« ガルシア、1球に泣き一発で逆転負け。拙攻13残塁。 | トップページ | サンズ、危機を救う背走キャッチ。決死のドロー。 »

2020年7月30日 (木)

藤浪、今回も好投報われず。北條のミス連発で完敗。

200730ヤクルト○6-0●阪神(神宮
勝利打点:吉田

サンテレビで完全中継。今日の先発は藤浪(中6日)、ヤクルト・高橋。左投手対策で陽川を1番起用、北條も3試合ぶりのスタメン。初回、先頭・陽川がレフト前ヒットで出塁しますが、近本のピッチャーゴロで高橋の好フィールディングもあって2塁ホースアウト。さらに牽制で誘い出されてしまい近本もアウト。

2回、ノーアウトのランナーを出しますが、藤浪がバント処理の際にサイドスローできっちり1塁へ送球アウト。1アウト2塁から吉田大成にレフト線へのタイムリー2塁打を許してスワローズ先制。ただ3回以降は外角へ抜ける球はほとんどなかったです。

6回、先頭・上田がライト線を破る2塁打を許しますが、青木に粘られながらフォークで空振り三振。2アウト3塁から2打数2安打の山崎を迎えますが、フォークで空振り三振に抑えて藤浪ガッツポーズ!ここまで9奪三振に抑えて6回1失点の好投。0-1のままゲームは終盤へ。

7回、先頭・宮本のショートゴロを北條が弾きエラー。1アウト2塁から西田がカウント3-0から打っていきますが、2塁ベース後方の当たりを北條がもたつき内野安打。2アウト1,3塁から坂口のピッチャー強襲の当たり。右腕に打球を受けながら藤浪が1塁へ投げますが、これが悪送球で外野に転がる間に2点目。さらに上田のショート後方へのフライを北條近本が交錯して落球。この間に2人が還って0-4と散々。続く青木のファーストゴロをボーアが弾きますが、植田のバックホームが決まってタッチアウト。

8回、先頭・梅野がサードへの内野安打。1アウトから代打・原口が四球を選ぶと、続く代打・中谷のショートゴロを吉田が弾いて満塁のチャンス。しかし陽川が痛恨のセカンドゴロ併殺に倒れて無得点。そのウラ、小川が登板しますが、1アウト満塁から代打・川端のレフト前タイムリーを許すと、2アウトから坂口に押し出しの四球で6点目。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
藤浪[負]  
   
  原口
植田 中谷
梅野 熊谷
陽川 近本 サンズ 大山
ボーア 北條
小川
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« ガルシア、1球に泣き一発で逆転負け。拙攻13残塁。 | トップページ | サンズ、危機を救う背走キャッチ。決死のドロー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガルシア、1球に泣き一発で逆転負け。拙攻13残塁。 | トップページ | サンズ、危機を救う背走キャッチ。決死のドロー。 »