« 中田、初登板は4回3失点。3カード連続負け越し。 | トップページ | ボーア、待望の第1号は苦手の左から。3失策の守乱。 »

2020年6月30日 (火)

青柳、粘りの投球も1点に泣く。リリーフ陣またも失点。

200630中日○5-0●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:阿部

テレビ大阪で中継。今日の先発は青柳(中6日)、中日・柳。2回、ボーアがセンター前ヒットで打率を2割に乗せましたが、そのウラの守備でファーストゴロを捕れず初エラー。3回、先頭・梅野がライトフェンス直撃の2塁打を放ちますが、青柳がスリーバント失敗。結局ランナーを進めることができず無得点。糸原のセカンドゴロで矢野監督がリクエストも失敗。

そのウラ、京田のピッチャーゴロでしたが、マウンド付近から青柳の送球が上から叩き付けてしまい2バウンドで1塁に届いて内野安打。さらに1アウトから柳の送りバントで青柳がこれも1塁へ叩き付ける送球でアウトに。意図的にバウンド送球させているのか聞いてみたい所。2アウト1,2塁のピンチで平田を空振り三振に抑えてピンチ脱出!

5回、先頭・阿部のサードゴロをマルテが握り直して内野安打。京田への死球でノーアウト1,2塁のピンチ。ここで木下の送りバントで梅野の3塁送球がセーフでフィルダースチョイスの判定。ここで矢野監督が2度目のリクエストで判定覆り一転アウトに。あわやノーアウト満塁になっていた所なので、大きなプレーが出ました。

6回、先頭・平田にフルカウントから四球を出すと、2アウトから高橋に四球で1,2塁のピンチ。ここで阿部がフルカウントからライト前タイムリーを放ちドラゴンズ先制。7回、2アウトから代走・江越が盗塁成功。梅野が四球を選んで1,2塁のチャンスで代打・大山を送りましたが、サードゴロに倒れて無得点。

そのウラ、能見が登板しますが、1アウトから代打・武田にフルカウントから四球を出して珍しくいら立つ場面も。ここから満塁となってしまいアルモンテへの初球、内角ストレートを狙い打たれてレフトスタンドへの満塁ホームランで万事休す。大差の場面ですが、8回は馬場が昇格して即初登板。良い球が多く3人で抑えていたので、次回登板も期待したいです。コロナウイルスで異例の開幕となった6月は2勝8敗と散々でした。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
梅野 青柳[負]  
  江越 陽川
  小川(3) 馬場(4)
ボーア  
近本 糸原 北條
糸井 マルテ サンズ 木浪 大山 能見(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
30日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 馬場皐輔投手(初昇格。リリーフから1軍生き残りをかける。)
IN 望月惇志投手(初昇格。先発調整も緊急事態で再びリリーフへ。)
29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 谷川昌希投手(開幕1軍をつかんだが結果を残せず抹消。)
OUT 福永春吾投手(初登板でベイスターズ打線に打ち込まれ抹消。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 中田、初登板は4回3失点。3カード連続負け越し。 | トップページ | ボーア、待望の第1号は苦手の左から。3失策の守乱。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中田、初登板は4回3失点。3カード連続負け越し。 | トップページ | ボーア、待望の第1号は苦手の左から。3失策の守乱。 »