« 西、開幕へ順調。好調打線が鷹の高い壁に沈黙。 | トップページ | ガルシア、開幕に間に合った。あるか第2先発。 »

2020年6月 6日 (土)

原口、先発マスクで3打点!岩貞との新コンビで及第点。

200606阪神○6-2●ソフトバンク(甲子園)
勝利打点:糸井

練習試合第5戦の先発は岩貞、ソフトバンク・東浜。初回、1アウト1塁から柳田にレフト前ヒットを許すと、後ろに守っていたサンズの動きを見て上林が一気に3塁に陥れる好走塁。この後、満塁のピンチを背負うと、松田にレフト左への2点タイムリーを許してホークス先制。そのウラ、ノーアウト2塁から近本のファーストゴロでしたが、内川が3塁で糸井を刺すファインプレー。

2回、1アウト1塁からスタメン起用の原口が左中間スタンドへの2ランで同点!さらに木浪がレフトフェンス直撃の3塁打を放つと、糸井のタイムリーで勝ち越し!なお2,3塁のチャンスを作りますが、マルテボーアが凡退して追加点ならず。そして3回、サンズがバックスクリーンへの一発で4点目。オープン戦も含めて対外試合4本のうち3本を東浜から打つ好相性ぶり。

先発の岩貞は5回2失点、86球で降板。やはり立ち上がりが課題のピッチャーで初回の2失点が悔まれますが、開幕第2戦での先発登板へ前進しました。7回、1アウトから江越が死球で出塁すると、北條が送りバント成功。ここで陽川がセンター前タイムリーを放ち5点目。少ないチャンスをモノにして開幕1軍入りへアピール成功。

8回、ホークスは勝ちパターンのモイネロが調整登板しますが、先頭・植田の左手首へ死球。続く原口が高めに浮いたチェンジアップをとらえて、レフト線へのタイムリー2塁打!植田が1塁から一気にホームイン!9回はスアレスがノーアウト2塁のピンチを背負いましたが、無失点で抑えてゲームセット。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 西、開幕へ順調。好調打線が鷹の高い壁に沈黙。 | トップページ | ガルシア、開幕に間に合った。あるか第2先発。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西、開幕へ順調。好調打線が鷹の高い壁に沈黙。 | トップページ | ガルシア、開幕に間に合った。あるか第2先発。 »