« 糸井、痛みを堪えて3打点の大当たり!ベイに連勝! | トップページ | 虎にクラスター発生。神宮開催も西が力尽き逆転負け。 »

2020年9月23日 (水)

エドワーズ、無念の被弾。甲子園で今季初の完封負け。

200923阪神●0-4○DeNA(甲子園
勝利打点:宮崎

サンテレビ→朝日放送→サンテレビのリレー中継。今日の先発は青柳(中6日)、DeNA・上茶谷。天気が持ち直して、今日から晴柳さんタオルも発売に合わせた形に。序盤はほぼ完璧な投球を見せた青柳。3回に苦手の梶谷に2塁打を許しましたが、序盤は1安打ピッチングを展開。対する上茶谷もカットボールのキレがよく、4回まで1安打ピッチング。

5回、先頭・柴田のショートゴロ正面の当たりを木浪が後逸。上茶谷の送りバントで1アウト2塁のピンチでしたが、倉本を見逃し三振。苦手の梶谷にはカウント3-0となった所で申告敬遠を選んで1,2塁のピンチ。ここでソトが二遊間を破りそうな当たりでしたが、糸原がスライディングキャッチ!2塁へのトスも決まってファインプレーでピンチ脱出!

6回、先頭・オースティンに四球を出すと、佐野の右中間へのヒットでノーアウト1,3塁のピンチ。ここで宮崎のサードゴロの間にベイスターズ先制。そのウラ、代打・荒木が今季初ヒットとなるレフト前ヒットを放ちますが、近本がフルカウントから低めボール球を空振り三振。さらにスタートを切っていた荒木も2塁タッチアウト。矢野監督のリクエストも判定変わらず。

1点ビハインドの7回はエドワーズが登板。先頭・倉本にヒットを許すと、梶谷にはストレートの四球でノーアウト1,2塁のピンチ。ここでソトが甘く入った縦スライダーをジャストミートしてレフトスタンドへの3ランでダメ押し。この後、佐野の打球がエドワーズの肩付近に当たりましたが続投。今日は高めにボールが集まって苦しい投球となりました。そのウラ、先頭・糸井がレフト前ヒットを放ちますが、サンズがサードゴロ併殺とブレーキ。

8回、先頭の代打・原口が四球を選んで出塁しますが、代打・福留が空振り三振。この回を121球で投げ終えた上茶谷ですが、ラミレス監督は完封指令。9回も2アウト1,2塁のチャンスを作りましたが、最後はボーアが空振り三振に倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大山  
  桑原(4)
糸井 青柳[負] 荒木 原口 小川(3)
   
坂本 陽川 小幡
近本 糸原 サンズ ボーア 木浪 福留 エドワーズ(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 糸井、痛みを堪えて3打点の大当たり!ベイに連勝! | トップページ | 虎にクラスター発生。神宮開催も西が力尽き逆転負け。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 糸井、痛みを堪えて3打点の大当たり!ベイに連勝! | トップページ | 虎にクラスター発生。神宮開催も西が力尽き逆転負け。 »