« 上本、マルチ安打で復活気配。巨人に2連続完封負け。 | トップページ | 藤浪、自ら均衡破る得点。苦しんで692日ぶり勝利! »

2020年8月20日 (木)

サンズ、新4番も不発。巨人に3連続完封負けの屈辱。

200820巨人○2-0●阪神(東京ドーム
勝利打点:坂本

BS日テレ→読売テレビのリレー中継。今日の先発は青柳(中7日)、巨人・戸郷。2試合連続完封負けを喫し、今日は打線を組み替え。サンズを初の4番に起用して、大山は6番降格。2回、1アウトから大山梅野の連打で1,2塁のチャンスを作りますが、植田がサードファウルフライ。続く青柳もキャッチャーファウルフライに倒れて無得点。

6回、先頭・重信が初球をライト線へ弾き返して快足を活かして3塁打。続く坂本が初球をセンターフェンス際への犠牲フライでジャイアンツ先制。ここまで5回まで2安打に抑えていた青柳ですが、わずか2球で先制を許しました。2アウトから相性の悪い丸がレフトフェンス直撃の2塁打を放ちますが、大城を空振り三振に抑えて追加点は許さず。

7回、先頭・サンズがフルカウントから四球を選ぶと、1アウトから大山のライト前ヒットで1,3塁のチャンス。続く梅野のサードゴロ併殺崩れでランナーが入れ替わり、代打・福留のコールを見て原監督が左の高梨にスイッチ。四球を選んで満塁とすると、代打・中谷がファウルで粘りましたが、最後は外から入ってくる曲がりの大きいスライダーに見逃し三振で三者残塁。

1点ビハインドの7回からは岩貞が登板。3人で抑えて味方の反撃を待ちました。8回は中川から2アウト2塁のチャンスを作りましたが、サンズがライトフライに倒れて無得点。そのウラ、岩貞が初のイニングまたぎとなり、1アウト1塁となった所で馬場にスイッチ。しかし坂本に追い込んでからレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打を許して痛い2点目。2アウト3塁から丸を申告敬遠。続く代打・亀井をセカンドゴロに抑えました。

9回はデラロサとの勝負。先頭・ボーアが四球を選ぶと、2アウトから入れ替わった1塁ランナーの梅野が盗塁(記録は野手選択)。代打・陽川がフルカウントから四球を選んで1,2塁のチャンスを作りますが、代打・高山が初球のボール球を打っていきセカンドゴロでゲームセット。東京ドーム3連戦で3試合連続完封負けの屈辱。打線は深刻で9年ぶりの36イニング無得点となりました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
青柳[負]  
  福留 陽川 岩貞(2)
大山 上本
梅野 糸井  
サンズ ボーア 熊谷 馬場(3)
近本 木浪 植田 中谷 高山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 上本、マルチ安打で復活気配。巨人に2連続完封負け。 | トップページ | 藤浪、自ら均衡破る得点。苦しんで692日ぶり勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上本、マルチ安打で復活気配。巨人に2連続完封負け。 | トップページ | 藤浪、自ら均衡破る得点。苦しんで692日ぶり勝利! »