« 藤浪、自らの捕球ミスから崩れ4失点。白星ならず。 | トップページ | 青柳、初のマツダで6失点KO。中継ぎ粘れず大敗。 »

2020年8月 6日 (木)

高橋遥、復帰戦で7回11Kの快投!大勝で3タテ阻止。

200806阪神○11-0●巨人(甲子園
勝利打点:近本②

読売テレビ、BS日テレで中継。今日の先発は高橋遥、巨人・メルセデス。左投手対策で陽川が今季初のライトでのスタメン。初回、1アウトから近本のセカンドゴロが間一髪アウトの判定に矢野監督がリクエストも失敗。さらに2アウト1塁から大山の三塁線を破りそうな当たりを岡本のダイビングキャッチに阻まれました。

3回、1アウトから陽川が右中間への2塁打を放つと、続く近本が左中間へのタイムリーでタイガース先制!さらに4回、1アウト1,2塁のチャンスを作ると、カウント2-1から梅野&木浪がダブルスチール成功!そして植田が今季初打点となるフルカウントから右中間への2点2塁打!2アウト2塁となった所でメルセデスを諦めて早くも沼田にスイッチしますが、陽川の今季初打点となるセンター前タイムリーで4-0!

5回、先頭・大城のセンターへ抜けそうな当たりを植田がダイブで止めますが悪送球で2塁へ。この後、1アウト1,3塁のピンチを背負った高橋遥。ここで若林をフルカウントから空振り三振に抑えると、代打・陽岱鋼には高めストレートで空振り三振!5回までで自己最多の11奪三振を取る快投を見せました。7回まで続投し大城の1,2塁間を破りそうな当たりをまたも植田がダイビングキャッチ!復帰戦で111球まで投げました。

8回、ジャイアンツは5番手で堀岡が登板。ノーアウト1塁で大山のピッチャーゴロ併殺コースでしたが、2塁送球が浮いてしまいジャンプした若林の足が離れており、アウトの判定でしたが矢野監督のリクエスト成功でオールセーフ。続くボーアのライト線へのタイムリー2塁打でダメ押しすると、満塁から木浪のレフト前タイムリーで6点目。続く植田がフルカウントから押し出しの四球でつなぐと、1アウトから代打・中谷がレフトスタンドへの満塁ホームラン!!

原監督がここでマウンドに送ったのは野手の増田大。130キロ台後半の真っ直ぐをテンポよく投げ込み、時折スライダーも投げる器用さを見えました。近本はセカンドゴロに倒れますが、江越はフルカウントから四球。続く大山は打っていきますがライトフライで攻撃終了。大差の時のメジャーリーグのような投手起用を見せた原監督。失礼かと思った人もいるかもしれないですが、連戦が続く今シーズンに限っては今後の選手起用に影響を与えそうです。

「いまチャンスなんで最後まで試合に出れるよう頑張ります。」by 植田
「えーと甲子園は…え?気持ちよく投げる事ができました。」by 高橋遥
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
梅野 木浪 植田 高橋遥[勝] 中谷
陽川 ガンケル(2) 望月(3)
  江越
近本 サンズ  
ボーア 熊谷 坂本
大山 島田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
6日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 高橋遥人投手(左肩のコンディション不良から復活。待望の左腕。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 藤浪、自らの捕球ミスから崩れ4失点。白星ならず。 | トップページ | 青柳、初のマツダで6失点KO。中継ぎ粘れず大敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤浪、自らの捕球ミスから崩れ4失点。白星ならず。 | トップページ | 青柳、初のマツダで6失点KO。中継ぎ粘れず大敗。 »