« ゴメス、復帰戦でタイムリー!盛り上がるハマスタ。 | トップページ | プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2015開幕】 »

2015年3月15日 (日)

プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2015開幕】

15l 2015シーズン開幕直前戦力分析。今回はパリーグ5位の埼玉西武ライオンズ。昨シーズン途中から指揮を執った田辺監督。5年ぶりにBクラス転落したが、今年は本来の強力打線が復活。リーグ屈指の長打力を武器に巻き返しを図るが、投手陣は先発、リリーフともに不安を残したままの開幕になる。下馬評こそ低いが、投打が噛み合えば優勝争いにも参加できる。

【野手編】
15lorder 昨年苦しんだ秋山がオープン戦好調で1番に入ったことで、栗山を2番に置く攻撃型オーダーを組んだ。2人の出塁率が4割近くまで上がると、得点力アップが見込める。浅村は左肩の手術明けになるが、昨年ホームラン王の中村、メヒアと3人で100発近く狙えるかもしれない。開幕直前のケガで昨年棒に振った坂田も順調に仕上げており、復活に期待がかかる。プロ2年目の森は守備面で課題が残るが、持ち前の打撃をどう活かすか起用法にも注目したい。

注目選手は秋山。走攻守3拍子揃ったプレーの復活が優勝争いのカギになる。

【投手編】
岸が3年連続の開幕投手で今季は100勝(あと11)に到達できるか。今年は菊池が開幕絶望となり、先発陣のコマ不足は深刻。十亀が復帰間近だがルブラン、郭俊麟の新外国人の活躍が欠かせない。リリーフ陣では、プロ7年目左腕の宮田が好調で開幕1軍に入れるかどうか。ここにテスト入団のバスケス、ミゲルのどちらかが入りたいが150キロの速球だけでは厳しい。セットアッパーの増田、抑えの高橋朋は順調に仕上げており、2人につなぐまでの継投が課題に。

注目選手は郭俊麟。台湾出身の投手はライオンズの代名詞。ブレイクなるか。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 牧 田 野 上 ルブラン 郭俊麟
中継 増 田 バスケス 宮 田 岡本篤 武 隈 岡本洋
抑え 高橋朋
次点 ミゲル 岩 尾 藤 原 田 中 豊 田 小 石 西 口
故障 菊 池 大 石 十 亀 中 郷
野手
捕手 炭 谷 岡 田 上 本
内野 メヒア 浅 村 中 村 金子侑 山 川 渡辺直 鬼 崎
外野 栗 山 秋 山 坂 田 木 村 森 本 斉 藤
次点 永 江 外 崎 脇 谷 熊 代 大 崎 梅 田
故障 セラテリ
もしよければ1クリックお願いします。

| |

« ゴメス、復帰戦でタイムリー!盛り上がるハマスタ。 | トップページ | プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2015開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2015開幕】:

« ゴメス、復帰戦でタイムリー!盛り上がるハマスタ。 | トップページ | プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2015開幕】 »