« ホークス全勝でCS突破。8年ぶりの日本一ダ! | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜編・2011終了】 »

2011年11月 6日 (日)

オレ竜の集大成。2年連続の日本シリーズ進出へ。

プロ野球セリーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は6日、ナゴヤドームで第5戦を行い、リーグ2連覇の中日が2-1でヤクルトに競り勝ち、対戦成績を3勝2敗として1勝のアドバンテージを加えて2年連続10度目の日本シリーズ進出を決めた。

第1戦 中日○2-1●ヤクルト(ナゴヤドーム) 勝利打点:森野
中日が逃げ切った。ヤクルトの先発増渕を攻め、初回1死2塁から森野の2塁打で先制。3回にも森野のタイムリーで貴重な2点目。吉見は制球よく低めに球を集め、8回1死まで5安打1失点。ツーシームやフォークなどの変化球も効果的に決まった。ヤクルトは8回に福地の遊ゴロで1点返しただけ。打線が好機をつくれず、試合の流れをつかめなかった。 

第2戦 中日●1-3○ヤクルト(ナゴヤドーム) 勝利打点:飯原
ヤクルトが投手戦を制した。0-0の八回、石川の代打で出た飯原がレフトにソロを放って先制。9回は2死2,3塁から畠山のタイムリーで2点を加えた。先発の石川は内外角に切れのある球を投げ、7回を1安打無失点。8回からは館山が登板して抑えた。中日は好機も築いたがあと1本が出ず、9回に森野の本塁打による1点だけ。好投のチェンを援護できなかった。 

第3戦 中日●1-2○ヤクルト(ナゴヤドーム) 勝利打点:青木
ヤクルトが競り勝った。制球に苦しむ山井をとらえ、2回2死1,2塁から森岡のタイムリーで先制。同点にされた直後の5回、四球と犠打で1死2塁とし、青木のタイムリーで勝ち越した。中日は4回に大島のタイムリーで追い付いたが、その後は村中を4回途中で降ろしたヤクルトの継投にかわされた。2度の満塁機で荒木が凡退。7回1死1,3塁のチャンスも逃すなど、12残塁の拙攻だった。 

第4戦 中日○5-1●ヤクルト(ナゴヤドーム) 勝利打点:ブランコ
中日が鮮やかな先制攻撃。初回にブランコのタイムリーと、平田の満塁から走者一掃の2塁打で4点を先制。5回にブランコの本塁打で加点した。川井はカーブを有効に使い、5回を1失点。中盤から小刻みな継投で反撃をかわした。ヤクルトは3回のルーキー・山田のタイムリーだけ。赤川の立ち上がりが不安定なところに山田のエラーが重なったことが響いた。

第5戦 中日○2-1●ヤクルト(ナゴヤドーム) 勝利打点:井端
中日は6回1死、1塁に四球の荒木を置いて井端が先制2ラン。この回制球を乱した館山(リリーフから中2日)の速球をとらえ、レフトポール際に運んだ一打が決勝点になった。中3日の吉見は制球よく低めに球を集め、8回まで3安打無失点。スライダーなどの変化球もよく切れた。ヤクルトは6回、先頭・相川のヒットから2死3塁としたが無得点。9回に岩瀬から青木のタイムリーで1点を返したが遅かった。  もしよければ1クリックお願いします。

|

« ホークス全勝でCS突破。8年ぶりの日本一ダ! | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜編・2011終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オレ竜の集大成。2年連続の日本シリーズ進出へ。:

« ホークス全勝でCS突破。8年ぶりの日本一ダ! | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜編・2011終了】 »