« クライマックス・パ 西武が日本シリーズへ! | トップページ | 涌井、エースの貫禄。投手戦を制し、シリーズ先手。 »

2008年10月25日 (土)

クライマックス・セ 巨人が2年越し日本シリーズへ。

20081025 巨人が昨年敗れた中日に雪辱し、6年ぶり31度目の日本シリーズへ。25日のプロ野球クライマックスシリーズ(CS)のセ・リーグ第2ステージ第4戦で、巨人が3勝1敗1分け(アドバンテージの1勝含む)で決着を付けた。中日は2年連続の日本一を逃した。CS最優秀選手にはラミレスが選ばれた。日本シリーズは巨人-西武の顔合わせで11月1日から行われる。


第1戦 巨人●3-4○中日(東京ドーム) 勝利打点:中村紀
中日は初回、李、ウッズの本塁打で2点を先制。しかし先発の山本昌が谷に本塁打を浴びるなどリードを守れず。 巨人のグライシンガーも押し出し四球をあり、5回途中で降板。3-3の同点で迎えた9回、巨人の5番手・クルーンを攻め、2死1,3塁のチャンスで中村紀がセンター前タイムリーを放ち、勝ち越した。投手陣では清水昭が同点に追いつかれた悪い流れを断ち切ると、小林は8回、1死満塁のピンチで登板し、高橋由をダブルプレーに抑えて9回の勝ち越しを呼び込んだ。

第2戦 巨人○11-2●中日(東京ドーム) 勝利打点:小笠原
巨人は初回、小笠原の2ランで逆転。2回も小笠原が満塁本塁打を放ち、その後もラミレスの2ランなどで加点。17安打11得点で大勝。先発の上原が8回2失点。2発を浴びたものの、それ以外はテンポのいい投球で中日打線を寄せ付けず、被安打4、9奪三振と好投。中日は先発の朝倉が大乱調。2回6失点KOと先発の役割を果たせず。その後も巨人打線の勢いを止められず、突き放された。打線も森野と平田が一発を放ったものの、一度も連打が出ず、つながりを欠いた。

第3戦 巨人△5-5△中日(東京ドーム
巨人は2点ビハインドで迎えた6回、川上から脇谷のショートへの内野安打で1点を返すと、さらに李が3ラン放ち、5-3と逆転。しかし8回、豊田がウッズに一発を許し1点差となった9回、守護神・クルーンが中村紀に死球を与えたところで交代。レギュラーシーズンにはない采配を見せた原監督だったが、代わった山口が谷繁に同点打を浴びた。9回以降、中日は浅尾、岩瀬、朝倉が無失点で粘るも、延長で毎回走者を出しながら無得点に終わった。規定により巨人が王手。

第4戦 巨人○6-2●中日(東京ドーム) 勝利打点:ラミレス
巨人は4回に谷、坂本の連続タイムリーでチェンから2点を先制。先発の高橋尚は抜群の制球力で中日打線を抑え、7回1失点で先発の役割を果たした。中日打線は主砲・ウッズが孤軍奮闘。6回にはCSで5本目となる本塁打、8回には一時は同点となる犠牲フライを放って存在感を示した。同点の8回にはラミレスの2ランで勝ち越しに成功すると、鶴岡、亀井のタイムリーで突き放した。4点をリードして迎えた9回にはクルーンが危なげない投球で試合を締めた。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« クライマックス・パ 西武が日本シリーズへ! | トップページ | 涌井、エースの貫禄。投手戦を制し、シリーズ先手。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クライマックス・セ 巨人が2年越し日本シリーズへ。:

« クライマックス・パ 西武が日本シリーズへ! | トップページ | 涌井、エースの貫禄。投手戦を制し、シリーズ先手。 »