« 西、得意のマツダで援護なし。勝負を分けた7回の攻防。 | トップページ | 高山、再昇格でついに開幕。投手陣が粘れず痛い敗戦。 »

2020年8月 9日 (日)

秋山、マツダで10年ぶり勝利!終盤突き放し逃げ切り。

200809広島●1-5○阪神(マツダ
勝利打点:大山③

今日の先発は秋山(再昇格)、広島・遠藤。今日は福留が3番ライトでスタメン。2回、先頭・大山がフルカウントから左中間への2塁打。さらにサンズボーアに連続四球でノーアウト満塁とすると、梅野の三遊間を破りそうな当たりを田中がダイビングキャッチ。2塁ホースアウトの間にタイガース先制!ただ追加点は取れず。

そのウラ、先頭・鈴木誠に四球を出すと、1アウトから堂林がライトオーバーの2塁打で2,3塁のピンチ。ここで菊池が高めストレートを打ち上げてレフト犠牲フライの間に同点。続く田中を申告敬遠。ピッチャー遠藤との勝負を選択して勝ち越しを許さず。3回、2アウト3塁から大山のレフト前への当たりをスライディングキャッチしようとした長野が後逸。タイムリー3塁打で勝ち越し!そのウラ、坂倉の右中間フェンス際への当たりを近本が激突しながらジャンピングキャッチ!

秋山は7月29日以来の先発マウンドでしたが、6回1安打ピッチングの快投。7回、先頭・梅野のサードゴロを堂林がファンブル。続く植田が送りバントを決めると、代打・糸井で勝負に出ますがファーストゴロ。2アウト3塁で近本がショートライナーに倒れて無得点。7回からガンケルが登板して8球で片づけてくれました。8回も続投して初のイニングまたぎ。9連戦中ですが2イニングを投げ抜いてくれたのは大きい。

1点リードの8回、カープは一岡が登板。2アウトから大山が初球甘く入ったスライダーをとらえて打った瞬間とわかるレフトスタンド上段への10号ソロ!生え抜き選手では鳥谷以来となる3年連続2ケタホームラン。

9回、DJジョンソンが登板。先頭・ボーアが四球で出塁すると、ノーアウト1,2塁から植田が送りバント成功。ここで代打・中谷がライトへの犠牲フライで4点目!代打で3試合連続打点の大活躍。さらに近本がファーストへのタイムリー内野安打でダメ押し!そのウラ、4点リードながらスアレスが登板。1アウトからヒットと連続四球で満塁のピンチを背負いますが、菊池を三球三振!最後は田中をライトライナーに抑えてヒヤヒヤのゲームセット!

「悔しい思いはあった。ローテーションに残れるようにやっていきたい。」by 秋山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大山 秋山[勝] 中谷 ガンケル[H](2)
近本 梅野  
木浪 サンズ ボーア 植田  
  熊谷 スアレス[S](3)
  糸井 江越 島田 
福留  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
9日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 秋山拓巳投手(再昇格。疲労も考慮し登板間隔を空けて先発マウンドへ。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 西、得意のマツダで援護なし。勝負を分けた7回の攻防。 | トップページ | 高山、再昇格でついに開幕。投手陣が粘れず痛い敗戦。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西、得意のマツダで援護なし。勝負を分けた7回の攻防。 | トップページ | 高山、再昇格でついに開幕。投手陣が粘れず痛い敗戦。 »