« プロ野球戦力分析【ヤクルト編・2013終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2013終了】 »

2013年11月23日 (土)

プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2013終了】

Image1311db 2013年シーズン終了後、12球団戦力分析。今回はセリーグ5位の横浜DeNAベイスターズ。ドラゴンズから移籍したブランコの圧倒的な破壊力を中心に、リーグトップクラスの打撃力で6年ぶりに最下位脱出。7月末時点で3位にいたものの、直後の9連敗でチームは失速。8月はチーム防御率6.19と投壊。Bクラスが決まり、辞意を表明した中畑監督も球団に慰留されて3年目の来季も続投する。

【野手編】
Image1311dborder ブランコ(.333、41本、136打点)が二冠王。シーズン後半は腰痛のなか、思い切りの良いスイングで球界を盛り上げた。ラミレスは開幕7試合で2000本安打を達成すると、守備の不安から4月末にベンチへ。中村紀は400本塁打、2000本安打のW達成。新戦力のモーガン(.294)は2軍落ちから巻き返して、夏場好調でムードメーカーに。7年目・梶谷(プロ通算3本)が8月に1軍再合流すると、.346、16本と開花。今オフの侍ジャパンにも選ばれ、来季は中軸での起用も。

【投手編】
39歳の三浦(9勝)、ルーキー・三嶋(6勝)が規定投球回に到達。三嶋は奪三振率が高く、次期エース候補に名乗り出た。開幕投手の藤井、3年目・須田が揃って6勝をマーク。ルーキー・井納は5勝。高崎、ソト、加賀美、国吉が今年は期待はずれ。リリーフでは、右の加賀(10H)、左の大原慎(19H)が奮投。シーズン途中に長田(西武)も補強した。山口が不振で抑えを外れると、代役のソーサが19セーブ。ドラゴンズ時代よりも安定感に欠けたが、苦しい投手陣のなかで活躍。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 三 浦 藤 井 三 嶋 井 納 須 田
中継 山 口 加 賀 大 田 大原慎 菊 地 小林寛
抑え ソーサ
次点 高 崎 コーコラン 藤 江 長 田 加賀美 小 杉
故障 ソ ト 退団 篠 原 牛 田 王溢正
野手
捕手 鶴 岡 高 城 西 森
内野 ブランコ 石 川 中村紀 梶 谷 後藤武 山 崎 内 村
白 崎
外野 荒 波 モーガン 金 城 多 村 松 本
次点 黒羽根 筒 香 宮 崎 桑 原 下 園 井 手 赤 堀
故障 退団 細山田 小 池 森 本 モーガン ラミレス
もしよければ1クリックお願いします。

| |

« プロ野球戦力分析【ヤクルト編・2013終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2013終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2013終了】:

« プロ野球戦力分析【ヤクルト編・2013終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2013終了】 »