« ボーア、2試合連発!大勝の陰で球児が途中交代。 | トップページ | 西、開幕へ順調。好調打線が鷹の高い壁に沈黙。 »

2020年6月 4日 (木)

ボーア、3戦連発は弾丸ライナー!本番に残したい3タテ!

200604阪神○6-0●広島(甲子園)
勝利打点:坂本

練習試合第3戦の先発は秋山、広島・薮田。初回、先頭・上本の三塁線へのゴロでタイミングは1塁セーフでしたがアウトの判定。矢野監督がリクエストの合図をしましたが練習試合では認められず苦笑い。2アウトから近本が盗塁を決めると、好調が続くボーアはフルカウントから四球。1,2塁のチャンスでしたが、サンズが初球セカンドゴロに倒れて無得点。

2回、1アウト1塁から坂本が三塁ベースに打球が当たってレフトフェンス際へ転がる間に1塁から高山が一気に先制のホームイン!さらに2アウト2塁から上本がセンター右へ落とすタイムリーで2点目。打球処理がもたつく間に2塁を陥れる好走塁。

3回、ノーアウト1塁からボーアが高めのストレートを豪快にスイングすると弾丸ライナーでライトポール際へ。打球が早すぎて一時はフェンス直撃の2塁打かと思われましたが、審判団が集まってポール直撃の2ランの判定!3試合連続アーチで手が付けれなくなってきました。さらに4回、木浪がレフトポール際へ逆方向の一発!オフの間にパワーアップした成果が出ました。

先発の秋山は毎回ランナーを出しながらですが、5回無失点と危なげない内容で開幕ローテが確実。要所でカーブを使うなど坂本とのバッテリーで普段とは違う配球でカープ打線を翻弄しました。8回、スアレスが158キロをマークして先発・リリーフどちらで使っていくのか。そのウラ、1アウトから高山がライト線への長打で堂林がクッション処理をもたついた上に、セカンドへの返球も悪送球となった間に一気にホームイン! もしよければ1クリックお願いします。

|

« ボーア、2試合連発!大勝の陰で球児が途中交代。 | トップページ | 西、開幕へ順調。好調打線が鷹の高い壁に沈黙。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボーア、2試合連発!大勝の陰で球児が途中交代。 | トップページ | 西、開幕へ順調。好調打線が鷹の高い壁に沈黙。 »