« ボーア、5球団から一発も空砲。投手起用が裏目。 | トップページ | 糸原、初の猛打賞で大野撃ち!10勝到達で4位浮上! »

2020年7月16日 (木)

福留、チームを救う4打点の活躍!6年ぶりのセンター。

200716阪神○6-4●ヤクルト(甲子園
勝利打点:福留①

今日の先発は中田(中17日)、ヤクルト・高橋。2回、先頭・村上にライト線への2塁打を許すと、1アウト1,2塁からエスコバーのレフト前タイムリーでスワローズ先制。さらに2アウトからピッチャーの高橋に四球を出してしまい満塁とすると、坂口に押し出しの四球を与えてしまい2点目。そのウラ、2アウトから満塁のチャンスを作りましたが近本が空振り三振で三者残塁。

3回、1アウト1,3塁から雄平のショートゴロ併殺崩れの間に3点目。さらに5回、青木、村上の連打でノーアウト1,3塁のピンチ。3打数3安打の村上がここで代走を送られました。2アウトを取った所で101球の中田が降板。代わった小川が久々のマウンドでしたが、エスコバーのサードゴロに抑えてピンチ脱出!

5回、不振の近本に代打・陽川を送りますがライトフライ。次の回からセンターの守備に入りました。6回は小川が2アウトから満塁の大ピンチを背負いましたが途中出場の廣岡をセカンドゴロに抑えて三者残塁。そのウラ、1アウトから大山がセンターフェンス直撃の3塁打。続くボーアのセカンドゴロの間に1点を返しました。さらにサンズが四球を選んだところで近藤にスイッチしますが、梅野にも四球。すると代打・福留がライトオーバーの2点2塁打で3-3の同点!!

7回から能見がマウンドに上がりますが、福留がセンターの守備に入る超攻撃型シフト。昨日は満塁からの登板で打たれましたが、今日はランナー1人を出しながら無失点ピッチング。8回は岩崎。先頭・渡邉がセンター前ヒットで出塁すると、盗塁成功。さらに坂口の送りバントで1アウト3塁のピンチを背負うと、代打・荒木のライト前タイムリーでスワローズ勝ち越し。さらに牽制悪送球でピンチを背負いましたが、追加点は許さず。

そのウラ、セットアッパー清水との勝負。1アウトからサンズがレフトスタンドへの一発で4-4の同点に追いつくと、続く梅野もレフト前ヒット。そして途中出場の福留がバックスクリーンへ放り込む2ランで勝ち越し!!2点リードに代わり9回はスアレス。いきなり山崎に四球を出しますが、1アウトからエスコバーをセカンドゴロ併殺でゲームセット!再び最下位脱出!

「甘い球が来れば強く叩こうと思いました。」by サンズ
「サンズが同点にしてくれて、初球から行ってやろうと思いました。」by 福留
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  福留
大山 サンズ 梅野 能見[H](3) スアレス[S](5)
糸原  
  小川(2)
糸井 ボーア 木浪 陽川 上本 高山 岩崎[勝](4)
近本 中田 北條
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« ボーア、5球団から一発も空砲。投手起用が裏目。 | トップページ | 糸原、初の猛打賞で大野撃ち!10勝到達で4位浮上! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボーア、5球団から一発も空砲。投手起用が裏目。 | トップページ | 糸原、初の猛打賞で大野撃ち!10勝到達で4位浮上! »