« サンズ、危機を救う背走キャッチ。決死のドロー。 | トップページ | 大山、逆転打で平良を攻略!機動力の采配的中! »

2020年8月 1日 (土)

西、球軽く1試合4発打たれてKO。今永に完敗。

200801阪神●3-7○DeNA(甲子園
勝利打点:佐野

サンテレビで完全中継。今日の先発は西(中6日)、DeNA・今永。初回、2アウトからソトに甘く入ったチェンジアップをとらえられ、レフトスタンドへの一発でベイスターズ先制。3回、先頭・木浪がライト前ヒットで出塁しますが、植田がバント小フライ。西が送りバントをやり直して2アウト2塁としますが、陽川がピッチャーゴロで無得点。

4回、2アウトから大和にレフトポール際への一発。キャリア初の甲子園での一発がここで飛び出しました。そのウラ、先頭・近本がライト前ヒットで出塁すると、1アウト2塁から三盗成功!大山ボーアの連続四球で満塁とすると、梅野が11球粘りながら三遊間を破る2点タイムリーで同点!

5回、1アウトから柴田に死球。制球力のある西が今日2個目の死球を与えると、まさかの牽制悪送球で3塁へ。ソトは三球三振に抑えますが、佐野にレフトポール直撃の2ランを浴びて再び勝ち越し。そのウラ、打席に立って6回も続投した西ですが、宮崎にレフトスタンドへの一発を浴びて自己ワーストタイとなる1試合4発を打たれました。120球を超える登板が続いていた疲労も重なったのか今日はやられました。

7回、能見が登板しますが、いきなり梶谷が初球をバックスクリーンへ放り込まれて2-6。今永に5回から7連続三振に抑えられて今日は反撃できず。8回、パットンが登板。先頭・陽川がライト線へ落とすヒット。近本もヒットで続いて猛打賞。ノーアウト2,3塁からサンズのボテボテのショートゴロの間に1点を返しましたが、大山ボーアが凡退。9回は小川が2アウトから3連打で1失点。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本  
梅野  
   
大山 木浪 北條 伊藤和(3)
陽川 能見(2)
サンズ ボーア 植田
西勇[負]
中谷 小川(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« サンズ、危機を救う背走キャッチ。決死のドロー。 | トップページ | 大山、逆転打で平良を攻略!機動力の采配的中! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンズ、危機を救う背走キャッチ。決死のドロー。 | トップページ | 大山、逆転打で平良を攻略!機動力の采配的中! »