« 福留、チームを救う4打点の活躍!6年ぶりのセンター。 | トップページ | 西、禊の完投勝利で謝罪!快進撃で5割復帰が見えた。 »

2020年7月17日 (金)

糸原、初の猛打賞で大野撃ち!10勝到達で4位浮上!

200717阪神○4-1●中日(甲子園
勝利打点:なし

サンテレビで完全中継。今日の先発は青柳(中6日)、中日・大野雄。今季22試合目で近本がついにスタメン落ち。センターには相性の良い陽川が入りました。3回、先頭・木浪がセカンド前への詰まった当たりにヘッドスライディングで内野安打。続く青柳が送りバントを決めると、糸井はストレートの四球。1,2塁から糸原の三塁線ファウルエリアからフェアグラウンドに打球が戻ると、焦った溝脇が1塁悪送球。この間にタイガース先制!さらに3番起用のサンズがカウント3-0から右中間を破る2点2塁打!

4回、1アウトからビシエドがライトポール際への一発で反撃。昨年は完璧に抑え込んでいたのですが、相手も研究してきました。5回、木下が三塁側へのピッチャーゴロで嫌な感じがしましたが、青柳が1塁へ叩き付けるようにワンバウンド送球。6回、先頭・大島に四球を出してしまいましたが、平田をショートゴロ併殺に抑えたのが大きかった。2アウトから井領のレフトフライでアウト18個目で初めてのフライアウト。ビシエドに回しませんでした。

6回、1アウトからボーアが火の出るようなライト線への当たり。2塁を狙いましたがベースに届かずアウト。勢い余って京田と交錯してしましましたが、大事には至らず。7回、先頭・ビシエドがサード前へ叩き付ける内野安打で猛打賞。それでも後続をゴロアウトで抑えて青柳は7回1失点ピッチング。

7回、先頭・陽川がレフト前ヒットで相性の良さを見せると代走・近本木浪がバント小フライで倒れますが、続く青柳を打席に立たせた所で盗塁成功。2塁にランナーが進んだ所で代打・中谷を送りますが空振り三振。この後、糸井がショートへの内野安打で1,3塁とすると、糸原がレフト前タイムリーで初の猛打賞!苦手の大野をKOしました。

8回は岩崎。先頭・木下にストレートの四球を出しますが、代打・マルティネスを見逃し三振。1,2塁のピンチを背負いましたが、平田、代打・福田を抑えてピンチ脱出!9回はスアレス。2アウトからヒットを許しますが、京田のファーストへの当たりをボーアがダイビングキャッチ!さらに1塁ベースへ自らダイブでタッチしてゲームセット!これで今シーズン10勝目。最大借金8から借金2まで減らしてきました。

「鉄壁のセカンドがいるんで。本当に野手の方がしっかり打ってくれる。」by 青柳
「あのヒットがあったから3本打てました。いまチームは一丸となっている。」by 糸原
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 青柳[勝] スアレス[S](3)
梅野  
糸井 サンズ 近本
ボーア 陽川 岩崎[H](2)
木浪 江越 中谷
大山  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
17日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 坂本誠志郎捕手(再昇格。2軍で実戦経験を積み、出場機会増を狙う。)
IN 中谷将大外野手(初昇格。打撃好調でセンター起用もある。)
OUT 中田賢一投手(先発2試合目も5回持たず。谷間での先発調整へ。)
OUT 上本博紀内野手(打撃不振に苦しみ抹消。ベテランが苦しい立場に。)
OUT 高山俊外野手(開幕からまだヒット出ず。レギュラー候補が打ち直し。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 福留、チームを救う4打点の活躍!6年ぶりのセンター。 | トップページ | 西、禊の完投勝利で謝罪!快進撃で5割復帰が見えた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福留、チームを救う4打点の活躍!6年ぶりのセンター。 | トップページ | 西、禊の完投勝利で謝罪!快進撃で5割復帰が見えた。 »