« 陽川、起死回生の逆転弾!ボーアも2発で上昇気配! | トップページ | 岩崎、痛恨のサヨナラ負け。9回同点劇も及ばず。 »

2020年8月27日 (木)

サンズ、柳から初の1試合2発!3タテで5割復帰!

200827阪神○6-3●中日(甲子園
勝利打点:サンズ⑥

NHK総合で完全中継。今日の先発は青柳(中6日)、中日・柳。初回、先頭・大島にレフト前ヒットを許すと、2アウト3塁からビシエドにレフト線へのタイムリー2塁打でドラゴンズ先制。さらに1,2塁から阿部のレフト前タイムリーで2点目。ただ2塁ランナーの高橋を制球難のある青柳が牽制で刺してチェンジ。これが持ち直すきっかけになりました。さらに2回、木下のライト前への当たりを陽川が地面スレスレでキャッチ!

4回、ビシエドのセカンドへのライナー性の当たりに小幡がジャンピングキャッチ!そのウラ、先頭・近本のつま先に曲がりの鋭い変化球が当たって死球。続く木浪のレフト左への当たりでノーアウト2,3塁のチャンスを作ると、1アウト後、サンズがライトスタンドへ放り込む10号3ランで逆転!!

5回、1アウトから小幡がセンター前へ落とすプロ初ヒットが飛び出すと、青柳が送りバント成功。2アウト2塁で近本のセンター前ヒットでホームを狙った小幡が間一髪ヘッドスライディングでホームイン!与田監督のリクエストも判定変わらず。

6回、先頭・大島のファーストゴロでしたが、ベースカバーに入った青柳が1塁ベースを踏んでおらず、今度は与田監督のリクエスト成功。続く京田はセカンドゴロ併殺コースでしたが、小幡がトスの際にボールをこぼしてしまいアウトは1個。次のアルモンテもセカンドゴロ併殺に抑えましたが、小幡の動きがぎこちなかった。そのウラ、サンズが甘く入ったカット系の球をレフトスタンドへ。打った瞬間とわかる来日初の1試合2発で5-2!ここで柳をマウンドから下ろしました。

7回は山井が登板。いきなり代打・高山がショート内野安打で出塁すると、1アウト2塁から暴投で3塁へ。ここで木浪が前進守備を破るライト前タイムリーで貴重な追加点。8回、ガンケルが登板しますが、1アウト1,3塁のピンチを背負った所で岩崎にスイッチ。大島を追い込んでから三遊間を破りそうな当たり。木浪が追いついて2塁ホースアウトの間に1点。この後、満塁までピンチが広がりビシエドとの対戦は一発で逆転のシーン。高めストレートをとらえたかに見えましたがレフトフライで三者残塁。

3点リードの9回はスアレスが3人で抑えて、リーグトップとなる今季10セーブに到達。好調ドラゴンズを迎えての甲子園3連戦でしたが、3タテ成功して8月3日以来の勝率5割復帰です!

「2点で抑えれば勝てるチャンスがある。(6勝目に)13勝が今年の目標。」by 青柳
「100%の状態でできている。ミナサン、アリガトウゴザイマス!」by スアレス
「ストライクは強く打とうと思い、少し浮いてくれた。メッチャオオキニ!」by サンズ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
サンズ 青柳[勝] スアレス[S](4)
近本 木浪 小幡 高山 岩崎[H](3)
   
ボーア 陽川   
梅野 植田
大山 ガンケル(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 陽川、起死回生の逆転弾!ボーアも2発で上昇気配! | トップページ | 岩崎、痛恨のサヨナラ負け。9回同点劇も及ばず。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 陽川、起死回生の逆転弾!ボーアも2発で上昇気配! | トップページ | 岩崎、痛恨のサヨナラ負け。9回同点劇も及ばず。 »