« 近本、復活の4安打!終盤の逆転劇を呼び込み竜倒! | トップページ | ガルシア、1球に泣き一発で逆転負け。拙攻13残塁。 »

2020年7月28日 (火)

ボーア&サンズ、アベック満塁弾!20得点で爆勝!

200728ヤクルト●5-20○阪神(神宮
勝利打点:なし

読売テレビで中継。今日の先発は秋山(中6日)、ヤクルト・イノーア。糸井が今季初の2番に座りました。セカンドには植田を起用。初回、先頭・近本のショートゴロをエスコバーが弾いて出塁すると、ここからノーアウト満塁のチャンス。大山の打席で暴投の間にタイガース先制!さらにショートゴロの間に2点目を取ると、2アウトから木浪の1,2塁間を破るタイムリーで3点先行!

2回、2アウトから満塁のチャンスを作ると、ボーアが低めストレートをとらえてライトポール際への満塁ホームラン!早くも今シーズン2本目の満塁弾が飛び出しました。点差が7点に広がり投げにくかったか、秋山がピリッとせず。1アウト2,3塁から宮本にプロ第1号となるライトスタンドへの3ランで反撃。しかし3回、先頭・秋山のショートゴロがカメラマン席に入る悪送球。近本のセーフティバントが決まると、1アウト1,3塁から坂本の牽制悪送球の間に8点目。さらにサンズのライト前タイムリーで9-3。

4回、2アウトから近本の1塁線へボテボテの当たりが内野安打となり、1,2塁のチャンス。糸井の死球で満塁となると、サンズが外角ストレートをコンパクトに弾き返すと低いライナーでライトポール際へ放り込む満塁ホームラン!助っ人2人による満塁ホームランの競演は球団初の快挙!13-3と試合を決定づけました。

6回、スワローズは中澤。先頭・近本が四球を選んで今日は5打席連続出塁、5得点の活躍。1アウトからサンズが今日4安打となるヒットでつなぐと、満塁からボーアが1,2塁間を狭めたシフトを破るタイムリー!さらに梅野がセンター前への2点タイムリーが飛び出すと、ここでお役御免となり代走・坂本。そして木浪が右中間スタンドへ放り込む3ランで一挙6点の猛攻!

早打ちにも助けられて6回を終えて76球の秋山。7回、2アウトから途中出場の廣岡がレフトスタンドへの一発。さらに8回、塩見が体勢を崩しながらライトスタンドへ放り込む一発。大差でストライクをどんどん投げ込む事でとらえられましたが、試合は進んでいきました。9回、先頭・木浪がライトフェンス直撃の2塁打で初の猛打賞。しかも4安打、6打席すべて出塁の大当たり!続く植田もレフト前へのポテンヒットでつなぐと、1アウトから途中出場の島田がライト前タイムリーで20点目!秋山は113球で2年ぶりの完投勝利!ブルペン陣を休ませることができました。

「アリガトゴザイマス。チームのみんなが素晴らしい能力を持っている。」by ボーア
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 サンズ ボーア 木浪 島田
   
梅野 秋山[勝]  
糸井 大山 植田 中谷 坂本
  江越 熊谷
  陽川
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 近本、復活の4安打!終盤の逆転劇を呼び込み竜倒! | トップページ | ガルシア、1球に泣き一発で逆転負け。拙攻13残塁。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近本、復活の4安打!終盤の逆転劇を呼び込み竜倒! | トップページ | ガルシア、1球に泣き一発で逆転負け。拙攻13残塁。 »