« プロ野球戦力分析【北海道日本ハム編・2020開幕】 | トップページ | 西、プロ初アーチも逆転負け。4年ぶり開幕戦黒星。 »

2020年6月18日 (木)

プロ野球戦力分析【オリックス編・2020開幕】

20bs2020シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ6位のオリックスバファローズ。昨年5年連続のBクラスに終わり、西村監督の2年目となる今シーズンはメジャー通算1939安打を放つアダム・ジョーンズの大型補強に成功。1番にT-岡田を置く超攻撃型打線で挑む。投手陣は山岡、山本のダブルエースは侍ジャパンに選ばれる実力を持ち、今年もチームを牽引する。

【野手編】
20bsorder 昨年20試合出場に終わったT-岡田を1番起用。往年のスイングが戻っており復活をかける。ロドリゲス、吉田正尚、ジョーンズまで長打力のある強打者をズラリと並べてきた。2年目の中川は右手の負傷から開幕に合わせた。今年はサードのポジション獲得を狙う。セカンドのレギュラーだった福田が右手を骨折してしまい、復帰するまでは併用でドラフト5位の勝俣(国際武道大)の起用もある。キャッチャーは若月が強肩を武器に正捕手を狙う。伏見も左足アキレス健断裂から1年ぶりの復活を遂げた。

注目選手は、T-岡田。シーズン最終戦の大歓声を受けて残留を決断。

【投手編】
昨年13勝の山岡が2年連続の開幕投手。最優秀防御率のタイトルを獲得した山本。今年から背番号が変わった2人がチームを牽引する。故障に苦しんだアルバース、田嶋が開幕ローテ入り。ドラフト3位の村西(近畿大)もサイド気味から150キロを投げ込み開幕ローテに入った。リリーフ陣は、実績のある増井や新外国人のヒギンスが開幕2軍となり、左の海田、右の澤田が勝ちパターンを担う。調子の良い投手からつぎ込む形になる。抑えはディクソン。今年は開幕から本格的にクローザーに挑む。

注目選手は、山本。160キロも狙える本格派右腕。故障だけが怖い。

【1軍登録選手(投手14人、野手17人)】
投手
先発 山 岡 山 本 アルバース 田 嶋 村 西 K-鈴木
中継 海 田 澤 田 比 嘉 山 田 吉田一 神 戸 荒 西
抑え ディクソン
次点 榊 原 漆 原 東 明 山崎福 増 井 鈴 木 ヒギンス
故障 竹 安 張奕 近 藤
野手
捕手 若 月 松井雅 伏 見
内野 T-岡田 大 城 中 川 安 達 ロドリゲス 小 島 勝 俣
廣 澤
外野 吉田正 後 藤 ジョーンズ 西 村 小 田 佐 野
次点 山崎勝 モヤ 西 野 太 田 松井佑 西 浦
故障 福 田 宜 保
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【北海道日本ハム編・2020開幕】 | トップページ | 西、プロ初アーチも逆転負け。4年ぶり開幕戦黒星。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球戦力分析【北海道日本ハム編・2020開幕】 | トップページ | 西、プロ初アーチも逆転負け。4年ぶり開幕戦黒星。 »