カテゴリー「2020戦力分析」の12件の記事

2020年6月18日 (木)

プロ野球戦力分析【オリックス編・2020開幕】

20bs2020シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ6位のオリックスバファローズ。昨年5年連続のBクラスに終わり、西村監督の2年目となる今シーズンはメジャー通算1939安打を放つアダム・ジョーンズの大型補強に成功。1番にT-岡田を置く超攻撃型打線で挑む。投手陣は山岡、山本のダブルエースは侍ジャパンに選ばれる実力を持ち、今年もチームを牽引する。

【野手編】
20bsorder 昨年20試合出場に終わったT-岡田を1番起用。往年のスイングが戻っており復活をかける。ロドリゲス、吉田正尚、ジョーンズまで長打力のある強打者をズラリと並べてきた。2年目の中川は右手の負傷から開幕に合わせた。今年はサードのポジション獲得を狙う。セカンドのレギュラーだった福田が右手を骨折してしまい、復帰するまでは併用でドラフト5位の勝俣(国際武道大)の起用もある。キャッチャーは若月が強肩を武器に正捕手を狙う。伏見も左足アキレス健断裂から1年ぶりの復活を遂げた。

注目選手は、T-岡田。シーズン最終戦の大歓声を受けて残留を決断。

【投手編】
昨年13勝の山岡が2年連続の開幕投手。最優秀防御率のタイトルを獲得した山本。今年から背番号が変わった2人がチームを牽引する。故障に苦しんだアルバース、田嶋が開幕ローテ入り。ドラフト3位の村西(近畿大)もサイド気味から150キロを投げ込み開幕ローテに入った。リリーフ陣は、実績のある増井や新外国人のヒギンスが開幕2軍となり、左の海田、右の澤田が勝ちパターンを担う。調子の良い投手からつぎ込む形になる。抑えはディクソン。今年は開幕から本格的にクローザーに挑む。

注目選手は、山本。160キロも狙える本格派右腕。故障だけが怖い。

【1軍登録選手(投手14人、野手17人)】
投手
先発 山 岡 山 本 アルバース 田 嶋 村 西 K-鈴木
中継 海 田 澤 田 比 嘉 山 田 吉田一 神 戸 荒 西
抑え ディクソン
次点 榊 原 漆 原 東 明 山崎福 増 井 鈴 木 ヒギンス
故障 竹 安 張奕 近 藤
野手
捕手 若 月 松井雅 伏 見
内野 T-岡田 大 城 中 川 安 達 ロドリゲス 小 島 勝 俣
廣 澤
外野 吉田正 後 藤 ジョーンズ 西 村 小 田 佐 野
次点 山崎勝 モヤ 西 野 太 田 松井佑 西 浦
故障 福 田 宜 保
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

プロ野球戦力分析【北海道日本ハム編・2020開幕】

20f2020シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ5位の北海道日本ハムファイターズ。昨年はショートスターター戦術を取り入れ話題となったが、栗山監督は今年も秘策を考える。6連戦が続く過密日程で投手起用がポイントになる。野手陣では20歳の野村、万波が練習試合で好調をアピールして初の開幕1軍となり、打線の活発化がチーム浮上のカギを握る。

【野手編】
20forder 今年も西川がリードオフマンを務める。今オフのポスティング移籍を目指しており集大成の一年に。2年連続打率3割の近藤は選球眼もあり高い出塁率を誇る。4番を打つ中田の前後のバッターがポイントになる。サードでビヤヌエバ(巨人)を獲得したが虫垂炎で開幕絶望。DH争いでは2年目の王柏融がリードしていたが、自打球を受けた影響で少し出遅れる。甲子園を沸かせた清宮、野村、万波の活躍でチームを盛り上げたい。キャッチャーは昨年途中に加入した宇佐見が一歩リード。清水との併用になる。

注目選手は、清宮。3年目で飛躍を期待されるが、まだ好不調の波が大きい。

【投手編】
昨年15勝のエース有原が3年ぶり2度目の開幕投手。今オフのポスティング移籍を目指す。手術で昨年投げれなかったマルティネスが復活。手術明けの上沢も1軍合流間近まで仕上げてきた。ドラフト1位左腕の河野(JFE西日本)も開幕ローテ入り。金子、加藤が中盤でゲームを立て直す役割を担う。リリーフ陣は、左の宮西、右の玉井が勝ちパターンを担う。ドラフト4位の鈴木(ENEOS)も貴重なサイド右腕。抑えは秋吉。昨年は移籍1年目で25セーブをマーク。今年は石川直とのダブルストッパーも。

注目選手は、金子。移籍2年目はジョーカーの役割。様々なポジションをこなす。

【1軍登録選手(投手15人、野手16人)】
投手
先発 有 原 マルティネス バーヘイゲン 杉 浦 河 野 村 田
第二 金 子 加 藤
中継 宮 西 玉 井 公 文 鈴 木 井 口
抑え 秋 吉
次点 上 沢 斎藤佑 吉 川 浦 野 生田目 上 原 吉田輝
故障 ロドリゲス 石川直 西 村
野手
捕手 宇佐見 清 水 石川亮
内野 中 田 渡 邉 横 尾 石 井 野 村 清 宮 中島卓
外野 近 藤 西 川 大 田 王柏融 松 本 万 波
次点 鶴 岡 谷 内 平 沼 杉 谷 淺 間 谷 口 白 村
故障 ビヤヌエバ
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2020開幕】

20m2020シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ4位の千葉ロッテマリーンズ。昨年はリーグ最終戦で敗れて惜しくも3年連続のBクラスが決定。FAで美馬(楽天)、福田(ソフトバンク)を獲得して補強に成功。先発陣が少し手薄な感じがあるが、若手の活躍が出てきておりダークホースの可能性もある。3月に入団した鳥谷(阪神)は師弟関係の井口監督の下で再挑戦する。

【野手編】
20morder 新加入の福田がリードオフマンに座る。出場機会を求めてのFA宣言で走攻守、三拍子揃った活躍を期待される。球団から打診されたファースト転向を拒否した角中が打撃好調でスタメンを勝ち取った。荻野は初の3番での開幕だが、打線をつなぐ役割として欠かせない。3年目の安田がついに開幕1軍の座をつかんだ。未来の大砲候補がベールを脱ぐか。キャッチャーは正捕手の田村が腰に不安があるが、開幕に間に合わせた。ドラフト2位の佐藤(東洋大)もパンチ力のある打撃が光り出場のチャンス。

注目選手は、鳥谷。内野の守備固めからスタートするが、1軍生き残りをかける。

【投手編】
昨年8勝の石川が2年連続の開幕投手。新加入の美馬は左脇腹痛からの復活途上で開幕。4年目の種市に期待がかかるが先発陣に不安があり、ドラフト1位の佐々木朗希(大船渡高)の早期デビューが待たれる。既に160キロを投げる力があるが体力強化が課題。リリーフ陣は、ジャクソン、ハーマンのNPB経験者が加入。練習試合では小野(楽天)の調子が良く、2軍のセーブ王がブレイクの可能性。2年目左腕の中村稔も序盤のカギを握る。抑えは益田で開幕。国内FA権を行使せず残留を選んだ。

注目選手は、佐々木朗希。開幕が遅れた分、体幹強化に努めた未来のエース。

【1軍登録選手(投手14人、野手17人)】
投手
先発 石 川 美 馬 種 市 小 島 二 木 岩 下
中継 ジャクソン ハーマン 小 野 東 條 中村稔 田 中 石 崎
抑え 益 田
次点 有 吉 唐 川 チェン 東 妻 土 肥 佐々木朗
故障 西 野 松 永
野手
捕手 田 村 柿 沼 佐 藤
内野 井 上 中村奨 レアード 藤 岡 安 田 福田光 鳥 谷
外野 荻野貴 福田秀 マーティン 角 中 清 田 和 田
次点 細 川 江 村 茶 谷 西 巻 平 沢 細 谷 菅 野
故障 三 木 加 藤
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

プロ野球戦力分析【東北楽天編・2020開幕】

20e2020シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ3位の東北楽天ゴールデンイーグルス。CS進出を果たしたが平石監督が退任。2軍監督の三木新監督が昇格。石井GMの働きもあってFAで鈴木大地(ロッテ)、メジャーから国内復帰の牧田を獲得。さらに涌井(ロッテ)、ロメロ(オリックス)も獲得して戦力アップに成功。課題の機動力を上げながら今年も優勝争いに加わりたい。

【野手編】
20eorder 2年連続30本以上の浅村が移籍2年目で4番に座る。前を打つブラッシュも豪快なスイングで30本を期待。FAで加入した鈴木は内野の要としてサードで起用の見込み。ポイントとなる2番、5番を埋める活躍を期待。今年からキャプテンを務める茂木はリンパ節炎から開幕に間に合わせた。ショートを争うドラフト1位の小深田(大阪ガス)も即戦力。練習試合では内田が打撃好調で2年ぶりの開幕1軍。左投手が先発の時に結果を残せるか。キャッチャーは2年目の太田が長年チームを引っ張った嶋に代わり正捕手を目指す。

注目選手は、鈴木。FA宣言でリーグ内の移籍。古巣ロッテを見返したい。

【投手編】
エース則本が2年ぶり6度目の開幕投手。右ひじの手術で5勝に終わり復活をかける。抑えから先発転向の松井裕の活躍がポイントになり、緩急をつけた投球術に変える必要がある。練習試合では涌井が140キロ後半まで状態を上げてきており、復活の予感。今年は6連戦が多くなり先発は手薄。リリーフ陣は、ブセニッツ、シャギワ、宋家豪の外国人リレーで終盤を固める。今年はブルペンでローテを組むことも可能になった。抑えは4年目の森原が挑戦。150キロ台の速球を武器に接戦を制したい。

注目選手は、松井裕。昨年のセーブ王が先発挑戦。モデルチェンジに期待。

【1軍登録選手(投手14人、野手17人)】
投手
先発 則 本 涌 井 松井裕 石 橋 弓 削
中継 シャギワ 宋家豪 高 梨 牧 田 酒 居 辛 島 津留崎
ブセニッツ
抑え 森 原
次点 塩 見 福 井 安 樂 青 山 寺 岡 瀧 中 久 保
故障
野手
捕手 太 田 足 立 山 下
内野 銀 次 浅 村 鈴木大 茂 木 内 田 藤 田 小深田
山 崎
外野 島 内 辰 己 ロメロ ブラッシュ 小 郷 下水流
次点 堀 内 渡辺直 村 林 ウィーラー 渡邉佳 田 中 和 田
故障 岡 島 オコエ
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2020開幕】

20l2020シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ1位の埼玉西武ライオンズ。2年連続でリーグ制覇しているが、CSでホークスに敗退。辻監督の日本一に懸ける思いは強い。安打製造機の秋山翔吾がメジャー移籍した事で攻撃力ダウンは否めないが、未だにリーグトップクラスを誇る。ただ課題の投手陣に不安を残しており、今年も打ち勝っていく野球になる。

【野手編】
20lorder 新外国人のスパンジェンバーグが開幕前に調子を上げて1番で起用する。俊足長打で内外野を守れるのが魅力。首位打者の森、ホームラン王の山川、打点王の中村が座る中軸は破壊力十分。昨年は3人が100打点以上をマークしており、上位打線の出塁率によっては今年も期待できる。長年センターを守ってきた秋山の代わりには金子が守り、盗塁王の俊足を活かした広い守備範囲で投手を助けたい。外野では5年目の川越、4年目の鈴木がアピールしており、シーズンでも両翼での出場機会をうかがう。

注目選手は、山川。昨年4番を外された屈辱をバネに4番で40本を狙う。

【投手編】
昨年12勝1敗のニールが初の開幕投手。練習試合で打ち込まれており本番に不安が残る。4年目の與座が育成経験から1軍デビュー、開幕ローテの座をつかんだ。アンダースローから繰り出される投球が楽しみ。古巣復帰の松坂は開幕直前で右ひざの故障が響いて見送られた。リリーフ陣は、81試合登板の平井、新外国人のギャレットが勝ちパターンを担う。ドラフト1位の宮川(東芝)、2位の浜屋(MHPS)が揃って即戦力として期待。抑えは増田。昨年30セーブを挙げて見事に復活を果たした。

注目選手は、宮川。故障で出遅れた分、リリーフからエースを目指す。

【1軍登録選手(投手14人、野手17人)】
投手
先発 ニール 高橋光 松本航 今 井 與 座 榎 田
中継 平 井 ギャレット 平 良 浜 屋 宮 川 森 脇 武 隈
抑え 増 田
次点 十 亀 本 田 内 海 田 村 野 田 小 川 佐 野
故障 多和田 松 坂 ノリン
野手
捕手 岡 田 柘 植
内野 山 川 外 崎 中 村 源 田 呉念庭 山野辺 森 越
水 口
外野 スパンジー 金子侑 木 村 栗 山 川 越 鈴 木
次点 駒 月 メヒア 佐 藤 永 江 山 田 愛 斗 熊 代
故障
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

プロ野球戦力分析【福岡ソフトバンク編・2020開幕】

20sh2020シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ2位の福岡ソフトバンクホークス。2年連続で2位からCSを勝ち上がり日本一に輝き、現在3連覇中。故障とコロナウイルスの影響でグラシアル、デスパイネのキューバ勢の来日が遅れているが、今年から外国人枠から外れるバレンティン(ヤクルト)を補強。圧倒的な選手層を誇り今年も優勝候補の最有力になる。

【野手編】
20shorder 昨年は左脚の故障で棒に振った柳田が再起をかける。後ろを打つバレンティンと30本以上の長打を期待される。キューバ勢が合流するまでは2人に負担がかかる。6年目の栗原が打撃好調でポジションをつかんだ。本職ではないファースト、レフトで起用が見込まれる。代走のスペシャリスト周東も攻守で成長しスタメン出場を狙う。4年目の三森も俊足に加えて打撃好調で1軍定着を狙う。キャッチャーは甲斐が今年から背番号19となり、捕手がつけるのは亡くなった野村克也氏以来でチームの顔に。

注目選手は、柳田。7年契約で生涯ホークスを宣言。40本を狙う。

【投手編】
東浜が初の開幕投手で昨年2勝からの復活を目指す。昨年12勝で新人王に輝いた高橋礼は左脚の故障から間に合わせたが、ロングリリーフに回る。右腕の故障でエース千賀が出遅れており早期復帰が待たれる。新外国人のムーアは150キロを超える左腕だが打ち込まれている。リリーフ陣は、左のモイネロ、右の岩嵜が勝ちパターンに入る。岩嵜は右肘手術から3年ぶりの完全復活を目指す。抑えは森。2年連続30セーブを記録しており、リーグを代表するクローザーに成長した。

注目選手は、古谷。4年目の快速左腕が1軍デビュー。1軍でも160キロが出るか。

【1軍登録選手(投手15人、野手16人】
投手
先発 東 浜 和 田 ムーア バンデンハク 石 川 二 保
第二 高橋礼 松 本
中継 モイネロ 岩 嵜 嘉弥真 古 谷 尾 形
抑え
次点 スチュワート 大 竹 津 森 川 原 松田遼 加治屋 サファテ
故障 千 賀 武 田 高橋純 甲斐野 椎 野
野手
捕手 甲 斐 高 谷
内野 栗 原 牧 原 松田宣 今 宮 西 田 明 石 川 島
周 東 三 森
外野 長谷川 柳 田 上 林 バレンティン 柳 町
次点 九 鬼 谷川原 リチャード 高 田 内 川 佐 藤 釜 元
故障 中村晃 グラシアル デスパイネ
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年6月11日 (木)

プロ野球戦力分析【巨人編・2020開幕】

20g2020シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ1位の読売ジャイアンツ。原監督が復帰した昨年は5年ぶりのリーグ優勝を果たし、精神的支柱だった阿部慎之助が現役引退。今年も優勝候補の筆頭だったが、開幕直前になって坂本、大城の主力2人にコロナウイルス感染が発覚。無症状ながら退院後、チームに合流するまで苦しい戦いを強いられることになる。

【野手編】
20gorder 昨年40本を放ったキャプテン坂本が今年も2番に座る構想だが開幕に間に合わず。代役ショートで3年目の湯浅が結果を残して1軍デビューの座をつかんだ。丸、岡本も故障を抱えながらの開幕になるが、長打力は健在。今年は中島が好調で広角に打ち分ける打撃が復活の予感。陽岱鋼もファースト挑戦しており競争になる。新外国人のパーラはミート力があり変化球に対応できれば固め打ちも出てくる。強肩にも注目したい。キャッチャーは小林が逆転でマスクを被るが、大城が攻守で力をつけており競争になる。

注目選手は、坂本。2000本安打まで残り116本。コロナ禍で今季中の達成なるか。

【投手編】
エース菅野が3年連続6度目の開幕投手。腰痛に苦しんだ昨年からの復活にかける。メジャー移籍した山口の代役としてサンチェスを補強したが、東京ドームのマウンドに慣れるまで苦しい。2年目の戸郷に期待がかかるが、ダイナミックな投球フォームで疲労面でも気になる。リリーフ陣は、昨年67試合登板の中川が勝ちパターンを担うが継投が課題。昨年途中にトレード補強した鍵谷、古川の状態が良く、ブルペンの活躍が優勝争いに欠かせない。抑えはデラロサ。160キロ近い速球が武器で弱点は少ない。

注目選手は、古川。150キロ超の本格派右腕。苦労人がプロ7年目でブレイクなるか。

【1軍登録選手(投手14人、野手17人)】
投手
先発 菅 野 サンチェス 田 口 メルセデス 戸 郷 桜 井
中継 中 川 鍵 谷 高木京 古 川 澤 村 藤 岡 宮 國
抑え デラロサ
次点 ディプラン 鍬 原 今 村 沼 田 田原誠 ビエイラ
故障 岩 隈 高 橋 野 上 大 竹 戸 根
野手
捕手 小林誠 炭 谷 田中貴
内野 中 島 吉川尚 岡 本 湯 浅 増田大 若 林 吉川大
外野 亀 井 パーラ 陽岱鋼 重 信 石 川 松 原
次点 岸 田 田中俊 山 本 北 村 モタ 加 藤 村 上
故障 山下航 立 岡 感染 大 城 坂本勇
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2020開幕】

20db2020シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ2位の横浜DeNAベイスターズ。主砲の筒香がメジャー移籍して戦力ダウンが懸念されたが、 新外国人オースティンが長打力を見せつけた。外国人野手3人での超重量打線は脅威で4番に座る新キャプテン佐野を盛り立てる。投手陣に不安が残るが、1軍登録枠が増える今年はブルペン陣の起用法が注目される。

【野手編】
20dborder 復活を目指す梶谷が1番センターのポジションをつかみ取った。好不調の波が大きく桑原、神里も出場機会をうかがう。2番に中心打者を置きオースティン、ソト共に30本以上の本塁打を量産できる。ソトのセカンド守備は不安を抱えながらの起用で、外国人枠の次第ではファーストへのコンバートもあり得る。新4番の佐野は勝負強さが光るが、1年通しての出場経験がなく不安が残る。うまくはまれば打点王も狙える。2番に強打者を置くことで、投手を8番に入れるラミレス監督の理想のオーダーを組む。

注目選手は、オースティン。場外弾も放ち弱点が見つかるまでは手を付けれない。

【投手編】
昨年13勝の今永が2年連続の開幕投手。2年目の上茶谷が開幕直前で故障してしまい、昨年5勝の平良に期待がかかる。新外国人のピープルズは150キロを超える本格派で先発ローテを回したい。今年は石田の状態が良く、先発・リリーフどちらでも対応できる切り札の存在に。リリーフ陣は、冷蔵庫を殴って負傷したパットン、昨年74試合登板のエスコバーが中心。ドラフト3位の伊勢(明大)も150キロ超えで開幕1軍入り。抑えは山崎康晃。2年連続30セーブで侍ジャパンの守護神も担う存在に成長した。

注目選手は、今永。隔年で結果の浮き沈みがあり、エースとして結果を求められる。

【1軍登録選手(投手15人、野手16人)】
投手
先発 今 永 平 良 濵 口 ピープルズ 井 納 坂 本
第二 石 田
中継 パットン 三 嶋 エスコバー 伊 勢 三 上 武 藤 平 田
抑え 山崎康
次点 大 貫 京 山 櫻 井 中 川 国 吉 砂 田 藤 岡
故障 上茶谷
野手
捕手 伊藤光 嶺 井 戸 柱
内野 ロペス ソト 宮 崎 大 和 柴 田 中 井 倉 本
外野 佐 野 梶 谷 オースティン 桑 原 乙 坂 楠 本
次点 高 城 山 下 石 川 伊藤裕 神 里 細 川 関 根
故障
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

プロ野球戦力分析【阪神編・2020開幕】

20t2020シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ3位の阪神タイガース。矢野監督1年目の昨年は最終盤の6連勝でAクラスに滑り込んだが、得点力不足は深刻。外国人枠の問題があるが、今年は球団初の外国人クリーンアップを組む可能性もある。故障者が多く出ているが投手陣の層は厚く、今季の過密日程を戦い抜く上で有利に動けば上位進出が見えてくる。

【野手編】
20torder 昨年打率3位の糸井がリードオフマンに座るが、手術明けでひざの状態との戦いになる。盗塁王の近本が今季は2番に入り、得点力アップを狙う。新外国人のボーアが大砲候補として期待されるが、対左投手の攻略が課題。サード争いはマルテが攻守でリードしており、昨年4番を打った大山は外野の練習を開始して出場機会をうかがう。糸井、福留は休ませながらの起用で特に右打者の活躍が欠かせない。キャッチャーは梅野が一歩リードしているが、レベルの高い競争ができている。

注目選手は、マルテ。選球眼も良く2年目の今季は一気に飛躍する可能性を持つ。

【投手編】
昨年10勝の西が2年ぶり、移籍後としては初の開幕投手。メッセンジャーが引退して投手陣の柱として期待がかかる。オープン戦では秋山が好調でひざ痛を克服して球威が戻ってきた。新外国人のガンケルはサイド気味からのクセ球で好不調の波が激しいのが気がかり。リリーフ陣は、エドワーズ、スアレス(ソフトバンク)の2人を勝ちパターンとして期待。昨年フル回転した岩崎、島本が戻るまでは助っ人に頼らざるを得ない。抑えは藤川球児。日米通算243セーブで名球会入りを早く決めたい。

注目選手は、飯田。春先から球威がアップしており移籍3年目で1軍定着なるか。

【1軍登録選手(投手14人、野手17人)】
投手
先発 西勇 青 柳 秋 山 岩 貞 ガルシア 飯 田
中継 エドワーズ スアレス 能 見 守 屋 谷 川 小 川 高 野
抑え 藤 川
次点 ガンケル 中 田 岩 田 望 月 浜 地 小 野 斎 藤
故障 高橋遥 藤 浪 才 木 岩 崎 島 本 桑 原
野手
捕手 梅 野 坂 本 原 口
内野 ボーア 糸 原 マルテ 木 浪 大 山 上 本 北 條
植 田 陽 川
外野 福 留 近 本 糸 井 高 山 江 越
次点 長 坂 熊 谷 小 幡 荒 木 中 谷 サンズ 島 田
故障
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

プロ野球戦力分析【広島編・2020開幕】

20c2020シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ4位の広島東洋カープ。バティスタのドーピング発覚や野間への体罰が発覚してチームに激震が走り、リーグ3連覇から一転Bクラスに転落した昨シーズン。大学No.1右腕の森下暢仁(明大)の単独指名に成功し即戦力として期待できる。ただリリーフ陣に不安を抱えており、佐々岡新監督は苦難の開幕を迎える。

【野手編】
20corder 右ひざの手術明けで不安が残るが、田中がリードオフマンで再起をかける。新加入のピレラは俊足巧打の選手で内外野を守れるが、サードの守備には若干不安が残る。守備力のある安部、小園の出番が多くなりそう。松山が腰痛で出遅れており、今年は主砲・鈴木誠也の後ろを打つ西川がポイントになる。天性のバットコントロールを武器に昨年16本からの長打力アップに期待がかかる。さらにオープン戦はメヒアが大当たりで開幕しても得点源になる。キャッチャーは会澤で一本化し、40歳の石原は正念場。

注目選手は、西川。外野転向2年目で覚醒なるか。今年は中軸を任される。

【投手編】
3年連続2ケタ勝利の大瀬良が2年連続の開幕投手。野村が出遅れているが先発陣はリーグトップクラス。ドラフト1位の森下は150キロ台の本格派右腕。腕の振り方が気になるが新人王候補。3年目の遠藤は先発転向で開幕ローテ入りを果たした。リリーフ陣は、フランスアが打ち込まれており勝ちパターンを確立できず、崩壊の恐れも出てきた。復活を期す中崎や今村が欠かせず、2軍では岡田がリリーフ挑戦中。抑えは新外国人のスコット。外国人リリーフの3投手の中では安定感があり、救世主になれるか。

注目選手は、森下。即戦力ルーキーとして1年間ローテを守り切れば10勝も狙える。

【1軍登録選手(投手14人、野手17人)】
投手
先発 大瀬良 Kジョンソン 床 田 九 里 森 下 遠 藤
中継 フランスア 菊池保 中 崎 今 村 塹 江 高橋樹 中 田
抑え スコット
次点 薮 田 アドゥワ Dジョンソン 一 岡 岡 田 中村恭 藤井皓
故障 野 村 高橋昂
野手
捕手 會 澤 石原慶 坂 倉
内野 メヒア 菊池涼 安 部 田中広 小 園 小 窪 上 本
堂 林
外野 ピレラ 西 川 鈴木誠 野 間 長 野 高橋大
次点 磯 村 白 濱 曽 根 三 好 桒 原 宇 草 正 隨
故障 松 山
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)