« 原口、先発マスクで3打点!岩貞との新コンビで及第点。 | トップページ | プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2020開幕】 »

2020年6月 7日 (日)

ガルシア、開幕に間に合った。あるか第2先発。

200607阪神○2-1●ソフトバンク(甲子園)
勝利打点:北條

練習試合第6戦の先発はガルシア、ソフトバンク・和田。初回、先頭・上林にライトオーバーの2塁打を許しますが、先制は許さず。1アウトから柳田、バレンティンを連続三振に抑えたのは見事でした。2回、2アウトから梅野が四球を選ぶと、すかさず盗塁成功。甲斐キャノンを発動させず、ウラをかきました。

3回、先頭・坂本がセンター前ヒットを放ちますが、続く荒木が初球をバントファウルフライ。しかし2アウトから北條が甘く入ったストレートを見逃さずレフトスタンドへの2ランでタイガース先制!ガルシアは4回無失点、55球で降板。故障明けながら結果を残して先発・リリーフどちらでも行ける状態で開幕を迎えそう。

5回の守備から大山陽川のポジションを入れ替えて、大山は久々のレフト守備に。開幕サードが厳しくなってきており、出場機会を増やしたい首脳陣の思いも見えました。6回、3番手で高野が登板。2アウト満塁のピンチを背負うと、栗原に押し出しの四球を与えて1点を返されました。昨年までいたパリーグ相手の対戦で3四球と圧倒されたか。

練習試合ということもありホークスがどんどん盗塁を仕掛けてきますが、坂本が今日は3度盗塁を刺すナイスプレイ。7回、ノーアウト1塁で江越に送りバントのサイン。ここでバントがゲッツーになってしまい、生き残りへ一歩後退。8回から守屋が2イニングを無失点に抑えて、スキャンダルを一掃して開幕1軍をほぼ確定づけるピッチング。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 原口、先発マスクで3打点!岩貞との新コンビで及第点。 | トップページ | プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2020開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原口、先発マスクで3打点!岩貞との新コンビで及第点。 | トップページ | プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2020開幕】 »