウラ、青木がライトスタンドへの一発で同点。2試合連続完封をしていた西ですが初回に失点しました。2回、ボーアがライトスタンド最前列への一発で勝ち越し。

4回、1アウトから坂本が右中間を破る2塁打を放つと、小幡がプロ初の長打となる左中間オーバーのタイムリー3塁打!しかしそのウラ、村上を抑えて2アウトランナーなしから1,3塁のピンチ。盗塁で2,3塁となると、エスコバーがシュートに詰まりながらショート後方へ落とす2点タイムリーで同点。

6回、スワローズは梅野。先頭・大山がストレートの四球を選ぶと、ボーアが左中間フェンス直撃の2塁打でノーアウト2,3塁のチャンス。ここで坂本がスクイズを試みますが低めのボール球に空振り。飛び出した大山が挟まれてアウトとなると、坂本小幡が連続三振。痛いプレーが出ました。そのウラ、2アウト1,2塁から西浦が緩やかに三遊間を破るタイムリーで3-4と勝ち越し。雨も降っており打たれた際にマウンドで足を滑らせた西はこの回で降板。

7回は緊急合流の能見。先頭・西田にセンター前ヒットを許すと、代打・荒木がバスター。これがレフトポール際へ入ってしまい決定的な2ランに。8回、1アウトから大山のショートゴロを西浦がスライディングキャッチ。1塁アウトの判定に矢野監督がリクエストしますが判定変わらず。この後、2アウト1,2塁のチャンスを作りますが、代打・中谷が見逃し三振。9回は緊急合流の北條がヒットで応えますが、反撃及ばず。主力が戻るまで当面は厳しい戦いになる。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ボーア  
  原口 北條
近本 糸井 サンズ  
小幡 エドワーズ(3)
荒木 坂本 西勇[負] 上本 高山
大山 中谷 能見(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
25日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更(特例措置で10日以内の再昇格も可能)
IN 能見篤史投手、藤浪晋太郎投手、谷川昌希投手、齋藤友貴哉投手、上本博紀内野手、北條史也内野手、熊谷敬宥内野手、高山俊外野手、島田海吏外野手
OUT
【陽性者】岩貞祐太投手、馬場皐輔投手、糸原健斗内野手、陽川尚将内野手
(浜地は21日に抹消済み)
【保健所指定の濃厚接触者】岩崎優投手、小川一平投手
【球団指定の濃厚接触者】小林慶祐投手、木浪聖也内野手、福留孝介外野手、江越大賀外野手 もしよければ1クリックお願いします。

|

« エドワーズ、無念の被弾。甲子園で今季初の完封負け。 | トップページ | 藤浪、7年ぶりのリリーフ登板も被弾。コロナ禍で3連敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エドワーズ、無念の被弾。甲子園で今季初の完封負け。 | トップページ | 藤浪、7年ぶりのリリーフ登板も被弾。コロナ禍で3連敗。 »