« ソフトバンクが敵地で第1S突破。3位から札幌行き。 | トップページ | ハム、無傷で日本シリーズ進出!小久保、涙のラスト。 »

2012年10月15日 (月)

中日、8回逆転劇で第1S突破!5度めの巨人戦へ。

プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)は15日、ナゴヤドームで第3戦が行われ、セ・リーグは2位中日が8回にブランコの満塁本塁打で、3位のヤクルトに4-1で逆転勝ち。リーグ制覇の巨人とのファイナルステージ(6試合制、巨人に1勝のアドバンテージ)に進出した。

第1戦 中日○6-1●ヤクルト(ナゴヤドーム) 勝利打点:和田
中日が11安打で快勝した。4回に和田の2ランで先制し、6回は堂上剛のタイムリーで加点。7回は和田、平田のタイムリーなどで3点を加えた。和田は3安打3打点。先発の中田賢は立ち上がりから飛ばして5回無失点。6回以降は田島ら4人をつないで、反撃を許さなかった。ヤクルトは石川が4回2失点。7回にバレンティンがソロを放ったが、その後のチャンスで攻め切れなかった。

第2戦 中日●0-1○ヤクルト(ナゴヤドーム) 勝利打点:バレンティン
ヤクルトが1点を守って競り勝った。4回、バレンティンの2試合連続ソロ本塁打で先制。先発の館山が丁寧にコーナーを突いて6回無失点と好投。7回のピンチではカウント1-0で先発要員の赤川にスイッチするなど、執念の采配。8回からはバーネットが2イニングを無失点に抑えて逃げ切った。中日は1番の大島が4安打を放つなどチャンスを築いたが、打線がつながらなかった。

第3戦 中日○4-1●ヤクルト(ナゴヤドーム) 勝利打点:ブランコ
中日がブランコの逆転満塁本塁打で試合を決めた。7回まで打線のつながりを欠いたが、1点を追う8回、安打と2四球で1死満塁とし、ブランコが左翼席へ打ち込んだ。先発の山本昌は制球が不安定ながらも3回1失点と粘り、その後は川上、山井、浅尾が無失点でつないだ。ヤクルトは2回に相川のタイムリーで1点を先制したが、8回途中で登板した5番手のバーネットが誤算だった。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« ソフトバンクが敵地で第1S突破。3位から札幌行き。 | トップページ | ハム、無傷で日本シリーズ進出!小久保、涙のラスト。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中日、8回逆転劇で第1S突破!5度めの巨人戦へ。:

« ソフトバンクが敵地で第1S突破。3位から札幌行き。 | トップページ | ハム、無傷で日本シリーズ進出!小久保、涙のラスト。 »