« 西、プロ初アーチも逆転負け。4年ぶり開幕戦黒星。 | トップページ | 近本、先頭打者アーチも大敗。20年ぶり開幕3連敗。 »

2020年6月20日 (土)

ボーア、2度の満塁でブレーキ。左アレルギー深刻。

200620巨人○11-1●阪神(東京ドーム
勝利打点:岡本

BS日テレで完全中継。読売テレビでも中継。今日の先発は岩貞、巨人・田口。左投手の先発相手で5番~8番を一気に代えてきました。大山は2年ぶりのレフトで今季初スタメン。初回、1アウトから坂本がセンターフェンス直撃の3塁打を放つと、続く丸のセカンドゴロの間にジャイアンツ先制。

3回、2アウト満塁のチャンスでボーアに回りましたが、セカンドゴロに倒れて三者残塁。4回、2アウトから原口が高めボール球のストレートを豪快に弾き返すとレフトスタンドへ放り込む一発で同点!そのウラ、先頭・坂本がセンターオーバーの2塁打で出塁すると、1アウト3塁から岡本がレフト線へのタイムリー2塁打で勝ち越し。ここから制球を乱した岩貞が2アウトから連続四球で押し出し。球が走っていただけに、この3点目がもったいなかった。

6回、1アウトから中島に四球を出して代走・重信を送りますが、原口が盗塁を刺すファインプレー!そして陽岱鋼が振り逃げで出塁しようと間一髪1塁セーフの判定でしたが、矢野監督がリクエスト成功で一転アウト。流れが変わりかけました。

2点を追う7回、ビエイラが初登板。代打・糸原が7球粘って四球を選ぶと、2アウト1,3塁から近本が盗塁成功。さらにマルテが161キロを見て今日3個目の四球を選んで満塁のチャンス。ここで左の高木にスイッチされると、ボーアが外角攻めに対応できず見逃し三振で三者残塁。次の守備から退きました。

7回、小川がプロ初登板。先頭・パーラにライト前ヒットを許すと、暴投で2塁へ。続く炭谷がスリーバントを決めますが、小川がボールを弾いてしまいオールセーフ。1アウト満塁から坂本がレフト前タイムリー。丸は抑えますが、岡本がカウント3-0からライト前タイムリーで1-5となりKO。代わった谷川が重信にストレートの四球で押し出すと、陽岱鋼がレフト前2点タイムリー。さらにパーラがライトスタンド中段への3ランで一挙8点の猛攻。ゲームが決まってしまいました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
マルテ 糸原
原口 岩貞[負] 能見(4)
糸井  
大山 北條 木浪
近本 ボーア 上本 陽川 高山 小川(2) 谷川(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 西、プロ初アーチも逆転負け。4年ぶり開幕戦黒星。 | トップページ | 近本、先頭打者アーチも大敗。20年ぶり開幕3連敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西、プロ初アーチも逆転負け。4年ぶり開幕戦黒星。 | トップページ | 近本、先頭打者アーチも大敗。20年ぶり開幕3連敗。 »