« 高山、再昇格でついに開幕。投手陣が粘れず痛い敗戦。 | トップページ | 中谷、逆転3ランで外野争い激化!最後はヒヤヒヤ。 »

2020年8月11日 (火)

ガルシア、8戦目で待望の初勝利!集中打でベイ圧倒!

200811DeNA●2-9○阪神(横浜
勝利打点:サンズ③

テレビ大阪で中継。今日の先発はガルシア(中6日)、DeNA・井納。初回、先頭・近本が右中間への2塁打で出塁すると、木浪は送りバント成功。1アウト3塁からサンズが左中間への犠牲フライの間にタイガース先制!しかしそのウラ、1アウトからスタメン起用の楠本にレフトスタンドへ放り込まれてしまい、あっさり同点。

3回、2アウト1塁から木浪が投球前にスタートを切っており、今季2個目の盗塁成功。再び得点圏でサンズに回りましたが、カウント3-0から外角高めのストレートを打っていきライトフライ。そのウラ、ガルシアが1アウト1,2塁のピンチを背負いましたが、佐野を三球三振!続くロペスをショートフライに抑えて無失点。

6回、1アウトから木浪がボテボテのショート内野安打、ヘッドスライディングが決まりました。3回の盗塁が効いたか、ここで井納が牽制悪送球の間に一気に3塁へ進むと、勝負強さが光るサンズが左中間を破るタイムリー2塁打で勝ち越し!2アウトからボーアを申告敬遠で1,2塁とすると、今日2三振の梅野が三塁線を破るタイムリー2塁打で3-1!好投の井納をマウンドから引きずり下ろしました。

7回、ベイスターズはエスコバーが登板。1アウトから近本がライト線への3塁打で出塁すると、木浪は浅いレフトフライで2アウト。サンズとの打席で3球目をキャッチャー嶺井が3塁方向へボールをこぼしたのを見て、近本が突っ込んで4点目のホームイン!ガルシアは7回まで投げ抜いて108球。初めて勝利投手の権利を持って降板。しかし8回、馬場が宮崎にレフトスタンドへ一発を許してリードは2点に。

9回、平田が登板。先頭・植田が右腰付近への死球で出塁すると、途中出場の中谷がレフト前ヒット。ここで近本が三塁方向へのセーフティバントを平田が1塁へ投げれずオールセーフ。満塁で木浪が初球をライトフェンス上部に当てる2点2塁打でダメ押し!1アウトから大山を申告敬遠で満塁策を取りますが、代打・福留にカウント0-2から押し出しの四球。続く梅野のライト犠牲フライが飛び出すと、途中出場の熊谷もセカンド後方へポトリと落ちるタイムリー2塁打。最後は初登板の尾仲が締めてゲームセット!

「アリガトアリガト。なかなか勝てなかったが集中力を切らさず投げました。」by ガルシア
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 木浪 サンズ
ガルシア[勝]
福留 熊谷
  中谷
梅野  
植田 馬場[H](2) 尾仲(3)
ボーア 高山 江越
大山  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 高山、再昇格でついに開幕。投手陣が粘れず痛い敗戦。 | トップページ | 中谷、逆転3ランで外野争い激化!最後はヒヤヒヤ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高山、再昇格でついに開幕。投手陣が粘れず痛い敗戦。 | トップページ | 中谷、逆転3ランで外野争い激化!最後はヒヤヒヤ。 »