« 鳥谷、WBC代表から合流。復帰戦で攻守に存在感。 | トップページ | マートン&コンラッド、アベック弾で開幕OK! »

2013年3月23日 (土)

プロ野球戦力分析【広島編・2013開幕】

Image13c 2013シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ4位の広島東洋カープ。昨年はAクラス争いのシーズン終盤で勝ちきれなかった。投手陣は整備されてきており、今年も良い戦いができそう。新たに俊足外野手のルイスを獲得。 エルドレッドの外野コンバート構想もあったが、栗原が度重なる故障で開幕絶望。攻撃力アップを狙ったが、今年も貧打のなかで勝っていくしかない。

【野手編】
Image13corder 2年目の菊池が1番に入る。東出が今季絶望となりセカンドを守りきりたい。長打もある丸との1,2番で出塁率アップが課題。ルイスも1番構想があったが、3番でスタート。エルドレッドは苦手の内角攻めを克服できれば、シーズン通して戦える。ニックが6月以降で復帰可能となれば、守備を目につぶってでも外国人クリーンアップも夢ではない。梵も手術明けで無理はできず、安部との併用に。全試合出場させた堂林の攻守揃っての戦力アップがAクラス入りには欠かせない。

注目選手は、堂林。背番号7を継承し真価が問われる。思い切りの良さを見たい。

【投手編】
WBC組のマエケンを中心に先発4枚は確定。2年目の野村(新人王)は球威が戻っておらず開幕に不安が残る。残り2枠は左の久本(中日)、3年目・中崎が入った。シーズン通しての活躍は難しいが先発ローテを回したい。リリーフ陣では、福井が中継ぎ転向。立ち上がりの悪さを修正できればセットアッパーになれる。今年は永川勝が結果を残しており、抑え時代の豪快なピッチングを変えてきた。終盤は今村-ミコライオの勝ちパターンでスタートし、シーズン中盤で入れ替わるか。

注目選手は、前田健。3年続けた開幕投手を外れるが、WBCの影響が気がかり。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 前田健 バリントン 野 村 大 竹 久 本 中 崎
中継 今 村 永川勝 福 井 河 内 横 山
抑え ミコライオ
次点 戸 田 篠 田 齊 藤 中 田 岸 本 江 草 中村恭
故障 青木高 菊地原 ソコロビッチ 今 井
野手
捕手 石 原 白 濱
内野 エルドレッド 菊 池 堂 林 安 部 木 村
外野 ルイス 松 山 鈴木将 前田智 中 東
次点 會 澤 小 窪 上 本 岩 本 廣 瀬 赤 松 天 谷
故障 栗 原 東 出 下水流 ニック
もしよければ1クリックお願いします。

| |

« 鳥谷、WBC代表から合流。復帰戦で攻守に存在感。 | トップページ | マートン&コンラッド、アベック弾で開幕OK! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【広島編・2013開幕】:

« 鳥谷、WBC代表から合流。復帰戦で攻守に存在感。 | トップページ | マートン&コンラッド、アベック弾で開幕OK! »