« 大山、連続タイムリーで4番の仕事!新守護神スアレス! | トップページ | ボーア、5球団から一発も空砲。投手起用が裏目。 »

2020年7月14日 (火)

木浪、今季初打点!ポール直撃弾で最下位脱出!

200714阪神○6-3●ヤクルト(甲子園
勝利打点:糸井③

読売テレビで中継。今日の先発は秋山(中12日)、ヤクルト・石川。初回、1アウトから連続四球でピンチを背負った秋山。村上にカーブを狙われて左中間へのタイムリーでスワローズ先制。続く西浦のサードゴロで前進守備の大山がバックホームしましたが、送球が少しそれてフィルダースチョイスとなり2点目。初回から32球と苦しみました。

2回以降は立ち直った秋山。4回、雄平がレフトフェンス際まで飛ばしますが、サンズがジャンピングキャッチ!フェンス際の打球も恐れず捕ってくれました。そのウラ、先頭・糸井がレフト線への2塁打で出塁すると、1アウトからボーアがシフトを破るライト前ヒットで1,3塁のチャンス。続くサンズが四球を選んで満塁とすると、相性の良い梅野がライト線への2点2塁打!さらに木浪のライト犠牲フライで逆転!ホームインしたサンズも好走塁を見せました。

5回、先頭・西田にど真ん中のストレートをレフトスタンドへ放り込まれて同点。故障で中村、嶋を欠く中でキャッチャーがアピール。そのウラ、先頭・近本が四球を選ぶと、糸原がエンドラン成功となるライト前ヒットでノーアウト1,3塁のチャンス。ここで糸井がレフト前タイムリーを放ち4-3と勝ち越し!

6回、先頭・青木にライト前ヒットを許しますが、村上をセカンドゴロ併殺に抑えたのが大きかった。そのウラ、代わった星からサンズがセンター前ヒット。梅野が送りバント失敗で嫌な流れになりますが、木浪がレフトポール直撃の2ランで貴重な追加点!

7回、馬場が今季初めて勝ちパターンのマウンドに。6番からの打順で三者凡退に抑えてプロ初ホールド。150キロもマークし変化球主体の投球も活きてました。そのウラ、2アウトからボーアのボテボテの打球がファウルグラウンドから三塁線をまたいでフェアゾーンに戻って内野安打。続くサンズのセカンド後方のフライを雄平が落として初の猛打賞。さらにバックホームが暴投となりましたが、飛び出していたボーアが3塁へヘッドスライディングで戻ったために動けず。

8回は岩崎、9回はスアレス。それぞれ先頭バッターを出しながらのマウンドでしたが、無失点で抑えてゲームセット!少しずつ良い形ができつつあり、いよいよ最下位脱出!

「サイコーです!何とかランナー帰せるようがんばりました!」by 糸井
「走りながら切れるなと思ってました。自分たちが元気を与える立場。」by 木浪
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井 サンズ 木浪 馬場[H](2)
近本 梅野 秋山[勝] 岩崎[H](3) スアレス[S](4)
糸原  
ボーア  
  江越 陽川
大山 高山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
14日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 浜地真澄投手(初昇格。今年はロングリリーフから1軍定着を狙う。)
OUT ガンケル投手(腰の張りを訴えてわずか2日で抹消。トラブルか?) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 大山、連続タイムリーで4番の仕事!新守護神スアレス! | トップページ | ボーア、5球団から一発も空砲。投手起用が裏目。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大山、連続タイムリーで4番の仕事!新守護神スアレス! | トップページ | ボーア、5球団から一発も空砲。投手起用が裏目。 »