« プロ野球戦力分析【オリックス編・2020開幕】 | トップページ | ボーア、2度の満塁でブレーキ。左アレルギー深刻。 »

2020年6月19日 (金)

西、プロ初アーチも逆転負け。4年ぶり開幕戦黒星。

200619巨人○3-2●阪神(東京ドーム
勝利打点:吉川尚

読売テレビで完全中継。開幕戦の先発は西、巨人・菅野。コロナウイルス対策の無観客試合で、試合前に両監督によるスピーチを行う異例の形に。陽性反応が出た坂本も退院してからわずか1週間で開幕戦へ強行出場。

新フォームを武器に序盤から150キロ台連発の菅野。しかし3回、2アウトからピッチャー西が初球をフルスイングしてレフトポール直撃のプロ初アーチでタイガース先制!

4回、2アウトから亀井にチーム初ヒットとなるライト線への2塁打を許して、2,3塁のピンチを背負った西。無観客のスタンドからチャンステーマが流れて嫌な感じに。ここで中島が三遊間深い当たりに木浪が追いつきますが、1塁が間一髪セーフとなりタイムリー内野安打で同点。矢野監督がリクエストを行おうとしましたが、間を嫌った西が断りました。この後、四球で満塁まで行きましたが、小林をショートゴロに抑えて三者残塁。

5回、1アウトから梅野がライトオーバーの2塁打を放つと、西が今度は変化球に対応してショートの頭を越えるタイムリー2塁打で勝ち越し!そのウラ、先頭・菅野も負けじとヒットで出塁。吉川尚のボテボテの当たりでしたが、西が果敢に2塁を狙ってホースアウト。菅野と木浪が交錯しましたが大事に至らず。

1点リードの7回、岩崎が登板。いきなり相性の悪い石川が代打でヒット。1アウト2塁から吉川尚が内角ストレートに肘をたたんでライトスタンド中段へ放り込む2ランでジャイアンツ逆転。まだ本調子ではない所をやられました。9回は抑えのデラロサとの勝負。先頭・マルテが猛打賞となるレフト前ヒットを放ちますが、ボーアが痛恨のサードゴロ併殺。最後は福留が見逃し三振に倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
西勇  
マルテ  
梅野 エドワーズ(3)
   
近本 上本 植田
糸井 ボーア 福留 糸原
木浪
岩崎[負](2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【オリックス編・2020開幕】 | トップページ | ボーア、2度の満塁でブレーキ。左アレルギー深刻。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球戦力分析【オリックス編・2020開幕】 | トップページ | ボーア、2度の満塁でブレーキ。左アレルギー深刻。 »