« 藤浪、自ら均衡破る得点。苦しんで692日ぶり勝利! | トップページ | 秋山、6回2失点の粘投。継投失敗でロード負け越し。 »

2020年8月22日 (土)

西、自らの長打で大量点!7点リードから継投ヒヤリ。

200822ヤクルト●5-7○阪神(神宮
勝利打点:大山④

今日の先発は西(中6日)、ヤクルト・クック。初回、今季初先発のクックが簡単に2アウトを取ってから糸井に四球。サンズに追い込んでからの死球で1,2塁のチャンスを作ると、大山が外角高めのシュート回転したストレートをライトスタンドへ放り込む12号3ランでタイガース先制!3回、サンズにセンター前ヒットが飛び出し、これが22打席ぶりのヒット。

4回、2アウトから木浪がライト前ヒットを放つと、西自ら右中間を真っ二つに破っていくタイムリー2塁打!さらに近本のレフト前への当たりをスライディングキャッチを試みた青木が後逸。あわやランニングホームランか?というタイムリー3塁打を放つと、続く上本もライトポール際へ落とすタイムリー2塁打で一挙3点。いずれも2アウトから6点を取りクックをKO。そのウラ、四球2つで2アウト1,2塁のピンチでしたが、青木が投球前に三盗を試みてタッチアウト。

5回、ノーアウト1,3塁のチャンスを作ると、1アウトからボーアがバットを折りながらファーストゴロの間に1点追加。6回から小幡がセカンドの守備に入りプロ初出場。7回に1度セカンドゴロが飛んできました。7回、1アウトから村上にチェンジアップが浮いた所を見逃さずライトスタンド上段への特大アーチで初失点。7回116球の西は8回に代打を送られて降板。今日も援護点に恵まれました。

6点リードの8回は尾仲。1アウトからヒットと四球で1,2塁とされると、山田にセンター前へのポテンヒットで満塁としてしまい、ここで岩貞にスイッチ。しかしミスを取り返そうと青木がライトスタンドへの満塁ホームランで反撃。一気に2点差となり試合がわからなくなりました。村上を三振に抑えて2アウトになった所で、肩を作っていなかったガンケルが緊急登板。1,2塁のピンチを背負いますが、濱田を空振り三振に抑えてピンチ脱出。

9回、神宮に雨が降り始めてマクガフの前に3人で抑えられたタイガース。嫌な流れのままスアレスを投入。代打・山崎にライト前ヒットを許して先頭バッターを出すと、1アウトから坂口にフルカウントから四球で1,2塁。ここで山田をフルカウントから空振り三振に抑えると、再び青木との対戦。センターへ大きな当たりを放ちますが、雨で風向きが変わっており押し戻されてセンターフライに抑えてヒヤヒヤのゲームセット!

「走らなあかんなーと思いました。勝つと思ってたので信じて待ってました。」by 西
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
サンズ 大山 西勇[勝]  
近本  
上本 梅野 ガンケル[H](4) スアレス[S](5)
木浪 岩貞(3)
糸井 ボーア 高山 小幡 中谷 陽川 北條
  尾仲(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 藤浪、自ら均衡破る得点。苦しんで692日ぶり勝利! | トップページ | 秋山、6回2失点の粘投。継投失敗でロード負け越し。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤浪、自ら均衡破る得点。苦しんで692日ぶり勝利! | トップページ | 秋山、6回2失点の粘投。継投失敗でロード負け越し。 »