« 北條、ついに開幕!1試合4発の大当たりで初の貯金! | トップページ | 藤浪、満塁弾を浴び逆転負け。2年ぶり勝利を逃す。 »

2020年7月22日 (水)

近本、あと1人から同点打。決死のドローも糸原骨折。

200722阪神△3-3△広島(甲子園

サンテレビ→朝日放送→サンテレビのリレー中継。今日の先発はガルシア(中6日)、広島・野村。2回、先頭・磯村に右中間への2塁打を許すと、1アウト3塁からメヒアのレフト前タイムリーでカープ先制。さらに3回、1アウト1,2塁のピンチでしたが鈴木誠をセカンドゴロ併殺に抑えてガルシアがガッツポーズ!そのウラ、先頭・糸井がライト線への2塁打。1アウト3塁からサンズが右中間を破るタイムリー2塁打で同点!

5回、1アウトから糸原に代打・北條で場内どよめき。試合後に糸原が右手有鉤骨の骨折が判明し長期離脱。継続していた全試合出場も312でストップの形に。6回の守備から木浪がセカンドに回りました。ガルシアはランナーを出しながらの投球でしたが、7回1失点98球で代打を送られました。

1-1の8回、カープは左の塹江が登板。152キロが出ましたが、サンズが高めの速球に振り負けずライトスタンドへのホームランで勝ち越し!そして9回、スアレスが登板。先頭・鈴木誠にセンター前ヒットを許すと、1アウト2塁から長野のサードゴロで大山が1塁へ大暴投。カメラマン席に送球が入りテイクワンベースで同点。なお1アウト2塁で代打・松山を申告敬遠。続く代打・会澤がレフト前タイムリーを放ちカープ逆転。

9回、抑えの菊池保との勝負。先頭・梅野がショートへの内野安打、ヘッドスライディングで出塁すると代走・植田で勝負に出ました。続く陽川が高めのボール球でしたが送りバント成功。2アウト2塁から途中出場の近本がライト線へのタイムリーで3-3の同点!!

10回は馬場坂本のバッテリー。1アウトから堂林にピッチャーのグラブを弾く内野安打で出塁。さらに意表をついて盗塁を決められましたが、磯村をスプリットで空振り三振に抑えてガッツポーズ!そのウラ、DJジョンソンが登板。先頭・北條がセンター前ヒットで出塁しますが、代走・江越が初球スチール失敗。念のため矢野監督のリクエスト失敗。2アウトから大山がエラーの雪辱を果たす初球ヒット。代走・熊谷が盗塁を決めると、ここから最後の野手・原口が3球ファウルしてから申告敬遠。最後は植田が空振り三振に倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
サンズ ガルシア 近本 岩崎[H](2) 馬場(4)
梅野 中谷
陽川 北條 原口
糸井 坂本 熊谷 スアレス(3)
大山 木浪 植田
糸原 福留 江越
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 北條、ついに開幕!1試合4発の大当たりで初の貯金! | トップページ | 藤浪、満塁弾を浴び逆転負け。2年ぶり勝利を逃す。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北條、ついに開幕!1試合4発の大当たりで初の貯金! | トップページ | 藤浪、満塁弾を浴び逆転負け。2年ぶり勝利を逃す。 »