« 高橋遥、復帰戦で7回11Kの快投!大勝で3タテ阻止。 | トップページ | 西、得意のマツダで援護なし。勝負を分けた7回の攻防。 »

2020年8月 7日 (金)

青柳、初のマツダで6失点KO。中継ぎ粘れず大敗。

200807広島○11-6●阪神(マツダ
勝利打点:松山

今日の先発は青柳(中6日)、広島・森下。福留がNPBでは20年ぶりとなる2番起用。カープも主砲の鈴木誠をスタメンから外して、左バッターを並べてきました。初回、先頭・西川にフルカウントから四球を許すと、2アウト2塁から松山にセンター前タイムリーを許してカープ先制。さらに2,3塁からピレラにショートへ叩き付けるタイムリー内野安打で2点目。

2回、1アウト1,3塁のピンチを背負った青柳。ここでプロ初出場の羽月が1塁線へセーフティスクイズが決まり、どこにも投げれずタイムリー内野安打。守備に不安のある青柳ボーアが狙われました。2アウトまで行きましたが、4番起用の松山がライトスタンドへの3ランで早くも0-6。3回、近本のセンター前タイムリーで1点を返しましたが、直後に牽制タッチアウト。プロ初のマツダスタジアムで青柳が3回6失点でKO。

5回、1アウトから連打で1,2塁のチャンスを作ると、代打・中谷のレフト前タイムリーで1点を返しました。さらに近本がレフト線へのタイムリー2塁打で4連打!続く福留のセカンドゴロの間に1点を返して4-6。2アウト1,3塁で大山を迎えましたが空振り三振。そのウラ、小川が登板しますが、2アウト2塁から西川を申告敬遠。続く羽月には前進守備を越えていくライトオーバー。福留もグラブに当てますが、あわやランニングホームランかという2点3塁打を浴びて散々。

6回は伊藤和。1アウトから3連続四球で自ら満塁のピンチを背負いました。野間を空振り三振に抑えますが、代打・長野にセンター前へ2点タイムリーを許して10点目。続く途中出場の大盛にもセンター前タイムリーで11点目。7回、先頭・近本が猛打賞となるショートゴロ内野安打、福留もセカンドをかすめるライト前ヒットを放つと、サンズのレフト前タイムリーで1点を返しました。しかし大山が痛恨のセカンドゴロ併殺。2アウト1,3塁からパスボールの間にもう1点返しました。

9回、近本がセンター前ヒットで今日4安打の固め打ち。打率も.271まで上げてきました。ただ後続が倒れてゲームセット。大山が14打席ノーヒットと4番がブレーキになってきました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 植田 中谷
  能見(2) 望月(5)
サンズ  
ボーア 梅野 木浪  
福留 糸井 原口 陽川
大山 青柳[負] 小川(3) 伊藤和(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
7日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 高橋遥人投手(復活星から一夜。肩の状態を見て10日間空けて再先発。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 高橋遥、復帰戦で7回11Kの快投!大勝で3タテ阻止。 | トップページ | 西、得意のマツダで援護なし。勝負を分けた7回の攻防。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高橋遥、復帰戦で7回11Kの快投!大勝で3タテ阻止。 | トップページ | 西、得意のマツダで援護なし。勝負を分けた7回の攻防。 »