« 木浪、今季初打点!ポール直撃弾で最下位脱出! | トップページ | 福留、チームを救う4打点の活躍!6年ぶりのセンター。 »

2020年7月15日 (水)

ボーア、5球団から一発も空砲。投手起用が裏目。

200715阪神●5-9○ヤクルト(甲子園
勝利打点:村上

サンテレビ→朝日放送→サンテレビのリレー中継。今日の先発はガルシア(中5日)、ヤクルト・イノーア。コロナウイルスの第二波が懸念される中、矢野監督はじめベンチメンバーが今日からマスクをして試合に臨みました。初回、連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負うと、1アウトから村上のライト前タイムリーでスワローズ先制。さらに西浦の犠牲フライの間に2点先行。そのウラ、先頭・近本がセンター前ヒットで出塁しますが、糸原がピッチャーゴロ併殺。

3回、2アウトから糸原がストレートを鋭く振り抜いてライトスタンドへの1号ソロで反撃。さらに5回、先頭・ガルシアが意表を突いた三塁前へのセーフティバントが決まって内野安打。激走で足を少し痛めた模様ですがそのまま出場。この後、1アウト1,2塁のチャンスでしたが、糸井がタイミング合わず三球三振。続く大山も倒れてチェンジ。雨が強くなり5回ウラが終わった所から32分中断。

6回、ガルシアが中断明けのマウンドに上がりますが、2アウトから山崎に四球を出すとボークでリズムを乱してしまい、エスコバーに高めに浮いた球を左中間スタンドへ放り込まれて1-4。しかしそのウラ、長谷川を攻めてノーアウト1,2塁から梅野のセンター前タイムリー!ボーアの激走も光りました。ここでマクガフにスイッチ。木浪が送りバントを決めて1アウト2,3塁とすると、代打・福留が四球で満塁。続く近本も押し出しの四球を選ぶと、糸原の犠牲フライで4-4の同点!

7回、伊藤和がマウンドに上がりますが、1アウト満塁のピンチを背負った所で能見にスイッチ。中14日ながら絶体絶命の場面で村上と対戦し、追い込んでからストレートが甘く入った所をセンター前へ2点タイムリーで勝ち越し。そのウラ、梅野からボーアが高めボール気味の球でしたが、右中間スタンドへ滞空時間の長い一発で1点差!開幕からつまずきましたが打率も3割に乗せてきました。

9回は馬場が連投のマウンド。先頭・上田にレフト前ヒットを許すと、2アウトから牽制悪送球で2塁へ。1,2塁からエスコバーが今日4安打となるレフト前タイムリーで大きな7点目。サンズのバックホームが大きく浮いてしまい送球間に進塁。さらに井野にセカンド後方へ落とす2点タイムリーでダメ押し。再び最下位転落です。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ボーア  
糸原 梅野  
近本  
サンズ 木浪 ガルシア 福留 能見(3) 望月(4)
   
糸井 大山 原口 伊藤和(2) 馬場(5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 木浪、今季初打点!ポール直撃弾で最下位脱出! | トップページ | 福留、チームを救う4打点の活躍!6年ぶりのセンター。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木浪、今季初打点!ポール直撃弾で最下位脱出! | トップページ | 福留、チームを救う4打点の活躍!6年ぶりのセンター。 »