« 戦力分析【巨人編・07開幕】 | トップページ | 能見、最終登板でまさかの9失点炎上。 »

2007年3月25日 (日)

戦力分析【ヤクルト編・07開幕】

Image07s セリーグ開幕直前、戦力分析。今回は昨年3位の東京ヤクルトスワローズ。2006年末のスワローズの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。主砲・岩村がメジャー移籍し、まずは後継者探しから。相次ぐ投手陣の故障に泣かされ続け、台所事情はかなりの深刻で若手の大胆起用にも注目。古田プレイングマネージャー、苦難の2年目が始まる。

【野手編】
Image07sorder 4年目・青木が球界を代表するリードオフマンに成長し、打率、パンチ力、盗塁と共に申し分なし。チーム打率も高く、得点力はリーグ1,2を争う戦力になっている。岩村(デビルレイズ)の穴を埋める三塁として、外野から宮出をコンバートするが守備面で大きな課題を残している。失策数はチーム全体で100を超え、まずい状態。新外国人・ガイエルもオープン戦では本調子には程遠い。注目選手は2年目・飯原で俊足巧打の外野手から、今季はショートにも挑戦しポスト宮本の1番手として脅かす存在になりつつある。

【投手編】
開幕直前に川島、ゴンザレスが故障離脱したため、先発がコマ不足。育成枠から選手登録された伊藤(四国IL)、新人・増渕(鷲宮)が抜擢され開幕からローテを回さざるを得なくなった。リリーフ陣では、必勝パターンを作っていた五十嵐&石井弘がほぼ今季絶望となり、木田や高津といったベテラン陣を中心に回す方針。完投能力が少ないだけに、昨年の後半戦と同じく夏場辺りからはさらに苦しい戦いを強いられそう。左のリリーフ不足も深刻で、佐藤賢や高井、丸山貴らの底上げが急務となっている。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 石井一 石 川 藤 井 グライシンガー 増 渕 松 井
中継 木 田 館 山 花 田 佐藤賢 伊 藤
抑え 高 津
次点 高 井 遠 藤 坂 元 丸山貴 ゴンザレス 川 島
野手
捕手 米 野 福 川 古 田
内野 リグス 田中浩 宮 出 宮 本 度 会 梶 本
畠 山
外野 青 木 ラミレス ガイエル 真 中 志 田 飯 原
次点 小 野 三 木 鈴木健 城 石 武 内 ユウイチ
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 戦力分析【巨人編・07開幕】 | トップページ | 能見、最終登板でまさかの9失点炎上。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【ヤクルト編・07開幕】:

« 戦力分析【巨人編・07開幕】 | トップページ | 能見、最終登板でまさかの9失点炎上。 »