« ボーア、2度の満塁でブレーキ。左アレルギー深刻。 | トップページ | マルテ、先制弾から固め打ち!ツバメ退治で初勝利! »

2020年6月21日 (日)

近本、先頭打者アーチも大敗。20年ぶり開幕3連敗。

200621巨人○7-1●阪神(東京ドーム
勝利打点:岡本

BS日テレで完全中継。読売テレビでも中継。今日の先発はガルシア、巨人・サンチェス。開幕第3戦で近本を1番に上げ、ボーアを6番に下げる新オーダーで挑みました。

初回、近本がライトスタンドへ先頭打者アーチを放ちタイガース先制!ついに今季初ヒットが出ました。2回、ボーアの第1打席はピッチャー右の1,2塁間のゴロでしたが、ボーアシフトを取っていた坂本がさばいてアウト。

4回、2アウト1,2塁でボーアに回りましたが、低めの変化球を打っていきセンターフライ。3試合目で初めて外野に打球が飛びました。そのウラ、先頭・丸にセンター前ヒットで今季初ヒットを許すと、岡本がライトスタンド中段への2ランで逆転。1アウトを取りますが、2塁にランナーを置きパーラのセンター前タイムリーで3点目。近本がバックホームする間に2塁まで進まれると、2アウト2,3塁で代打・北村にレフト前タイムリー。続く坂本にもタイムリーを許して一挙5点。ガルシアは4回5失点でKO。

5回、守屋が今季初登板。ゲッツーを取って2アウトから陽岱鋼にレフト前ヒットを許すと、パーラが真ん中に入ったストレートをライトスタンドへ2ラン。2試合連続の一発が飛び出しました。続く小林には2打席連続の死球。左手首に当たっており6回表の守備に就きますが、投球練習のキャッチングを見て途中交代。

6回、2アウト満塁でボーアに回った所で92球のサンチェスが降板。原監督も徹底して左の高木を登板させますが、やはり外角の球に対応できず。ボーアシフトで後ろに守っていたセカンドゴロに倒れて三者残塁。7回、昨日プロ初登板で炎上した小川がリベンジ登板。今日は落ち着いており、4番の岡本から3人をパーフェクトに抑えて立ち直りを見せました。最速は152キロ。

20年ぶりの開幕戦3連敗を喫し、12球団で唯一勝ち星なし(単独最下位)となってしまいました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
糸井 谷川(4)
近本 小川(3)
福留  
糸原 木浪 高山 北條 荒木 守屋(2)
マルテ ボーア 坂本
ガルシア[負]
梅野
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« ボーア、2度の満塁でブレーキ。左アレルギー深刻。 | トップページ | マルテ、先制弾から固め打ち!ツバメ退治で初勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボーア、2度の満塁でブレーキ。左アレルギー深刻。 | トップページ | マルテ、先制弾から固め打ち!ツバメ退治で初勝利! »