« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2020開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2020開幕】 »

2020年6月 7日 (日)

プロ野球戦力分析【中日編・2020開幕】

20d2020シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ5位の中日ドラゴンズ。開幕が3ヶ月遅れた事で、股関節の手術明けのアルモンテが間に合った。昨年リーグトップの打率を誇った強竜打線が今年はどうなるか。得点力アップを狙い打線を組み替えて挑むシーズンになる。与田監督は若手投手陣を積極的に起用しており、経験を積ませながら8年ぶりのAクラス入りを狙う。

【野手編】
20dorder 昨年リーグ最多安打の大島がリードオフマンに座る。今年の2番はミート力の高いアルモンテ、高橋が候補でつなぎの打線を組む。手術明けでアルモンテを休ませる試合は長打力のある福田を中軸で起用する。また、俊足が武器である京田の打撃が上がってくれば再び上位を打つ事になる。1番~7番までレギュラー陣のレベルも高く、控え野手との差が気になる。高松、根尾、石川昂といった高卒の若手が割って入りたい。キャッチャーは加藤の開幕マスクが有力だが、シーズンを通して今年も競争になる。

注目選手は、高橋。リーグを代表するサードへ成長。今年は結果が求められる。

【投手編】
昨年復活を遂げた大野雄大が3年ぶり3度目の開幕投手。昨年11勝の柳と左右の軸を担う。ロメロが故障で出遅れており、先発陣は若手主体で戦うことになる。ドラフト3位ルーキーの岡野(東芝)も15年ぶりの新人投手の開幕ローテ入りが有力。リリーフ陣は、最優秀中継ぎのロドリゲスが退団し、マルティネス、新外国人ゴンサレスの2枚が勝ちパターンに入る。左の福、右の藤嶋も実力をつけてきている。抑えは岡田が昨年途中からクローザーに起用されているが安定感が課題に。

注目選手は、小笠原。同世代の投手と競争になり、昨年3勝からの巻き返しに期待。

【1軍登録選手(投手14人、野手17人)】
投手
先発 大野雄 吉 見 梅 津 小笠原 岡 野
中継 マルティネス ゴンサレス 藤 嶋 祖父江 鈴木博 又 吉
抑え 岡 田
次点 山 本 山 井 清 水 阿知羅 小 熊 谷 元 橋 本
故障 ロメロ 笠 原 福 谷 三ツ間 田 島
野手
捕手 加 藤 木下拓 郡 司
内野 ビシエド 阿 部 高 橋 京 田 福 田 堂 上 石川駿
高 松
外野 アルモンテ 大 島 平 田 武 田 井 領 渡 辺
次点 大野奨 石川昂 三ツ俣 根 尾 シエラ 遠 藤 藤 井
故障 溝 脇 石 垣
もしよければ1クリックお願いします。

| |

« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2020開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2020開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2020開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2020開幕】 »