« 西、自らの長打で大量点!7点リードから継投ヒヤリ。 | トップページ | 高橋遥、8回1失点でローテ定着へ!両助っ人が大活躍! »

2020年8月23日 (日)

秋山、6回2失点の粘投。継投失敗でロード負け越し。

200823ヤクルト○4-2●阪神(神宮
勝利打点:坂口

今日の先発は秋山(中6日)、ヤクルト・小川。糸井に代わり福留が2週間ぶりのスタメン起用。キャッチャーも坂本が6月21日以来、今季2度目のスタメンマスク。初回、先頭・近本がショートへの内野安打で出塁して、先週ノーヒットノーランを達成した小川から早くもヒット。続く上本が送りバント成功。2アウト後、サンズがフルカウントから外角のカットボールを弾き返すライト前タイムリーでタイガース先制!

しかしそのウラ、坂口に先頭打者アーチを許してしまい、あっさり同点。さらに2回、連打でノーアウト1,2塁のピンチ。ここから2アウトまで取りますが、ピッチャー小川に高めに浮いたストレートをライト前へ弾き返されタイムリー。福留のバックホームもそれる間にランナーがそれぞれ進塁。続く坂口はセンターフェンス際まで飛ばされますがアウト。

5回、先頭・木浪がセンター前ヒットを放つと、坂本がバスターエンドラン成功でノーアウト1,3塁のチャンス。ここで秋山が初球をセーフティスクイズ!小川のバックホームも間に合わずオールセーフで2-2の同点。なおノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、上位打線が機能せず追加点ならず。秋山は3回以降は無失点ピッチングを続けて6回2失点、91球で降板。

同点の7回はガンケル。1アウト1塁から代打・宮本の足をかすめる死球。矢野監督のリクエストも判定変わらず、ピンチが拡大。続く代打・川端がショート前のハーフバウンドとなり、2塁ホースアウトが精一杯。2アウト1,3塁から坂口のファーストゴロに飛びついたボーアが弾き、さらに1塁悪送球となり勝ち越し。

1点ビハインドの展開ながら8回は岩崎が登板しますが、先頭・青木がショートへの内野安打。続く村上はショート後方へポトリと落ちるヒット。不運な当たりが続いてノーアウト1,2塁のピンチ。ここでエスコバーが意表を突いた送りバントを決めて1アウト2,3塁とすると、山崎の犠牲フライの間に決定的な4点目。8年ぶりに夏の長期ロード負け越しが決まりました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
木浪 坂本 秋山  
近本 サンズ  
   
上本 大山 高山 植田 陽川
福留 ボーア ガンケル[負](2) 岩崎(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 西、自らの長打で大量点!7点リードから継投ヒヤリ。 | トップページ | 高橋遥、8回1失点でローテ定着へ!両助っ人が大活躍! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西、自らの長打で大量点!7点リードから継投ヒヤリ。 | トップページ | 高橋遥、8回1失点でローテ定着へ!両助っ人が大活躍! »