« 大山、逆転打で平良を攻略!機動力の采配的中! | トップページ | 藤浪、自らの捕球ミスから崩れ4失点。白星ならず。 »

2020年8月 4日 (火)

サンズ、菅野を追い込む一発。継投策が裏目で大敗。

200804阪神●2-7○巨人(甲子園
勝利打点:坂本

BS1で完全中継。今日の先発はガルシア(中5日)、巨人・菅野。猛暑の中で9連戦がスタート。初回、2アウトから坂本にバックスクリーンへ放り込まれてジャイアンツ先制。この一打で史上60人目の3000塁打も達成。

2回、ボーアがシフトを破るライト前ヒットで出塁しますが、牽制で誘い出されてアウト。そして3回、相性を買われてスタメン起用の北村がまたもバックスクリーンへの一発。プロ第1号がここで飛び出しました。

5回、2アウト1,2塁から丸のレフト前タイムリーで3点目。ゲームこそ崩れてはいないのですが、相手が今季5勝無敗の菅野だけにこの3点目は厳しかった。ガルシアは5回84球で代打を送られました。6回からは望月が登板してパーフェクトリリーフで流れを引き込みました。

6回、先頭・近本がライト前ヒット。続く糸井のファーストゴロがゲッツー崩れで進塁打の形となり1アウト2塁となると、サンズが外角スライダーをとらえてレフトスタンドへの2ランで反撃!さらに大山もセンター前ヒットで続きますが、ボーアがファーストゴロ併殺で攻撃終了。そして7回、先頭・梅野のピッチャー返しに右足を出した菅野がスネに当ててアウト。両脇を抱えられながらベンチに下がりましたが続投。木浪のセカンドゴロが間一髪アウトの判定に矢野監督のリクエストも判定変わらず。

1点を追う8回は馬場。先頭・北村がセンター前ヒットで出塁すると、代走・増田大。ここで盗塁を刺せるタイミングでしたが、ショートバウンドを木浪が捕れずセーフ。さらにノーアウト1,2塁から坂本のピッチャーゴロ併殺コースでしたが、馬場が2塁へ悪送球の間に4点目。なお1アウト2,3塁から重信のショートゴロを前進守備の木浪が弾いてタイムリーエラー。代わった伊藤和が2アウト満塁から大城に2点タイムリーでダメ押し。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
サンズ 望月(2)
大山 小川(5)
ガルシア[負] 伊藤和(4)
近本 ボーア 梅野 北條 島田
糸井 木浪 植田 陽川 馬場(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 大山、逆転打で平良を攻略!機動力の采配的中! | トップページ | 藤浪、自らの捕球ミスから崩れ4失点。白星ならず。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大山、逆転打で平良を攻略!機動力の采配的中! | トップページ | 藤浪、自らの捕球ミスから崩れ4失点。白星ならず。 »